月別記事一覧

毎日心と体が健康でハッピーでより良い人生を送るために役立つ情報を発信しています。

月別アーカイブ:2017年08月

2017年08月の記事一覧。毎日心と体が健康でハッピーでより良い人生を送るために役立つ情報を発信しています。
ゴーヤとブロッコリーは凄かった!!ガン細胞を短時間に98%死滅させる驚異の食べ物!!

その他
今や日本人の死因の第1位は”がん”です。その”がん”に極めて効く食べ物があるとしたら、嬉しいですよね。そこで、今回は普段の食事で摂れるガンに極めて効く食べ物に…

記事を読む

頭皮と子宮は密接につながっている!子宮を守るにはシャンプーに要注意!女性の方必見です!

その他
シャンプーは毎日しています。1日でも欠かすと気持ち悪いですからね。そんな毎日なにげなくしているシャンプーが子宮に悪い影響を及ぼしているそうなのです。ということ…

記事を読む

生まれた日にちで性格診断!数字が人生に与える影響とは!?

その他
あなたは何にち生まれですか?世の中には、様々な占いがありますが、その中の1つ「数秘術(Numerology)」をご存知ですか?「数秘術」は、生まれた日にちで、人の性格が…

記事を読む

1日1回お腹を空かせば病気が治る!?自然治癒力がUP!老化防止にも非常に効果的!

健康関連
ついつい食べ過ぎていませんか?食べ過ぎは万病の元!食べ過ぎることで様々な病気を引き起こします。お腹がすいて胃がグーグーと鳴ってるとき、若返りホルモンが分泌され…

記事を読む

あなたは大丈夫?肺がんになっている可能性がある人に表れる7つの症状とは!?

健康関連
日本の死因第一位はガン!ガンは体を蝕み、最悪の場合、死に至ります。ガンになる前には何かしらの体の異変があるはず。その症状を早期に発見できれば、最悪の状態になら…

記事を読む

ゴーヤとブロッコリーは凄かった!!ガン細胞を短時間に98%死滅させる驚異の食べ物!!



20120831_2516366.jpg




今や日本人の死因の第1位は”がん”です。


その”がん”に極めて効く食べ物があるとしたら、嬉しいですよね。


そこで、今回は普段の食事で摂れるガンに極めて効く食べ物についてご紹介させていただきます。





【知らなかった!】ガン細胞を短時間に98%死滅させる驚異の食べ物!!【知らないと損をする】



癌細胞を短時間に、75〜98%死滅させる野菜とは、美白効果のおまけも!!


普段の食事で摂れるガンに極めて効く食べ物をいくつか、ご紹介させて頂きます。


その効果は、驚異的です。



その食べ物とは、ゴーヤとブロッコリー。


先ずは、ゴーヤですが、水にわずか5%に希釈した苦瓜ジュースは、癌細胞の損傷に著しい効力を示し、4つの膵臓癌細胞株の2つの癌細胞の生存能力を90%、別の二つの癌細胞を驚異的に98%まで削ぎ落としたとのことです。


しかも、治療のわずか72時間後のことだったと。


沖縄の方が長生きなことは知られていますが、豚肉を食べるからではなく、このゴーヤによるところが大きいのではないかと思います。


県内がん発生率は全国平均以下95年県がん登録報告書



【癌・糖尿病】今すぐ食べよう!ゴーヤが癌細胞の98%を強制終了させる


米コロラド大学がん研究センターのラジェッシュ・アガーワル(Rajesh Agarwal)教授らが、こうした民間療法と数年前の研究で、ゴーヤの抽出成分には乳がん細胞の増殖を抑制する働きがあると確認されたことを踏まえ、その後も研究を重ねていたところ、ゴーヤには膵がん細胞に対して、そのエネルギーの源となるグルコース代謝能力を抑制し、結果として膵がん細胞を死に至らしめる働きのあることを発見しました。


マウスを用いての実験結果では、ゴーヤの抽出液を摂取したマウスは摂取していないマウスと比較して、がん細胞の代謝機構に大きな関与があったとみられ、抽出液によるプロティンキナーゼの働きを促進するという効果により、結果的に60%も膵がん細胞の増殖が抑制されていたことが判明しました。


水にわずか5%に希釈した苦瓜ジュースはすべての4つの膵臓癌細胞株の研究者が厳しく試験した結果、癌細胞の損傷に著しい効力を示しました。


瓜は2つの癌細胞の生存能力を90%削ぎ落し、別の二つの癌細胞を驚異的にも98%まで叩きました。


そして、それは、治療のわずか72時間後のことでした。


免疫系を強化し、解読し、歯の伝染病および有毒歯科材料を除去して体をアルカリ化し、酸化治療を備えた体を酸化させて、癌特有の代謝経路を妨害するために特定の栄養を与えるのです。


全ての癌細胞は、役に立たないグルコースの発酵を利用して乱れエネルギーを作り出しています。


苦瓜は、癌のわがままなエネルギー生産を切り離すための巨大な妨害剤です。


膵がんの前兆になる場合があるともいわれている糖尿病において、これまでにもインドや中国などアジア諸国では、ゴーヤー(bitter melon)はII型糖尿病に効果があると信じられ、何世紀にもわたって民間療法などで多く用いられてきました。




次の野菜、ブロッコリーも驚異的です


がんに関しては、多くの予防法や治療法が紹介されているが、かなり有効な研究結果がアメリカの大学から発表。


それはブロッコリーやカリフラワーなどアブラナ科の植物が、がんの幹細胞を消滅させ、増殖まで抑える効果があるというものだ。


24時間以内に75%のがん細胞が死滅。


この研究を行ったのは、サウスダコタ州立大学のモウル・デイ助教授と研究チームだ。


彼らはがん予防の分野で注目されているフェネチルイソチオシアナート(以後PEITC)の合成物や酵素が、ブロッコリーやカリフラワーなどに含まれていることを見つける。


そして人間の子宮頸がん細胞をペトリ皿に置き、PEITCを加えて観察した。


その結果、24時間以内に75.0%のがん細胞が死滅。


幹細胞自体を破滅することにも成功する。


さらにマウスの肺組織にも効果を発揮し、がん細胞の成長を阻んでいることも確認された。




更に、女性には朗報のこんな記事もありました。


「実はスゴイ食材!ブロッコリーで美白美肌になれる」


ブロッコリーって実はレモンの2倍のビタミンCが含まれてるんです!


知ってた?


たった100g食べるだけで一日に必要なビタミンCを補えるそうです。



『老化予防アンチエイジングのACE(エース)』『がん予防のACE』


とも言われるビタミンACEが豊富に含まれてて、美肌効果はバツグン。


メラニン色素の生成を押さえてくれてシミが出来にくい肌に。


βカロテンが皮膚や粘膜を丈夫にしてくれるから紫外線など外からの刺激に負けないお肌を作ってくれます。


コラーゲンの生成を促す効果もあるからハリにも欠かせない。


女性に嬉しい鉄分も豊富なのです。


さらに食物繊維もたっぷりで、便秘を解消してニキビや肌荒れなどの肌トラブルの予防にも効果的です。



それだけではありません。


ブロッコリーとわさびを一緒に食べると、ガン予防効果がグッとアップするんです!!


『British journal of Nutrition』で発表された内容によると、


ブロッコリーにわさびや西洋わさびを加えて食べると、元々あるブロッコリーの抗ガン作用がアップするんだとか。


ブロッコリーって加熱しすぎると、抗がん効果のある酵素が減ってしまうそうなのですが、わさびと食べることで効果が復活!


蘇ることを発見したんです。



他にも大根、キャベツ、クレソン、芽キャベツなどと一緒に食べることでわさびと同様の効果が得られます。


抗がん作用の他にもピロリ菌を抑えてくれたり、肝臓の解毒酵素を作る働きもあるそうです。


抗ウイルス、抗菌作用もあるので風邪もひきにくくなります。






頭皮と子宮は密接につながっている!子宮を守るにはシャンプーに要注意!女性の方必見です!



02116.jpg




シャンプーは毎日しています。1日でも欠かすと気持ち悪いですからね。


そんな毎日なにげなくしているシャンプーが子宮に悪い影響を及ぼしているそうなのです。


ということで、今回は頭皮と子宮の密接なつながりについてわかりやすく解説されている『Era Rhea』さんの動画をご紹介します。


女性にとってはとても大切な内容となっていますので、是非とも最後までご覧ください。





頭皮と子宮は密接に繋がっている!



東洋医学でも頭皮と子宮には密接な繋がりがあると言われ、シャンプーが子宮に及ぼす害が指摘されています。


また、数年前には「経皮毒」という言葉も話題になりました。


頭皮のトラブルに悩んでいる人も増えているようですが、ヘアケア製品の安全性と注意点について調べてみました。




シャンプーなんてほとんど体に吸収されないと思っていたけど・・・


私たちの皮膚は、部位によって厚さが異なります。


手のひらや足の裏の角質層が約0.4〜0.6ミリあるのに対して、顔は0.1ミリ程度の厚さしかありません。


当然、有害な物質も角質層が薄い部位ほど、侵入しやすくなります。


大学病院の実験データでは頭皮から吸収された化学物質が子宮や内臓に到達する時間は、わずか40分。


お風呂に入ってから寝るまでの短時間のうちにもすでに子宮に有害物質が届いてる!




頭皮吸収されたものが代謝されずにそのまま蓄積


口から吸収したほとんどの化学物質は、肝臓といった消化器官を通り、分解され排出されてしまいます。


しかし、経皮吸収したものは消化や分解する器官を通らないので、そのまま皮下脂肪に蓄積されたり、血液を通って子宮や脳に蓄積されると言われています。


血液やリンパを通じてダイレクトに内蔵に届いてしまうそうです。


皮膚から吸収された化学物質は、10日経ってもその10%ほどしか排出されません。


化学物質が肝臓を通った場合と比べて、皮膚を通った場合の分解率はたったの2%と言われています。




脂溶性が高く分子量の小さいものが皮膚から吸収されやすい


天然のものではない合成化学物質は分子量の小さいものが多い。




乳房と同様、脂肪部分の多い臓器である子宮はケミカルを蓄積します


脂溶性のケミカルはその名の通り、脂肪と仲が良いので脂肪の多い組織に沈着しやすいということ。


シャンプーやハンドソープ、化粧品、ハミガキ粉などの日用品には実は皮膚から吸収されやすい化学物質がたくさん含まれており、それらが体内に長期にわたって蓄積されることによって、アトピー性皮膚炎や近年若い女性に増加している子宮筋腫や子宮内膜症などの女性の病気、アルツハイマーやパーキンソン病などの脳の病気を引き起こすのではないかと言われています。




要注意成分

その@:合成界面活性剤のラウリル硫酸ナトリウム(SLS)


乳化剤や発泡剤、洗浄剤として、日用品では歯磨き粉、シャンプー、髭剃りクリーム、泡風呂、リキッド、ファンデーションなど、医薬品では薬・サプリメントのカプセルなど、工業用としてはガレージのフロア用洗剤、エンジンの油落とし洗剤、洗車用洗剤などの多く用途に使用されている合成化学物質。


工業用の洗剤などに使われるものを頭皮から吸収しているって恐ろしい!


皮膚、眼、粘膜、上気道や胃に対する刺激性を含む急性毒性を持つ中程度の毒性物質である。


強い洗浄力ゆえに、頭皮の油脂を根こそぎ取りはらい、バリアゾーンを通過して頭皮から血液に浸透し体内に吸収されてしまいます。


バリアゾーンが破壊されてしまい、他の有害物質も侵入しやすくなるのです。




そのA:保湿剤のプロピレングリコール(PG)


低用量では生物への毒性が低く、また無味無臭であることから、保湿剤、潤滑剤、乳化剤、不凍液、プラスチックの中間原料、溶媒などとして用いられる他、保湿性や防カビ性に富むことから医薬品や化粧品、麺やおにぎりなどの品質改善剤等、広範囲で用いられている。・・・とはあるけれど、皮膚からの吸収率や蓄積性を考えると、やはり毎日使用するものの成分としては心配。




ほかの物質の浸透を助ける『運び屋』的役割も果たすため


・シャンプー、リンス、歯磨き剤、乳液、化粧水・ファンデーション、シェービングクリーム・ベビー用品、医薬品など様々な製品に含まれています。


殺菌剤や酸化防止剤といった化学物質は、皮膚のバリアを通り抜けられません。


しかし、合成界面活性剤やプロピレングリコールの力があると皮膚内部まで浸透してしまうのです。


原液だと猛毒であり、取り扱う時はまるで宇宙飛行士のような防護服を着る必要があるそうです。




そのB:変質防止剤のエデト酸(EDTA)


変質原性、経口毒性、水生生物への毒性があることから、PRTR法(化学物質管理法)で第一種化学物質の指定を受けた次のいずれかの有害性の条件に当てはまり、かつ環境中に広く継続的に存在すると認められる物質。


人の健康や生態系に悪影響を及ぼすおそれがある。


自然の状況で科学変化を起こし容易に有害な化学物質を生成するオゾン層破壊物質。




皮膚、粘膜に刺激がある。


ぜんそく、発疹などのアレルギーを起こす等の有害性。


吸収されるとカルシウム欠乏となり、血圧降下、肝臓障害を起こす。


強力なキレート作用により、カルシウムなどの体に重要なミネラルを阻害してしまうため。




特に妊婦さんや妊活中の人は気を付けて!


「子宮」に毒素が蓄積されていると、妊娠中に赤ちゃんに多大なダメージを与え「蓄積された毒素」を胎盤経由で赤ちゃんに吸収させてしまうのです。




赤ちゃんや胎児は化学物質に対する耐性やバリアが弱い


胎児や赤ちゃんは特に化学物質に対する耐性やバリアが弱いため、大人よりも強い刺激を受けてしまうことも。


シャンプーで使われた石油由来の成分が子宮に蓄積し、妊娠したときの羊水に入り込み、生まれた赤ちゃんからシャンプーのような匂いがするという事例もあるとか・・・


カラダにとって良くない添加物や化学物質が排出されず子宮に溜まり続ける事が原因で、近年乳がんや子宮筋腫などの婦人科系トラブルを抱えるケースが多いと言われています。




どんなシャンプーが比較的安全なの?


基本的には前出の要注意成分などが含まれてないものがオススメ。


合成界面活性剤である「ラウリル硫酸塩、ラウリル硫酸ナトリウム、ラウリル硫酸、ラウリル硫酸トリエタノールアミン」や「ラウレス硫酸・・・」の類の洗浄成分は避ける。


人工的に作られた「合成香料」が入っていないこと。


人工的に作られた「合成着色料」が入っていないこと。



汚れを落とす作用である合成界面活性剤の材料を石油系ではなく植物由来のものを使用。




そして何よりも重要なのは、シャンプーをよく洗い流すこと!


どのシャンプーを使っても、やっぱりこれが一番の基本です。


シャンプーやコンディショナーは念入りに洗い流しましょう!





出典動画:Era Rhea

「子宮を守るにはシャンプーに要注意!?頭皮と子宮は密接につながっている」





生まれた日にちで性格診断!数字が人生に与える影響とは!?



hqdefault.jpg




あなたは何にち生まれですか?


世の中には、様々な占いがありますが、その中の1つ「数秘術(Numerology)」をご存知ですか?


「数秘術」は、生まれた日にちで、人の性格がわかるらしいです。ちょっと興味深いですよね。


是非、チェックしてみてください。お知り合いの方にも教えてあげてくださいね。





【性格診断】 生まれた日にちで性格が判明!数字が人生に与える影響とは?



様々な占いが世の中にはある。その中の1つ「数秘術(Numerology)」を今回はご紹介したい。


「数秘術」は宇宙の全てのもの同様、数字と文字は人間にとって重要なエネルギーを持つという古来からの考えに則っている。


一般的な占術の方法は、占う対象の生年月日(西暦)等から、計算式に基づいて運勢や宿命を占うという方法である。


ここでご紹介するのは生まれた日を使うもので、それは人の性格に関わってくるらしい。



■生まれた日で性格がわかる


1日から9日の日に生まれた人の性格は、各数字のエネルギーに直接結びついている。


9日以降に生まれた人は数字が2ケタになり、性格はその2つの数字の混じったものになると考えられている。


では、それぞれの生まれた日の持つ性質を見ていこう。



●1日生まれ

強い個性とリーダーの能力を持ち、創造的かつ独創的な性質がある。自分のやり方で物事を進めることを好む。



●2日生まれ

人生にバランスと和を探し求めており、協力的で他人への共感性を持っている。しかし同時にもっと自信を持つ必要がある。愛、そして人との結びつきが非常に重要である。



●3日生まれ

ユーモアのセンスがあり、他人とのコミュニケーションを楽しみ、芸術的もしくは創造的能力も持ち合わせる。あなたのカリスマ的な性格に人々は惹かれる。



●4日生まれ

強い心を持ち決断力がある。自分や他人に高い水準を求め、正直さを非常に重要と思う。勤勉で注意深いので、他人に信用され頼られる。



●5日生まれ

話術の才能があり、誰とでも話せる能力に長けている。マルチな才能をも兼ね備え、色々なことに興味があるが、物事に刺激がなくなるとすぐ退屈する。



●6日生まれ

信頼性と責任感があり他人の世話を楽しみ、人々からよく助言や助けそのものを求められる。愛は非常に重要なものであり、家庭的で人との交流を好む。



●7日生まれ

思慮深い性格で分析力を持っている。喧騒から離れ独りで静かな時間を過ごすことが不可欠。本能に従うことも大事。



●8日生まれ
 
論理的で実用的な思考を持つリーダーであり、ビジネスの才能がある。起業家もしくは管理職の才能がある。



●9日生まれ

繊細かつ寛大な性質で大きな目で物事を見られる。異なる人々や違う文化を理解する能力にも恵まれている。創造的才能も持つ。



●10日生まれ

生まれつきのリーダーであり、独立心が旺盛でユニークな性質を持つ。競争心が強いが、自信がない部分もある。自分の個性と独創性を受け入れることが成功への鍵。



●11日生まれ

非常に繊細かつ直感的。思いやり深い性質で、他の人々を励ます。傷つきやすく他人から利用されやすい。自分を信じれば大きなことを成し遂げられる。



●12日生まれ

社交的でフレンドリー。根っからのエンターテイナーで、周りの人々を元気づける力がある。1の性質である独立と決断力、そして2の優しさと思いやりを併せ持つ。



●13日生まれ
 
一生懸命働くことの価値を知っており、忍耐と規律の重要性を理解する人。問題解決者として有能。1の強さと決断力、そして3の創造性を併せ持つ。



●14日生まれ

天性のセールスパーソン。高いコミュニケーション力を持ち、人々はカリスマ性に魅了される。課題は1つのことに専念し、続けていくこと。ただし、何かに耽溺する傾向があり要注意。



●15日生まれ

他人を助け、人を惹きつける性質に恵まれている。1は独立、5は自由を必要としており、人との距離が必要。愛と家族が重要な鍵。



●16日生まれ

インチキな人や状況を見抜け、簡単に人を信頼しない。瞑想的で直感的なので物事の内面を深く見られる。自身の向上と自我の完全な克服が成功の鍵。



●17日生まれ

権限のある立場で働くことを好む。数字の1はリーダーシップ、7は直感とロジックを表す。指導を求める人にとって、優れた意思決定者である。



●18日生まれ

サービス業でキャリアを積む可能性あり。強い意志と独立心を持ち、責任ある立場を好む。しかし同時に人が必要とする物事への理解もある。忍耐と寛容が成功への鍵。



●19日生まれ

物事の実行能力を持ち、目標達成へ強い意志を持つ。間違いを認め、他人からのアドバイスを受け入れれば、成功の可能性がより高くなる。有能なリーダーで、他人から尊敬されることが多い。



●20日生まれ

論争や対立を嫌う穏やかな性質。共感度が高く、天性のカウンセラーかつヒーラー。しかし同時に優柔不断で自信がない部分もある。自信を持つことが成功への鍵。



●21日生まれ

多角的な才能と興味を持っている。対人関係に天賦の才を持つ。その才能を噂話や愚痴に使わないように注意。



●22日生まれ

非常に繊細で直感的な性質。論理的思考と直感を結びつけることにより洞察力も加わる。他人と上手く協調できるので、目標に集中し専念すれば大規模なプロジェクトを率いる能力が発揮される。



●23日生まれ

一か所に留まらない性質、興奮と冒険を好み自由を必要とする。他人と交流しアドバイスをすることが好き。人を惹きつける力があり、生まれつきのセールスパーソン、かつ立案者でもある。



●24日生まれ

家庭的で人の世話を好み、誰かを助けることに最も幸福を感じる性格。サービス業界で働く可能性があるが、過剰な人助けや他人の人生への干渉に注意。



●25日生まれ

心理学や哲学に興味があり、生来の学ぶ人、もしくは教える人。人生を考える静かな時間が必要なので、時によそよそしく壁があるように見える。



●26日生まれ

人を上からではなく同じ高さから導くことが出来、良いリーダーになる。同時に意志が強く決断力があり、人から指図されることを嫌う。ビジネスの才能があり、また自営業で成功する。



●27日生まれ
 
芸術性かつ創造性を持ち合わせている。正義感が強く弱者のために闘う。7が持つ分析能力と2の持つ直感力を組み合わせれば、ビジネスシーンをはじめ人々と相対する時に非常な強みとなる。



●28日生まれ

やり手で人にノーと言わせない。何かを決めた時、それを成し遂げるためには全力を尽くす。強い競争心を持ち、目立つことを好む。直感と思いやりという長所を兼ね備えている。



●29日生まれ

直感的で高い精神性を持ち、「心、身体、精神」に関連することに興味がある。広く暖かい心を持った優れたカウンセラーでありヒーラーである。しかし自分を愛し、感謝することを学ぶ必要もある。



●30日生まれ

天性のエンターテイナーで、注目の中心にいることが好きである。芸術的、創造的な才能を持つか、もしくは手先が器用。才能の豊かな話し手でもあるが、その能力を
批判や人をけなすことにではなく、引き上げる方向に使う必要がある。



●31日生まれ

実際的で基礎力があり、創造的なアイデアに恵まれている。良心的で働き者、そして結果を得るために努力する。他人と上手く働け、責任ある立場を好む。人から尊敬され、頼られる。



筆者は自分と周りの人を当てはめてみたが、けっこう当たっている部分も多かった。視聴者の皆さんも是非、何人かの人で試してみてください。






 カテゴリ

1日1回お腹を空かせば病気が治る!?自然治癒力がUP!老化防止にも非常に効果的!



restmb_idxmake.jpg




ついつい食べ過ぎていませんか?


食べ過ぎは万病の元!食べ過ぎることで様々な病気を引き起こします。


お腹がすいて胃がグーグーと鳴ってるとき、若返りホルモンが分泌されると聞いたことがありますが、実はあまり食べない方が体にはいいのです。


ということで、今回は空腹時が私たちの体に及ぼす良い影響についてわかりやすく解説されている『Era Rhea』さんの動画をご紹介します。





「食べすぎ」は万病の原因となり、血液を汚し、逆に「小食」「空腹」が血液を浄化し、また、免疫細胞である白血球の貪食力を強くする。



我々、現代文明人は、食べすぎておこる種々の病気が、自分自身の体の崩壊のみならず、後には家族崩壊までおこし、将来的には、国家崩壊の危機まで孕んでいることに早く気付く必要がある。


私は幼少期から、どちらかというと虚弱であり、扁桃腺炎や気管支炎を起こしたり、大腸炎を患って、よく発熱し、両親を心配させたものだった。


小学6年頃より、かなりの元気になり、中学卒業くらいまでは、健康で過ごしていた。


しかし、高校に入ってからは、頻繁に下痢をくり返し、とくに試験や運動会、旅行などイベントがある時はそれがひどくなり、行く先々のトイレの場所を確かめておかねばならないという状態であった。


今から考えてみると、西洋医学的には過敏性大腸炎で、漢方でいうと「体の冷えからくる陰性」の胃腸病にかかっていたといえる。


西洋医や漢方医にもずいぶん診てもらい薬を処方してもらったが、ほとんど効果がなく、大学に入っても、同様の症状をくり返していた。




大学時代に西式健康法との出会い


自然医学への興味大学1年の時に、西勝造氏が書かれた『西式健康法』という本に偶然出くわし実践してみた。


「朝食は有害だから摂るな」「青汁を飲め」等ということが書いてあり、とくに前者は当時の医学者や一般の人々からも「敵視」されていた考えだ。


朝食をやめて、キャベツで作った青汁を飲むようにしたら、下痢の回数も減り不愉快極まりない「しぶり腹」(トイレで排便しても、まだ残っている感じで、またトイレに行きたくなる)が全く消失した。


そこで、そうした“自然医学”に興味をもち、東大の内科の教授であった二木謙三医学博士や、森下敬一医学博士のご著書を読みあさり、「玄米食がよい」とのご高説に従い、昼、夜を玄米食にしたら、ピタリと下痢が止まり、すこぶる快調になった。


そこで、運動をする気がおこり、バーベルを持ち上げるマッスル・クラブ(muscle=筋肉)に籍を置き、週3〜4日のウエイト・トレーニングに励んだ。


はじめは、ベンチプレス30s、スクワット30sくらいしか挙上できなかったが、大学の5年生頃にはベンチプレス1 0 2・5s、スクワット1 5 5sくらい挙上できるまでになり、九州学生パワーリフティング大会の軽量級で優勝した。


因みに、軽中量級、中量級、軽重量級の1位より成績がよかった。




「病気の治療」に対して、食生活がいかに大切なのか


西洋医学への限界を感じ、免疫力の中心、白血球の研究医師になり、白血病、再生不良性貧血、悪性リンパ腫等々の治療を行う血液内科を専攻したが、当時は今ほど効果のある治療法がなく、受けもちの患者が週に四、五人亡くなるというようなこともしばしばで、西洋医学に限界を感じ始めていた。


そこで、一念発起し、母校の大学院の博士課程を受験し、免疫力の中心である白血球の働きが、食生活や運動によって、どう影響されるかについて研究することにした。


4年間の在籍中に、森下敬一博士に付いて、ロサンゼルスやサンフランシスコの“自然食”運動の視察や、当時は共産主義下で入国の厳しかったソ連のコーカサス地方の長寿村にも長寿食の研究に出向いた。


そして、スイスの自然療法病院でも研修を積み、「健康」や「病気の治療」に対して、食生活がいかに大切かを確信するに至った。


この、チューリッヒにあるベンナー病院では、朝食に人参・リンゴジュースを飲ませていた。


人参・リンゴジュースは、キャベツジュースより美味しいので、1 9 8 0年からは毎朝、朝食の代わりに2杯飲んでいる。




一日一食で、休暇・休日ゼロの元気生活


1982年から東京で小さい診療所を開き、漢方薬だけを処方する診療を行っているが、1995年から約13年間、1ケ月にだいたい1回、日本テレビの『おもいっきりテレビ』(みのもんたさん司会)に出演するようになり、少し有名になった。


すると昼休み時間の12時から1時には、毎日雑誌や週刊誌の記者がインタビュー(取材)にこられるようになり、それまで昼食にしていた「トロロそば」が食べられなくなった。


それで昼食は、記者の人と一緒に黒砂糖入りの生姜紅茶1〜2杯を摂っている。


週4〜5回は伊豆にある自宅で、朝、人参とリンゴジュース2杯と生姜紅茶1杯を飲んで在来線、新幹線、タクシーを乗り継いで東京の診療所まで出かけ、午前中の診療の後、12時から取材を受け、午後の診療をすると、同じコースで自宅に帰る。


帰宅後、4〜5kmジョギングして、それから入浴し、たこ刺し、いか刺しを肴にしてビールに焼酎のお湯割りを飲み、その後、玄米ご飯、みそ汁、納豆、豆腐、エビの天ぷら、たこの煮物等々を食べる毎日である。


他人様にはとてもすすめられる食事ではないが、幼少期から肉がダメ、卵もベタベタして食べられない。


日本人なのに肴が嫌い、牛乳を飲むと下痢する... ...という妙な体質に生まれてきたので、動物性食品は、エビ、カニ、イカ、タコ、貝、牡蠣、メンタイコ程度しか食べられない。


こうした、本能が欲する食事しか食べず、しかも1日1食で、毎日のジョギングに、週4〜5日はウエイト・トレーニングでベンチプレス約100kg、スクワット120kgを持ち上げている。


162cmの身長であるが、ぜい肉なし、筋肉隆々の63kgの体重を維持している。


週4〜5回の東京での診察、日・月・木は伊豆の保養所での健康講演や保養者の健康相談を行い、年40回程度の全国の講演、年20〜30回のTVやラジオへの出演、年20冊以上の単行本の執筆... ...と超ハードなスケジュールをこなし、土日はおろか1年間に休暇・休日「ゼロ」の状態が30年くらい続いている。


そして25歳から66歳の今日までの40年間、1錠の薬も服用したこともないし、寝込んだこともない。




6000年も前のエジプトのピラミッドに、次のような墓碑銘が刻まれている、という。(英訳したもの)


Man lives on a quarter of what he eats,The other three quarters lives on his doctor.

「人は食べる量の4分の1で生きている、他の4分の3は医者が食っている」




『食べすぎで病気が起こる』ことを、これほどの名文句で表現している文章を見たことはない。


京都大学の中西輝政教授は、その著『なぜ国家は衰亡するのか』(PHP新書)の中で、ローマ帝国と20世紀初期の大英帝国の凋落ぶりを比較しながら、国家が衰亡していく時の社会現象を述べられている。



それによると


(1)都市生活を享受する若者


(2)海外勤務を嫌う人々


(3)海外旅行の大ブーム


(4)温泉ブーム


(5)イベントだらけの生活
   展覧会、博覧会、スポーツ競技大会、その他諸々の催し物


(6)古典から離れて、軽薄な趣味へ


(7)文字よりマンガ


(8)健康への異常な関心


(9)新興宗教が登場して隆盛を見る


(10)女性進出の現象などと並んで、


(11)グルメブームというのがある


現在の日本の状態と酷似している。


「グルメブーム」と「過食」こそが、心身の健康を損なわせ、(1)〜(11)の現象を起こし国家衰亡へとばく進する、と私なりに考えるのであるが... ...。




空腹が病気を治す、免疫力をあげる!


腹が減っては戦はできぬ!という言葉があります。お腹が減ると、パワーが出ないと私たちは信じています。


朝食を食べないと頭が働かないとか、病気の時は体力をつけないといけないから、しっかり食べなさいと言われてきたように思います。


「不食の時代」という映画になった森美智代さんは、1日1杯の青汁で17年も健康に生きてられます。


しかもやせ細っているのではなく中肉中背で、見た目も健康体。21歳の時に脊髄小脳変性症という難病を患い、甲田光雄先生の西式健康法を取り入れて、病気を治すことに取り組まれました。


それが断食です。


病気も治り、体重は減るどころか、青汁1杯にもかかわらずに体重は増えて、適正体重を維持されているようです。


これは一体何を意味するのでしょうか?


野生動物が病気になったり怪我をした場合、何も食べずに体を横たえて、静かに回復を待ちます。動物たちは、本能で病気を治すにはそうすることが一番良いことであると知っています。


しかし人間の場合は、「しっかり栄養を取らないと治らない、体力が回復しないよ。」と、お医者様からも言われています。


テレビでは、朝食を抜くな、3食食べないと頭が働かないといわれるため、私たちはそれを信じて食べています。




昔の人は握り飯ひとつで、長距離を歩いて移動していました


現代人は、歩かないのに握り飯ひとつどころか毎食お腹いっぱいに食べています。確かに、食べ過ぎているように思いますね。


昔なかった病気が増えていることも、それらが関係しているのではないでしょうか?


味や見た目を美味しくするために、色々な添加物が使われています。食品を購入する時に裏ラベルをチェックすると、買う気がなくなるくらいたくさんの添加物が入っています。


私たちの体は、消化と解毒をするためにフル活動状態なのです。


私たち自身も、仕事が多すぎればミスも起こす確率が多くなります。余裕がなくなるので、ひとつひとつの仕事がおろそかになりがちです。


臓器もそういった状態になっているのです。いらないものをきちんと解毒するのに、時間もパワーも不足している状態です。


肝臓は毒素を分解し、腎臓はろ過します。毎食しっかり食べていると、消化、吸収、代謝しきれないものが過剰になって、体毒になってしまいます。


そのために血液に不要な物質が入り込んだり、ドロドロ血の原因になるのです。


臓器の働きに余裕を持たせ、本来の働きをしっかりするためには、断食も効果的だと感じます。


長期の断食でなくても、週末の1日男色や、朝食を抜くプチ断食など、臓器を休めてあげるためには一番の方法なのかもしれません。




断食はあらゆる病気に効果がある、老化防止にも非常に効果があるという説もあります


食べない方が、自然治癒力がUPするとも言われます。


環境ホルモンや添加物など、体に不必要なものは特に脂肪組織に溜まりやすく、一旦たまると容易に排泄されないそうです。


排泄を促すためにも、断食による脂肪燃焼は大切なことなのかもしれません。


断食と言っても、長期で行うことは危険を伴います。まずは、腹8分目、7分目で、週末の朝食を抜くなど、プチ断食から始めてみるのも良いと思います。


それをすることで、自分の体が心地よく感じる食事量がわかると思います。自分の体は自分が一番よく知っているはずです。


もっと自分の体に耳を傾けることが必要ですね。


空腹時は体をきれいに掃除してくれたいると思えば、グーグーとお腹がなっても耐えられるのではないでしょうか?





出典動画:Era Rhea

「空腹療法で始める一日一回おなかを空かせば病気が治る」





あなたは大丈夫?肺がんになっている可能性がある人に表れる7つの症状とは!?



s900x480_肺がん.jpg




日本の死因第一位はガン!


ガンは体を蝕み、最悪の場合、死に至ります。


ガンになる前には何かしらの体の異変があるはず。その症状を早期に発見できれば、最悪の状態にならずにすみますよね。


ということで、今回は肺がんになっている可能性がある人に表れる7つの症状についてご紹介します。



  

一年間日本で命を落としてしまっている人の死因のランキング第一位がガン。


ガンにも様々な種類があり、初期段階なら治ることもあるのですが、ある程度ガンが進行してしまうと完治せずに大半の人が命を落としてしまう恐ろしい病気。


今回はみなさんに肺がんになっている可能性がある人に表れる7つの症状を紹介していきます。


もし7つのうちのどれかしらの症状が発症していたらあなたはもしかすると・・・。


がんは、体を構成する細胞に由来する。


正常な細胞は、体や周囲の状態に応じて増えたり、増えることを止めたりしますが、遺伝子に変化が起こることによって、この仕組みに異常をきたす。


その結果、無制限に増える、他の場所に転移するなどの性質を獲得してしまった細胞が時間をかけて数を増やし、臓器や生命に害を与える悪性の腫瘍を形成する。


これが、がんです。


肺ガンの症状をいくつか紹介します。
7つの危険サインはこちらです。



1.止まらない咳


風邪による咳は普通。


感染症による咳は通常1週間以内で治るはずなので、早めに治すように。咳が2週間に続く場合は、医師に相談。


特に痰に血が混じっている場合は、要注意。




2.息切れ


息苦しさは、肺ガン患者によく見られる症状で、様々な原因がある。


肺ガンで、肺に水が溜まってしまったり、肺の血管が圧迫されてしまうと息苦しさを感じる。


スポーツが好きなタイプなのにも関わらず、最近階段をのぼる時にスタミナが無い、何故か大量の汗をかく、と感じている方は早めに医師に相談を。




3.胸、背中、肩の痛み


息をする、笑う、咳をする時に胸が痛む場合は、注意してください。


痛みは背中や肩に出ることがある。あばら骨を痛めた場合や、背中や肩の筋肉が炎症を起こしている、張っている場合にも同様の痛みを感じることがある。


痛みの原因を知るためにも医師に相談しましょう。




4.呼吸をすると、口笛のような音がする


口笛のような音がするのは、気管支が細くなっているため。


喘息や、他の呼吸器官の疾患の場合もある。胸から音がするからといって肺ガンとは限りませんが、この症状がある方は、医師に相談するようにして下さい。




5.原因不明の減量


がん患者の人は、がんと診断される以前に激しい減量を経験している人が殆ど。


平均で、体重の10%をすでにその時点で失っているそう。がんは身体の新陳代謝を狂わせてしまう。


最近食欲がない、体重が減った、という方は早めに病院に行くことをお勧めする。




6.骨が痛む


肺ガンが骨に転移すると、骨が痛み始める。


特に、背骨、あばら骨、寛骨、大腿骨に痛みがある場合は、必ず病院へ。




7.頭痛


肺ガンが脳に転移すると、頭痛が起こる。


癌腫瘍は血流を妨げ、激痛を起こします。肺ガンが原因とは限りません、偏頭痛かもしれませんが、念のため医師に一度相談してみるほうがいいでしょう。



上記の症状があるからといって、肺ガンであるとは限らない。しかし、体からのシグナルを察知して専門家に早めに相談しておくことに越したことはないでしょう。


友達や家族とも是非シェアしてください。がんは早期発見が肝心!


 



Copyright © 健康シェア広場 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます