Woman-drinking-water-from-bottle.jpg




水を飲むことは人間の体にとって非常に大切です。
 
 
水をこまめに飲むことで、疲労回復や健康維持にとても役立つと考えられています。
 
 
では、水を飲むことでどのような効果があるのか?
 
 
ということで今回は、水を飲むことで体にどのような影響を及ぼすのかについてわかりやすく解説されている『オホホch』さんの動画をご紹介させていただきます。
 
 
 

 
【衝撃】毎日2Lの水を飲み続けるだけで体に起こる変化が凄すぎる!
 
 
 
みなさんは、一日にどのくらいの水を飲みますか?
 
 
私たちの体はその7割が水分で構成されています。水分の摂取を怠ると、血流が悪くなり、代謝が落ち、体調不慮になりやすい体となってしまします。毎日2リットルの水を飲み続けるだけで大きな変化が感じることができるはずです。
 
 
 
毎日2リットルの水を飲み続けると、こんな変化が期待できる。
 
 
美肌効果
 
こまめな水分補給で老廃物を排出することで、代謝が良くなり、カラダの内側からお肌に元気が戻る。
 
 
 
集中力が上がる
 
コーヒーではなく水を飲む。疲労の主な原因は不意分不足!
 
 
 
カロリー摂取が抑えられる
 
食事の前コップ一杯の水を飲むと満腹感を感じ、過剰な食欲を落ち着かせる効果がある。
 
 
 
シワが減る
 
乾燥肌・シワ・たるみは水分不足が原因。十分な水分は肌に潤いを与えてシワを伸ばし、くすみを減らす。
 
 
 
肝機能の改善
 
水分補給は肝臓内部の浄化を促す。これで血液もサラサラ!
 
 
 
筋肉痛が和らぐ
 
体の水分が失われると筋肉痛が起こりやすくなる。運動中はこまめに水分補給を。
 
 
 
記憶力が向上
 
水分補給は脳の働きを助け思考力・記憶力などの知的能力も向上する。水を飲めは作業効率・スピードもアップ!
 
 
 
消化機能の改善
 
体の水分バランスが整うと、だ液や消化器官の道の粘液、腸の働きもスムーズになる。
 
 
 
免疫力アップ
 
十分な水分補給は免疫バランスを整えウィルスや殺菌と闘う免疫力を高める。
 
 
 
気分にも影響する
 
脳や体の細胞の水分が不足すると疲労感・イライラ・緊張・気分の乱れ・落ち込みの原因になる。水を飲んで気分もスッキリ。
 
 
 
ガンのリスクを減らす
 
水を十分飲むことで、ガンのリスクを減らす。例えば結腸ガンの危険を45%、膀胱ガンの危険を50%減らすことができる。
 
 
 
心臓病予防
 
一日に水をコップ5杯飲む人は、2杯以下しか飲まない人に比べ、心臓発作で死に至る人が41%も低いという調査結果がある。
 
 
 
目や口、鼻孔に潤いを与える
 
目の潤いや口の中、鼻の中は全て粘膜があるが、これらは水をしっかり必要量飲むことが大切。
 
 
この粘膜がしっかり作られないと身体に様々な支障が出てしまう。例えば口の中が乾燥すると唾液が出にくくなる。
 
 
唾液には食べ物の消化を促進したり、口の中の菌が繁殖するのを防いでくれたりする。
 
 
そして鼻の中も同じように粘膜が少なくなると、花粉の時期なんかは、鼻の中の粘膜が充分じゃないことで、過敏に身体が反応して花粉症などを引き起こす要因になってしまう。
 
 
 
体内に栄養分と酸素を運ぶ
 
体内の身体に取り込まれた酸素や栄養は、体内の体液で身体中に運ばれていく。
 
 
日々の生活で栄養に気をつけて食事やサプリメントなどを摂って栄養バランスを意識していても、身体のエネルギーとして使われる場所に運ばれなければ何の意味もない。
 
 
例えば糖質や脂質の取り過ぎで偏ってしまった栄養バランスで起こることが血液をベタベタにしてしまって代謝を悪くしたり、栄養や酸素が運ばれにくくなったりする。
 
 
その辺も考えながら水を飲む意識を上げていく。
 
 
 
喉の渇きを抑え、満腹感を与え食欲抑制
 
水は喉が乾いてから飲むのではなく、喉が乾く前にこまめに飲むことが健康の維持に必須なこと。
 
 
そしてこまめに水を飲むことで空腹感を抑えることができ、それによって余計な食欲を抑え日々のダイエットにつながる。
 
 
 
血液やリンパの流れをスムーズにする
 
血液の材料は水分に栄養が混ざったものが血液となる。栄養は当たり前に必要だが、もうひとつの材料の水分が無ければ、健康的な血液は作られない。
 
 
老廃物をスムーズに体外に出す為にもリンパ液が綺麗に流れる必要がある。リンパマッサージなどで表面的な部分は改善されるが、内臓などの内側の部分は水をしっかり必要量飲むことで改善されていく。
 
 
そうしたことからも目に見えないところまで意識して水を飲むことが大切な事。
 
 
 
 
お水が健康に良い理由
 
 
理由1
 
体調不良やストレスで新陳代謝が低下すると体の中の毒素が体の外に排出されず溜まってしまいます。
 
 
一日2リットル以上のお水を飲むことにより代謝が上がり毒素が体外に排出される。
 
 
 
理由2
 
私たちの体は60%がお水で出来ている。実は、赤ちゃんの頃は体の80%がお水。赤ちゃんは毛穴ひとつなくてお肌がプルプル。それはお水の量が多いからなのです。
 
 
年齢を重ねるにつれて体の中でつくられるお水の量が減ってしまう。お水が減ると筋肉が衰えたり血液が乱れてしまったり体調を崩してしまいがち。
 
 
健康面だけでなく、美容面にも影響が出てしまい、シミやシワ、ニキビなどが出来てしまう。
 
 
水分を十分に摂ることで体の中も外も若さを保つことができる。
 
 
 
理由3
 
十分なお水を飲むことで病気のリスクが軽減する。
 
 
例えば、血液がドロドロになり、血管が詰まると脳梗塞など大きな病気にかかってしまう恐れがある。
 
 
お水を飲むことにより、血液をサラサラにし、血管の詰まりを防いでくれる。
 
 
 
理由4
 
年齢を重ねるにつれて、脂肪がつきやすく、また落ちにくくなってしまう。
 
 
メタボの状態が続いてしまうと、体に様々なトラブルが起きて、健康とは程遠い体に。お水を飲むことにより、大腸が刺激を受けて便秘解消が期待できる。
 
 
そして、脂肪を燃焼させてくれるので、痩せやすい体作りができる。
 
 
 
 
お水を飲むタイミング
 
 
一日で2リットルのお水を一気に飲むのは逆効果です。コップ一杯のお水をこまめに飲むことがポイント。
 
 
1日2リットルの水を飲むコツは、少しずつ口に含んで飲む。これを何回も繰り返すことです。
 
 
1回にどれくらい口に含むかというと、イメージでいうと日本酒を飲む時に使うおちょこ1杯分。そのくらいの量をちょこちょこ飲む感じです。そしてできれば午前中から夕方にかけて2リットルくらいを目標に飲む。
 
 
そして食事の時、この時は食べ物を消化、吸収するのに胃酸が出ます。この時に大量に水を飲んでしまうと胃酸が薄くなって消化機能が落ちてしまうのでこれも要注意です。
 
 
これらのことに気をつけながら、自分の生活リズムに合わせて水を飲むといいです。
 
 
 
いかがでしたか?
 
お水を飲み始めると体に様々な変化が起こります。すぐに気づくことが、トイレに行く回数が増えているということ。
 
 
これは体の中の毒素が外に排出されている証拠です。
 
 
一日2リットルを目安にお水を飲んで体の変化を感じてください。
 
 

 
  
出典動画:オホホch
  
「【衝撃】毎日2Lの水を飲み続けると体に起きる驚くべき変化が凄すぎるwww」