月別記事一覧

毎日心と体が健康でハッピーでより良い人生を送るために役立つ情報を発信しています。

月別アーカイブ:2017年11月

2017年11月の記事一覧。毎日心と体が健康でハッピーでより良い人生を送るために役立つ情報を発信しています。
痩せたい人必見!痩せるためのコツ・成功のための毎日の習慣とは?

健康関連
痩せたい人必見!痩せるためにコツ・成功のための毎日の習慣とは?痩せたいけどなかなか痩せられない!痩せようと心に決めて、運動をしたり、食事制限をしたりするものの…

記事を読む

指ヨガ・手指の体操!手のむくみ・こわばり・しびれを改善!

健康関連
朝、起きたときに手がこわばって、手がうまく動かないという方いらっしゃいませんか?私はたまに、寝方のせいなのか、手がしびれていたりする時があるのですが.....。そ…

記事を読む

アボカドの種は捨てちゃダメ!!アボカドの種には約70%の栄養素が含まれている!

その他
アボカドは大好きで週に3〜4回は食べてます。  アボカドの栄養価が高いことはもう認知されていますが、実は栄養価は果肉よりも、種にあることをご存知でしたか?それ…

記事を読む

ブロッコリーの茎には大量の栄養素が詰まっていた!絶対に捨てちゃダメ!

その他
ブロッコリーの「茎」は捨ててませんか?実は、私捨ててました!!勿体ないことをしていました!ブロッコリーの「茎」には、つぼみの部分と同様の栄養成分と食物繊維が豊…

記事を読む

バナナを80℃に温めるとスーパーフードになる!?80℃バナナで免疫力がアップ!様々な病気の予防になります!

その他
バナナはそのまま食べても栄養満点なのですが、温めるとグンと健康効果が高まるそうなのです。それも温度は80℃だそうですよ!ということで、今回はバナナを80℃程度に…

記事を読む

痩せたい人必見!痩せるためのコツ・成功のための毎日の習慣とは?



shutterstock_177017162-500x299.jpg




痩せたい人必見!痩せるためにコツ・成功のための毎日の習慣とは?


痩せたいけどなかなか痩せられない!


痩せようと心に決めて、運動をしたり、食事制限をしたりするものの、継続できないのが現状です。


そこで今回は、正しいダイエット法、ダイエット成功の秘訣、痩せるための毎日の習慣についてご紹介させていただきます。






正しいダイエット法で10キロ以上痩せるコツ


痩せるために重要なのが食事制限ですが、食事だけに頼っているのでは食べるとまたリバウンドしてしまいます。


食事制限をしながら太りにくい体を作っていきましょう。



<まずは筋トレを行う>


筋トレは代謝を上げて太りにくい体にします。人間の体は寝ているときにもエネルギーを使います。筋肉がある人は寝ているだけでも痩せることができます。



<ジョギングやウォーキングも大切>


ジョギングやウォーキングは有酸素運動で、筋トレと違ってカロリーを消費することができます。筋トレをした後に20分歩くだけで全然違います。走るのが苦手な人は手を大きく振り大股で早歩きしましょう。



<食事制限>


食事制限は食べている量にもよりますが、1合食べている人だと半合にするだけでも痩せます。


夜は炭水化物はできるだけ控えて、お腹いっぱいにするために野菜から食べて満腹感を得られるようにします。もし食べたいものがあれば必ず朝食べるようにします。


そしてダイエット中なのにどうしてもお菓子が食べたくなる時は、1週間に1日だけ食べてよい日を作りましょう。


1週間ダイエットしたから自分にご褒美を与えます。そうすることでまた1週間ダイエットが頑張れます。



<最後におすすめするのがウエイトトレーニング>


ウエイトトレーニングとは器具を使った筋トレ方法で、通常の自重の筋トレより重たい物で筋肉にさらに負荷を与えていきます。筋肉は一度破壊させることで更に強い筋肉になります。



<1番大切なのは継続すること>


目標を立てて決めたことは必ずやり遂げる強い気持ちが必要です。そして無理な食事制限は絶対にやめましょう。




大幅ダイエット成功の秘訣


ダイエットって難しいですよね。


でも中には大幅減量に成功してリバウンドしていない人もいます。そこでダイエット成功者の特徴を調べてみました。


まず一つ目は、『大幅減量を望んでいない』という人が成功するパターンが多いです。



<1カ月 1キロ〜2キロが適正ペース>


1カ月せいぜい1キロ〜2キロが適正ペースです。1カ月に5キロも10キロも落としてしまうと、リバウンドの確率が高くなります。


1カ月に1キロ減ったらOKというスタンスでやると気持ちも楽にダイエットすることができます。



<ダイエットは長いペースで>


ダイエット成功者は半年・1年・2年と長いペースでゆっくりと痩せてきた人が多いです。それは、短い期間で痩せる設定をしてしまうと達成できないことが多く挫折しやすいからだそうです。


期間は長めを設定し、ホルモン周期で減ったり増えたりするのも分かりながらダイエットすることが成功のカギです。



<日常の「ちょっとキツイ方」を選ぶ>


3階まであがるとします。階段とエレベーターがあったらどちらを利用しますか?ダイエット成功者はほぼ階段を選ぶと思います。


日常のちょっとしたことの中で「ちょっとキツイ方」を選ぶというのもダイエットにつながります。



<おなかがすいてないと食べない>


ダイエット成功者はおなかがすいてないと食べないという人が多いです。


夕飯も早めにすませて夜遅くには食べないという人がほとんどです。



<イライラの対処法が上手>


ダイエットするとついついイライラしがちですが、ダイエット成功者はイライラの対処法も上手です。


音楽を聴いたり、読書をしたり、マッサージやエステなどもいいかもしれません。


一般的に痩せにくいと言われている排卵期後〜生理まではリラックス中心に体重キープで過ごすのがコツです。


いかがでしょうか。
これからダイエットをされる方は是非参考になさってください。




ダイエット成功のための毎日の習慣


ダイエットに成功している人は毎日の生活の中で知らず知らずのうちに良い習慣を取りいれていることが多いようです。



<早寝・早起きで規則正しい生活>


ダイエット成功者は早寝・早起きで規則正しい生活をしています。


朝日を浴びるとセロトニンという物質が体内に生成されて体内時計がリセットされます。


規則正しい時間になるのでお腹のすく時間も正常になり、夜遅くに食べるということがなくなります。


また、睡眠の質で痩せホルモンと言われる「コンチゾール」の量が変わってきます。
良く眠れなかったりすると痩せるホルモンが出なくなってしまったり、また、眠りの質が悪いときは脂肪をためこむホルモンや食欲が旺盛になるホルモンが分泌されることもあり、太りやすい体質になってしまうこともあります。



<姿勢美人になる>


姿勢美人はダイエットも成功します。


背筋をピンと伸ばすだけで、お腹のあたりがしまり下腹ダイエットができます。習慣づけて姿勢を伸ばすだけで基礎代謝もアップするし、背中や下腹の筋力もアップして、結果、お腹周りを引き締めてくれるという効果があります。



<水を飲む>


水を飲むことで代謝をアップしたり、老廃物を体外に排出してくれたりします。便秘解消にも効果があるので、まさにダイエットには効果的です。1日に1.5L〜2L飲むのが理想と言われています。



<用もないのにスーパーやコンビニには行かない>


さらに、ダイエットに成功している人は必要もないのにコンビニに行かない人が多いです。


ついつい買ってしまうのが、人間の性というもの。用もないのにスーパーやコンビニには行かないというのがダイエット成功のコツです。





★参考に北島達也さんの動画もご覧ください。


出典動画:【THE WORK OUT】北島達也 公式Youtubeチャンネル

『ダイエットの勘違い】有酸素運動"だけ"をするとなぜ、太りやすい体質になるのか?』





 カテゴリ

指ヨガ・手指の体操!手のむくみ・こわばり・しびれを改善!



CR_DSC5801-700x525.jpg




朝、起きたときに手がこわばって、手がうまく動かないという方いらっしゃいませんか?


私はたまに、寝方のせいなのか、手がしびれていたりする時があるのですが.....。


その他にも、手先を酷使する仕事やスポーツの手指の故障の予防にもなる指の体操について、ご紹介させていただきます。


わかりやすく解説されている『naoco yoga』さんの動画を観ながら、ぜひ試してみてください。





指の関節の動きをチェック
 

両方の手の指を第一関節から曲げて、クマ手みたいにし握りやすさをチェックします。


もしどちらかが固いなと思った方をやって行ってください。


とちらも同じようでしたら、とちらでも構いません。




手指のこわばり・違和感、動きの悪さ・腱鞘炎などの予防改善


・指の第一関節をほぐす
(指の曲がるところが関節。指先の方から、第一関節根元に向かって第二・第三関節と呼ばれます)


この第一関節は、スジ=腱(けん)筋肉と骨の付け根の部分、腱(けん)がびょ〜っと伸びてスジ肉にそして本格的な肉(筋肉)になって、手首について、そこから肘、肩という様に、全部繋がっている。その先端の第一関節の部分をほぐしていきます。



<やり方>

@人差し指と中指で、親指の第一関節を固定します。上に出ている部分をつまんでちょこちょこ動かします。


動きは小さいですが、「神は細部に宿る」と思って、ていねいにやってみてください。


いつも動かしていない方向を多めに動かしてバランスをとります。左右・前後・右回り・左回り、バランスよく動かします。


元々動きにくいところです。たくさん動かすことよりバランス良く動かすことがポイント




A人差し指は、第一関節の横に親指を添えて、その隣の中指を添えて、横にちょこちょこちょことたまに、パチン、とか関節の動く小さな音がすることがありますが、痛かったり違和感がなければ大丈夫です。気持ちがよければ大丈夫です。


左右と前後とまた、くるくるくると回してみます。特に回数とか決まりはありませんので、ご自分が気持ちがいい範囲でやりたいだけやっていただければ大丈夫です。




B中指は、親指と薬指を添えて、また左右・前後・右回り・左回り、バランスよく全方向に動かします。




C薬指は、親指と小指を添えて、同様にくるくるくると前後・左右回します。




D小指も、親指を添えて、同様にくるくるくると前後・左右回していきます。




これで、もう一度クマの手をやっていただくと、今ほぐした方が、第一関節が良く動くようになって、動きが楽になる・軽くなる、グリップ(握り)が良くなります。


確認したら、反対側も同じように行ってください。


朝、起きたときに手がこわばって、手がうまく握れないとか、うまく動かないという方が、これをやった後は、こわばりがなかったとか、動きが良くなったという方がいらっしゃいますので、是非皆さんも、そういった症状のある方は改善に。


症状はないけど冷え性だったりとか、湿度が高いと体の余分な水分が蒸発しにくくなるので、むくみやすいので、そう言った手先に違和感があるような方は、予防のために是非、手の指の第一関節をほぐすということをやってみてください。




症状がヒドイ方、さらなる改善を追及する方へ(上級編)


手先から首・耳に向けて腕全体をやさしくなでます。


なでると筋肉がゆるみ柔らかくなるので、中を通るリンパや血液など体液の流れが良くなります。





出典動画:naoco yoga

『指ヨガ(手指の体操)☆手のこわばり・むくみ・腱鞘炎・ばね指等の予防改善』





アボカドの種は捨てちゃダメ!!アボカドの種には約70%の栄養素が含まれている!



d1f82115c5c79accb2fadc8dc45e7f27.jpg




アボカドは大好きで週に3〜4回は食べてます。
 
 
アボカドの栄養価が高いことはもう認知されていますが、実は栄養価は果肉よりも、種にあることをご存知でしたか?それも70%もの栄養価があるそうです。
 
 
ということで、今回はアボカドの種の栄養素についてご紹介させていただきます。
 
 
 

 
アボカドで『一番栄養ある部分』を、アナタは捨てている・・・
 
 
 
健康食材としてのアボカドの認知度は、今や疑いようのないもの。
 
 
ところが、本当に栄養があるのは、なんと果肉よりも種なんだとか。
 
 
その栄養分析だけでなく、驚きの“種レシピ”まで登場させて、アボカドの種の魅力をお伝えしようと思います。
 
 
 
 
栄養価は果肉より上、種を捨ててはいけない!?
 
 
おそらく、いつの時代にもその美味しさだけでなく、その健康面にも着目されていたはずのアボカド。
 
 
薬効成分も幅広く、良質な資質、ビタミンK、ルテイン、葉酸、その他にも多くの栄養素が含まれていることでも知られています。
 
 
ところで、あなたはアボカドを食べるとき、最も栄養のある部分を捨てていることにお気づきですか?
 
 
皮ではありません。
 
それは種!
 
ここにアボカドの栄養素のうちの、約70%が含まれているんだそう。
 
 
アボカドの種、または種から抽出されたオイルを食生活に取り入れること。
 
 
これで、抗酸化作用が促進され栄養素の吸収率がグンと上がります。
 
 
 
 
自然界NO.1の含有量!豊富な水溶性食物繊維
 
 
天然成分の百科事典によると、マウスを使った実験で食品、薬、化粧品に使われる自然素材のなかで、アボカドの種にのみ、抗がん作用のあるフラバノールが含まれていることが判明しました。
 
 
また、アボカドの種には水溶性の食物繊維がふんだんに含まれていますが、自然界のなかで最も多く水溶性食物繊維を含んでいるのがアボカドの種なのだそう。
 
 
この食物繊維は、消化器官の働きにとても重要なもの。
 
 
毎日、適量を摂取することで、過敏性腸症候群(IBS)をはじめとする腸の病気のリスクを軽減することができると注目されています。
 
 
さらには、抗酸化物質が多く含まれているため、アボカドの種はコレステロール値を下げ、心疾患や心臓発作の予防にもつながります。
 
 
 
 
スムージやソースに加えて種も食べられる!?
 
 
では、どうやってアボカドの種を食べたらいいのか?
 
 
まず、パワーの強いミキサー(もしくはフードプロセッサー)で種を粉末状になるまで粉砕します。
 
 
これをスムージーに加えて飲む。
 
 
ややいがらっぽい味のため、そのまま食すよりも、何かと一緒に摂取することがおすすめです。
 
 
グリーンスムージーやフルーツジュースに加えて飲めば、それほど気にならないはず。
 
 
また、飲み物だけでなく、じっくり種を乾燥させ、ミキサーで粉末状にしたものをソースに混ぜる。
 
 
さらにはシーズニングとして料理にそのまま振りかけてもOK。
 
 
乾燥させることで、種はいっそう長持ちします。
 
 
 
 
ナチュラルスクラブ、整腸剤、アクセサリー使い方いろいろ活用術
 
 
食べるという選択肢だけでなく、アボカドの種には他にもいろんな活用法があります。
 
 
例えば、乾燥させた種をミキサーで粉末にし、つぶしたアボカドの果肉、もしくはバナナに混ぜれば100%ナチュラルなフェイススクラブのできあがり。
 
 
もちろん、自宅でアボカドを育てることだって、種があればできます。トライする価値は十分にあると思います。
 
  
上手な育て方は、こちらをチェック。
 
 
さらに、アボカドの種を使ったお茶には、痛みを取り除く力があると言われています。
 
 
沸騰した水に種を10分程度入れるか、お茶に粉末をティースプーン1杯ほど入れて飲む。
 
 
胃の痛みに効果を発揮します。また、冷ましたお茶を肌に塗ると、かゆみを抑えることができるようです。
 
 
乾燥したアボカドの種は、アクセサリーや部屋のデコレーションとして、様々な工夫に使うこともできるようです。
 
 
これほど、いろんな使い道があるアボカドの種を捨てていたなんて、もったいない話だと思いませんか?
 
 
 
 
アボカドの種に隠された凄い効果!
 
 
アボカドの種の効果はダイエットだけではありません。隠された素晴らしい効果がありました。
 
 
アボカドに含まれるアミノ酸の約70%は、種に含まれています。アボカドの種は昔から民間療法として使われていました。
 
 
 
 
アボカドの種の健康効果
 
 
・抗酸化作用
 
・悪玉コレステロールや中性脂肪を減少させる効果
 
・免疫向上効果
 
・胃痛の緩和
 
・脂肪燃焼効果
 
・疲労回復効果
 
・甲状腺機能の改善効果

 
 
 
アボカドの種は塗り薬としての効果もある
 
 
アボカドの種は、塗り薬としても使うことができます。
 
 
筋肉痛・にきび・美肌効果もあるんですよ。
 
・関節痛みの緩和
 
・筋肉痛みの緩和
 
・ニキビの改善
 
・美肌効果
(コラーゲンを増やす効果がある)

 
 
 
 
アボカドの種の塗り薬の作り方
 
 
粉砕してからアルコールとまぜ、1週間以上なじませます。
 
 
関節・筋肉の痛みには、このアルコールを患部に塗って、なでたりマッサージしたりします。
 
 
偏頭痛には、こめかみや首筋に塗って、そっとマッサージしてください。
 
 
種の粉末を使ってクリームを作り、ニキビやおできに塗ると早く乾燥します。
 
 
まずは粉末に少量のお湯をまぜてペースト状にします。これをガーゼに塗り、もう1枚のガーゼを重ねてサンドイッチのようにして患部に貼ってから、乾燥するまで5〜10分間ほど待ちましょう。
 
 
よくなるまで、これを毎日繰り返します。
 
 
 
 
アボカドの実にも嬉しい美容効果
 
 
もともとアボカドって女性に大人気の食材ですよね。
 
 
アンチエイジング効果が高い、ビタミンEやビタミンA、ビタミンC、マグネシウムや、美容効果が高いコエンザイムQ10やビタミンB6、B1、B2が豊富に含まれています。
 
 
アボカドは森のバターと呼ばれ、オレイン酸やリノール酸、リノレン酸などの不飽和脂肪酸を含み、血液をサラサラにする効果も期待されています。
 
 
はちみつアボカドヨーグルトダイエットも話題になっていますよね。
 
 
そして、実の部分にも食物繊維を多く含んでいるので便秘解消効果もあります。
 
 

 
 
 
 

ブロッコリーの茎には大量の栄養素が詰まっていた!絶対に捨てちゃダメ!



aid1099808-728px-Cook-Broccoli-Step-6-Version-3.jpg




ブロッコリーの「茎」は捨ててませんか?


実は、私捨ててました!!勿体ないことをしていました!


ブロッコリーの「茎」には、つぼみの部分と同様の栄養成分と食物繊維が豊富に含まれているそうなんです。


これからは、捨てることなくブロッコリーを丸ごと食べるようにしたいと思います。


ということで今回は、ブロッコリーの「茎」の優れた栄養価についてわかりやすくまとめられている『ringo-mikan』さんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。



  


通年安定して流通していますが、本来最も美味しい旬の時期は晩秋の11月頃から冬3月頃です。


ブロッコリーは緑黄色野菜です。このため栄養素も豊富であり、ビタミンCやカロテン・ビタミンE・クロム・鉄など、多くのビタミン・ミネラルを含んでいます。


最近では、抗ガン作用が期待されるファイトケミカルの一種であるスルフォラファンが含まれているとして、再び注目を浴びています。




「茎」、食べてますか?


つぼみだけ食べてない?ブロッコリーはつぼみだけを食べる野菜と思われがちですが、茎も食べることができる、捨てるとこなしの野菜です。


茎や葉の部分にも栄養がたくさん含まれているので、捨てずにぜひ食べたいものです。




実は「茎」のほうが栄養が豊富!


ブロッコリーの茎は、蕾の部分よりもビタミンC・カロテンが豊富です。


ビタミンCが豊富に含まれる食品として代表的なみかんのビタミンC含有量が、100gあたり25mg〜30mgですから、ブロッコリーはみかんの4倍も多くビタミンCを含んでいることになります。


ブロッコリー4分の1株(約50g)で成人が1日に必要なビタミンCの摂取量を補うことができます。


ブロッコリーは茹でた後でも、100g中に54mgものビタミンCが残っているとされています。



ゆでても、みかんの2倍のビタミンCが!



ストレスや喫煙などにより、体内のビタミンCは大量に消費されてしまいます。ビタミンCは水溶性のため、過剰摂取しても不要な分は体外に排出されますので、摂り過ぎの心配はありません!



これは食べるしかない…!!



体内の活性酸素を除去する働きを持つβ-カロテンを豊富に含むため、血中の脂質の酸化を防ぎ血管を若々しく保つ働きがあります。


強力な抗酸化作用を持っており、活性酸素を無効化し細胞を正常な状態に戻すことにより、ガンの予防に効果的であるといわれています。


茎にはつぼみの部分と同様の栄養成分と食物繊維が豊富に含まれています。


食物繊維は腸内の不要なものを吸着し、腸の動きを促進する働きがあるため、便秘の解消に効果的です。




調理法は?


茎の表面の硬い皮を少し厚めに切り落とすと、中心は柔らかく味が良いためボイルや炒め物などで美味しく食べることができます。ゆでると柔らかくなるし、甘みもでるのでおススメです。


茎の利用の仕方としては、茎を切らずにそのままカレーやシチューに混たり、細かく切ってポテトサラダに加えたり、皮をむいておひたしにしてあえるなど、さまざまな食べ方があります。



出典:ringo-mikanさん


 


出典動画:コンビニエンスチャンネル

「【捨てちゃダメ!】ブロッコリーの「茎」には大量の栄養素が!A」





バナナを80℃に温めるとスーパーフードになる!?80℃バナナで免疫力がアップ!様々な病気の予防になります!



1_content.jpg




バナナはそのまま食べても栄養満点なのですが、温めるとグンと健康効果が高まるそうなのです。それも温度は80℃だそうですよ!


ということで、今回はバナナを80℃程度に温めて食べることで得られる健康効果についてご紹介させていただきます。





バナナを80℃に温めるとスーパーフードに大変身!免疫力がアップして様々な病気の予防に!!



バナナは、ポリフェノールが豊富に含まれている食品です。


なので、そのまま食べても病気への免疫力を高めることが出来るのですが、さらにその効果を高められる方法があります。


実はバナナは「80℃」を目安に焼いたり、温めたりするとスーパーフードになるんです。


それでは、バナナの持つ健康・美容効果をご紹介いたします。



栄養が増える『80℃バナナ』


バナナは低カロリー(1本85カロリー程度)で腹持ちもよく、栄養満点のフルーツとして知られています。


その特長を生かして以前、大ブームになったのが「朝バナナダイエット」。


朝食をバナナにするだけ、という至って簡単な方法で、当時はお店からバナナが消えるという現象も起きました。


実際に試された人も少なくないのではないでしょうか。


朝バナナのブームはすっかり収束したものの、最近になって、バナナの新しい食べ方が急に大きな注目を集めています。


その名も「80℃バナナ」


もともと栄養豊かなバナナを80℃程度に温めて食べると、健康効果がグンと高まるらしいのです。


今回は、そんな「80℃バナナ」に迫ります。



バナナの栄養は多彩!


バナナは貧血予防に役立つ葉酸、お通じをよくしてくれる食物繊維、ストレスを軽減させるセロトニンのほか、健康維持の要となる免疫力の向上を促すポリフェノールや多糖類を豊富に含んでいます。


免疫力とは、わかりやすくいえば、「自分で病気をよくしようとする力」のことです。


なんらかの原因で免疫力が下がると、病気の引き金になるとされています。




免疫力に関わる2つの成分


疫力に関わる2つの成分であるポリフェノールと多糖類を見ていきましょう。


ポリフェノール

植物の苦みや渋み、色素の成分となる化合物。最大の特徴は、体内の活性酸素の働きを抑える抗酸化作用を持っていることです。


活性酸素が体内で過剰に増えると、細胞を老化させるので、免疫力が低下してしまうおそれがあります。


ポリフェノールは、そうした細胞の老化を未然に防いでくれるので、免疫力の維持に役立つといえるのです。



多糖類

糖質は単糖類、少糖類、多糖類に3つに分けられます。


多糖類は、グルコース(ブドウ糖)という単糖類が多数結合している物質で、代表例はデンプンです。


多糖類は白血球の一種「マクロファージ」を増やして、免疫機能を司るサイトカインという細胞を活性してくれるといわれています。


免疫力を高める効果がよりアップ!




■バナナが花粉症に効くの!?

早いもので、今年もあっという間に「梅雨」のシーズンが訪れました。ついこの間だお花見シーズンを迎えたと思ったら....。


このままですとあっという間にお盆ですね。


こんな言い方はあまりしたくありませんが、今年は例年以上に年始から色々なことが起こりすぎたので、例年以上に時が過ぎるのが早いように感じられますよね。


すでに花粉症の方にとって一年で一番つらい時期はすぎましたが、梅雨は免疫力が低下しやすい時期でもありますので注意が必要です。


そこで今回オススメしたいのが「バナナ」です。




■バナナは温めるとスーパーフードに!

バナナはポリフェノールが非常に豊富に含まれているので、そのまま食べても病気への免疫力を高めることが出来るのですが、さらにその効果を高められる方法があります。


実はバナナは焼いたり、温めたりするとスーパーフードになるんです。ちなみに目安は「80℃」で、さらにバナナの持つ健康・美容効果が高まります。


バナナを温めることによって、そのまま食べるよりも病原菌と戦う血液中の白血球の質が飛躍的に向上し、またその数も増えるので免疫力を飛躍的に高めてくれます。




■バナナを焼くポイントとは?!

「80℃」にバナナを温めるというのは決して適当ではありません。きちんと意味があるんです。


バナナの持つ味も健康・美容効果が最も最適になるのがこの温度なんです。レンジで温めたり、フライパンで焼くレシピも豊富なので焼くことでよりバラエティ感が増します。


ただし、焦げるまで焼きすぎると味も効果も落ちるので注意してください。



@バナナの皮をむき、縦半分にカットします。


Aフライパンを軽く温めて、その上にグラニュー糖をバナナの大きさ程度にまぶします。その上に、バナナの切り口が下になるように並べます。


B中火にしてグラニュー糖が、きつね色になるまで焼きます。


Cこんがりしてきたら、フライ返しで裏返します。そのさいにキャラメルの部分には、なるべく触れないようにします。


D両面焼ければ完成です。


焼くと見た目はそれほど良くありませんが、甘みがさらに増すので美味しくいただけます。アイスと一緒に食べてもいいですし、パンケーキに添えて一緒に食べるても美味しいです。


小腹が空いた時のおやつにもなりますので、ぜひ免疫力が落ちやすい時期はバナナで乗り切ってください。




簡単!「80℃バナナ」の作り方

バナナを縦に切り、バナナの形になるように砂糖をフライパンに敷きます。


その上に、バナナの切り口が下になるように置いて、中火で焼くだけ!


アイスなどお好きなものと一緒に食べれば、おいしいスイーツになりますね。



以上、栄養満点の「80℃バナナ」の紹介でした。


「80℃バナナ」を日々の生活に上手く取り入れて、健康維持にぜひ役立ててください。






Copyright © 健康シェア広場 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます