健康関連のカテゴリ記事一覧

毎日心と体が健康でハッピーでより良い人生を送るために役立つ情報を発信しています。

カテゴリ:健康関連

健康関連のカテゴリ記事一覧。毎日心と体が健康でハッピーでより良い人生を送るために役立つ情報を発信しています。
砂糖断ちで老化を抑え肌が綺麗になりイライラが解消される!さあ今すぐ砂糖断ちを始めましょう!

健康関連
ケーキや和菓子、ジュースなど、美味しいものは世の中にはたくさんありますよね。あまり食べてはいけないとわかっていても、美味しさのあまりついつい食べてしまいます。…

記事を読む

あなたの肝臓は大丈夫?お酒以外にも肝臓に負担をかけてしまうモノがあった!!

健康関連
お酒の飲みすぎは、肝臓に悪いということはご存知だと思いますが、お酒以外でも、肝臓に負担をかけているものがあることを知っていますか?肝臓は体内の老廃物を処理し、…

記事を読む

体を老化させない方法があった!老化や病気を食い止める働きをするサーチュイン遺伝子とは!?

健康関連
好きなものばかり満腹になるまで食べていませんか?そんな食べ方をしてると、老化だけじゃなく病気になってしまいますよ!食べることが大好きな私も、最近まで何も考えず…

記事を読む

足が軽くなる裏技!輪ゴムを足に掛けるだけで脚が軽くなりむくみも解消!!

健康関連
長時間のデスクワークで、足はパンパンで足の動きが悪いという方、多いと思いますが、いかがですか?そんな時、簡単に足のむくみが取れ、脚が軽くなる裏技があるようです…

記事を読む

ゴーヤはガン細胞を短時間に98%死滅させる驚異の野菜!食べないと損です!

健康関連
ゴーヤは夏の野菜ですが、最近ではスーパーなどでは夏以外でも売られているのを見かけますよね。ゴーヤはビタミンCをはじめミネラルが多く含まれていて、さらには果皮に…

記事を読む

砂糖断ちで老化を抑え肌が綺麗になりイライラが解消される!さあ今すぐ砂糖断ちを始めましょう!



hqdefault.jpg




ケーキや和菓子、ジュースなど、美味しいものは世の中にはたくさんありますよね。


あまり食べてはいけないとわかっていても、美味しさのあまりついつい食べてしまいます。


美味しいものには必ずと言って砂糖が入っています。そんな砂糖ですが、本来は嗜好品、毎日大量に摂るものではありません。摂りすぎると当然のことながら、体に害をもたらします。


そこで今回は、砂糖を断つとことで起こる体の変化について『オホホch』さんの動画をご紹介させていただきます。


最初から、全部砂糖を断つというのは難しいと思いますので、少しずつ量を減らして砂糖を断っていきましょう。






【衝撃】砂糖を断つと体に起こる驚くべき変化が凄すぎる


最近ではたくさんの食べ物に砂糖が含まれています。


ケーキやジュースといったお菓子類はもちろん惣菜などでも使われてますよね。



なので完全に砂糖を断つのはほぼ不可能と言っていいでしょう。


ですが砂糖断ちのメリットはものすごく大きいのでできるだけ少なくした方が良いんですね。



今回は砂糖断ちの効果についてメリットと、砂糖断ちのやり方をご紹介したいと思います。




砂糖断ちのメリット


集中力が上がる


本来砂糖というか糖質を摂ることでエネルギー補給できるので集中力は高まると言われています。


ですが砂糖を摂って集中力が高まるのって血糖値が高い間だけなんですね。


砂糖は吸収が早く血糖値もいっきに上がるため短時間で急降下してしまいます。


血糖値が下がったときには集中力どころかやる気出ないしなんかだるいしって感じになってしまいます。


これだと作業を進めるどころじゃないですよね。


もし1日中集中力を高めようと思えばずっとお菓子やジュース、炭水化物の多いものを摂っていないといけないことになりますが、これも体が慣れてきてしまったら効果はなくなります。


血糖値を下げてくれるインスリンの感受性が下がってしまって糖尿病の危機が近づいてくるわけです。汗




痩せる


今まで普通に砂糖入りのお菓子とかをガンガン食べていた人はたいてい痩せます。


とくにジュースって簡単に500ml飲めるんですけどかなりカロリー高いんですね。


毎日お菓子とジュース飲みながら勉強したり砂糖入りのコーヒー飲みながら仕事してたらそりゃお腹出てくるよと。


学生の間はまだ若いですし授業とかで定期的に運動が入ってくるのでまだ大丈夫ですが、大人になって運動不足になるといっきに太ります。


砂糖の入ってるものは少しずつでも減らしていきましょう。




砂糖中毒からの脱却


砂糖が入ってるものをすぐに飲んだり食べたりしたくなるのは砂糖に中毒性があるからです。


ダイエットしようと思ってケーキとかジュースを一旦やめてもすぐに何かと言い訳を付けて食べようとしますよね。


それはもう完全に砂糖中毒です。


やめたくてもやめられないのはギャンブルとかアルコール、タバコとなんら変わりはないわけですよ。


周りに迷惑かけてないって思うかもしれませんがイライラしやすかったり体臭の原因だったりもするので意外と迷惑はかけている可能性があるんです。


また砂糖はドーパミンの分泌を促すことで中毒になりやすい状態を作ります。


たくさんケーキやジュースを飲食した後満足感があるのはドーパミンの作用なんですね。




イライラが改善される


イライラしてると「カルシウム足りてないんじゃない?」って言われたりしますよね。


実は砂糖の摂りすぎでカルシウム不足が起きるんですよ。


砂糖は酸性の食べ物ですが人間の身体は弱アルカリ性です。


なので砂糖と摂った後そのままにしているとどんどん酸性に傾いてしまうので、中和して弱アルカリ性に戻していかないといけないんですね。


この中和するときにビタミンやミネラルが使われてしまうわけですが、砂糖にはほぼ含まれていないので体内にあるものを使わないといけません。


そこで体内のカルシウムを含めたミネラルがどんどん使われていくので砂糖を摂ればとるほどイライラしやすい状態になってしまうので、砂糖を断つことで必要以上にビタミン、ミネラルを消費することを防いでイライラ解消にもなります。


イライラが続いている人はまず1本ジュースや缶コーヒーを減らしてみましょう。


最近は全体的な栄養不足でビタミン、ミネラルも不足しがちなのが更に足りなくなってしまうので気を付けたいですね。




肌が綺麗になる


理由はさっきと同じ部分がありますが砂糖を摂ることで大量のビタミン、ミネラルが消費されてしまいます。


また体が酸性に傾くということは老化していくということです。


過剰な糖質はAGEsという老化物質になり、肌や髪など全身に悪影響を与えてしまう糖化の原因にもなってしまうので気を付けましょう。


肌の材料はたんぱく質ですがたんぱく質だけでは肌を作れないので砂糖を断って無駄な栄養の消費を抑えましょう。




栄養不足を改善できるかも


砂糖を摂ることでビタミン、ミネラルを消費してしまうということを話しましたが、他にも栄養不足になることがあるんです。


間食として砂糖入りのジュースやお菓子を食べるとどうしても本来の食事で量が食べられなくなります。


普段の食事でもかなり栄養バランスを考えないと糖質が多くカロリーは足りてるけど栄養は全然足りていない食事になりがちなのが更に不足しやすくなるんですね。


毎日3食食べているとしてしっかり栄養摂って量も食べればその時点で間食なんて必要ないんです。


途中でお腹空いたーってなるということは栄養不足かカロリー不足なのでまずはしっかりと食事しましょう!




老化を抑えることができる


毎日砂糖入りのジュースを1本3週間飲むと体内の炎症レベルが87%上がったという研究があるそうです。


炎症レベルと言うのは老化が進みやすい状態を表しています。


体が炎症を起こしていれば炎症を抑えるために必要以上に頑張らないといけなくなってどんどん老化しやすくなっていくんですね。


1日1本のジュースでもかなり影響があるんですからこれが2本だったり更にお菓子も食べてたりしたら、そりゃニキビとか肌荒れもするよなって状況です。




空腹感が改善される


砂糖断ちで意外と大きな部分が空腹感の改善です。


断ち始めて最初の数日は砂糖が入ってくるの前提なのでものすごく空腹感がきます。


ですがこれに耐えれば以前に比べて全然お腹すかなくなってくるんですね。


普段お腹空いたから間食してたのにそれが必要なくなるんですよ。


「腹減るのはこいつ(砂糖)のせいか!」って思うようになります。




睡眠の質が高まる


糖質制限を始めると睡眠の質が高まることで睡眠時間がかなり減ることがあります。


寝る時は血糖値が安定している方が睡眠の質は良くなるんですが砂糖を普段からたくさん摂っていると血糖値が高いまま睡眠に入ることがあります。


昼食後が眠いのと同じでこの状態だとサッと眠りには入れると思いますが寝てる間に低血糖状態になってしまって、効率よく睡眠がとれないんですね。


血糖値が下がりすぎないようにするために交感神経が優位になりアドレナリンやコルチゾールが分泌されてしまうんですよ。


コルチゾールは起床の時間帯にたくさん分泌されていて眠気を取り払う作用があるので寝ている時に分泌されると睡眠が浅くなってしまいます。


なかなか寝付けないという人はちょうど布団に入るタイミングで血糖値が下がっているのかもしれませんね。


砂糖を摂らないようにすると血糖値が安定するので寝る時に血糖値が下がってて寝付けないということも減ります。


実際に砂糖をやめようと思っても、私たちの周りには甘いものだらけ。砂糖を完全に断とうとするのはなかなか難しいものです。


そのような中でもできるだけ砂糖を摂らないようにするにはどうすればいいか、その方法をご紹介します。




砂糖または砂糖の入ったものを食べない


砂糖断ちは、砂糖を摂ることをやめることです。ですから、料理にも砂糖を使いませんし、砂糖が使われている加工食品も食べないように気をつけます。


ただし、控えるのは砂糖であって糖質すべてを制限する必要はありません。


炭水化物や果物などはOKとします。




砂糖断ち中に控えるもの


白砂糖そのものはもちろんいけません。


例えば下記のような食品です。


砂糖が入ったお菓子類
(飴、ケーキ、クッキーなど)

菓子パン

清涼飲料水

スポーツドリンク

アイスクリーム

ジャム

パンやごはんは砂糖が入っていなければOK


ご飯やパンなど炭水化物のみであればよしとしますが、砂糖がまぶしてあるパンや調味料に砂糖が使われている炊き込み御飯などは控えます。


パンはフランスパンなどの固いパン、食パンなどの味がついていないものを選んで下さい。


糖と名のつくものは基本的にダメ



砂糖断ちには比較的ゆるめの「白砂糖断ち」と糖類を一切摂らない「砂糖断ち」があります。


前者の白砂糖には、グラニュー糖、三温糖も含まれます。三温糖は白砂糖の残りを煮詰めたものなので、これもいけません。


後者の場合は、下記のような「糖」と名のつくもので、一切ダメとしています。


メープルシロップ

黒砂糖

てん菜糖

きび砂糖

ブラウンシュガー

オリゴ糖



ただし、オリゴ糖は腸の善玉菌のえさとなる成分で、はちみつなどにも含まれていますから砂糖ほど害はないとされています。


しかし、いきなりこれらの糖分を摂らない、というのも難しいのと、ストレスになることを考えると、まずは「白砂糖断ち」から始めて、砂糖を減らすことに慣れてきたらそれ以外の糖分も減らしていく、とするとよいでしょう。




外食にも注意する


外で食事をとる時に、明らかに砂糖が使われていそうな下記のようなメニューはなるべく控えましょう。


甘酢あん

いなり寿司

魚の煮付け

煮物類は、ちょっと高級なお店に行けば、みりんが使われている場合もありますが、たいていは砂糖が入っていますから、食べ過ぎには注意です。




原材料を確認して買う


お菓子類は砂糖が入っているな、とわかりやすいですが、その他の食品は普段意識していないと砂糖が入っているかどうか、あまり気にせず食べていると思います。


例えば

ケチャップ

ソース

ドレッシング

カップスープ


のようなものには砂糖は使われています。


買い物する時は原材料を確認して買う習慣をつけると良いでしょう。


   


出典動画:オホホch

『【衝撃】砂糖を断つと体に起こる驚くべき変化が凄すぎる・・・』





あなたの肝臓は大丈夫?お酒以外にも肝臓に負担をかけてしまうモノがあった!!



organ.jpg




お酒の飲みすぎは、肝臓に悪いということはご存知だと思いますが、お酒以外でも、肝臓に負担をかけているものがあることを知っていますか?


肝臓は体内の老廃物を処理し、体の中をキレイにしてくれる、とても重要な臓器です。そんな肝臓に負担がかかりすぎると、肝臓疾患などを引き起こしてしまいます。


できれば肝臓に負担をかけず、健康でいたいものですよね。


そこで今回は、お酒以外にも肝臓に負担をかけてしまうモノについて、わかりやすく解説されている『オホホch』さんの動画をご紹介させていただきます。


これを知って、肝臓を守りましょう!





【衝撃】意外と知られていないお酒以外に肝臓に大きな負担をかけているのがコチラ!


肝臓は、どんな働きをしてくれるのか、ご存知ですか?


例えば体内の老廃物を処理してくれたりする、人間の生命活動において、とても重要な働きを担ってくれる臓器です。


しかし、いくら肝臓といえど、処理能力には限界があります。


毒素などをろ過したり、体内の老廃物を処理して、体の中をキレイに保ってくれる、それが肝臓の働きです。


例えるならば、「洗濯機」や「乾燥機」のホコリをキャッチするフィルターのような感じですね。


害を及ぼすような人体に悪い物質も、肝臓によってキャッチされ、せき止められます。


しかし、肝臓の解毒機能に負担がかかりすぎると、肝臓疾患など健康に害を及ぼす状況を引き起こしてしまう恐れがあります。


「肝臓に負担がかかる」ことをイメージするとき、一番最初に思いつくのは「お酒を飲むこと」ではないでしょうか。


たしかにお酒の飲み過ぎは、肝臓に負担をかけますが、実はそれ以外にも肝臓の正常な機能を阻害する要素はたくさんあるんです。


それをいくつか紹介していきます。


ぜひ頭の片隅に、置いといてくださいね。



【 加工食品 】

加工食品を多く食べる方も注意が必要です。


ほとんどの加工食品は、化学物質などを使用しており、自然の状態よりも賞味期限が人工的に延ばされています。


こういった食品には、脂肪分、糖質、添加物などが通常多く含まれています。


添加物の中には、摂取すると体内の中性脂肪を増やすものも、多く存在します。


肝臓の酸化のリスクを高めるだけでなく、肝臓に中性脂肪やコレステロールが溜ることで、脂肪肝を引き起こす可能性もあるので注意が必要です。




【 鎮痛剤の飲みすぎ 】

ちょっと頭が痛い...

筋肉痛がひどい...


そんなときに思わず薬に手が伸びてしまうという人も、いるかもしれません。


よく利用される鎮痛剤の一種が「アセトアミノフェン」です。タイレノールというブランド名で知られている有名な鎮痛剤の一つです。解熱剤としても有名で利用されたことがある方も、いらっしゃるかと思います。


この「アセトアミノフェン」、あまり頻繁に利用すると肝臓への負担がとても大きくなります。


「アセトアミノフェン」自体は様々な薬に含まれている成分です。「アセトアミノフェン」を利用する際に最も注意すること、それは「アルコール」と一緒に摂取することです。


例えば、二日酔いの際、身体の中にアルコールが残った状態でこの薬を使用すると、肝臓には通常の2倍の負担がかかるといわれています。


もし「アルコール」を摂りすぎて翌日頭痛がひどく耐えられないという場合には、できる限り「アセトアミノフェン」を利用するのは避けましょう。


どうしても薬を服用したいときは「イブプロフェン」を含んだ物を摂ることをお勧めします。




【 運動不足 】

運動不足による過剰な栄養の蓄積は、肝臓にとっては大きな負担になります。運動せずに、炭水化物を食べ過ぎると、肝臓に脂肪が溜まり、やがて「フォアグラ」状態(脂肪肝)になってしまいます。


運動を多く取り入れ、消費するエネルギーを増やし、肝臓の機能低下を予防しましょう。



いかがでしたでしょうか?

「お酒」以外にも、肝臓に負担をかけてしまうモノが、結構あるんですね。


もし今回紹介した内容に心当たりがあるという方は、一度病院に行って血液検査を受け、肝臓に問題がないかどうか確認してみるのもいいかもしれません。


   


出典動画:オホホch

『【衝撃】意外と知られていないお酒以外に肝臓に大きな負担をかけているのがコチラ!』





 カテゴリ
 タグ

体を老化させない方法があった!老化や病気を食い止める働きをするサーチュイン遺伝子とは!?



Fotolia_36434538_XS.jpg




好きなものばかり満腹になるまで食べていませんか?


そんな食べ方をしてると、老化だけじゃなく病気になってしまいますよ!


食べることが大好きな私も、最近まで何も考えずに満腹になるまで食べていました。そんな食生活をしていた私ですが、満腹が体に良くないことを知り、食事の量を減らし、もちろんお菓子もやめたところ、体重は減って、体の調子が良くなりました。


やはり食べ過ぎは良くないのですね。


今回ご紹介する『雑学魂』さんの動画によれば、やはり食べ過ぎは良くない、人間にとって空腹の状態が体にとって良い、老化や病気を食い止める働きをしてくれるというのです。


空腹を感じる時間を意識的に増やし、老化を遅らせて若返る!


老化・病気を食い止めるためにも、今日から食事について見直してみてはいかがでしょうか!





体を老化させる原因は●●!若返り遺伝子スイッチをオンにする方法とは?


「空腹の状態が、体にとってよい」といっても、ピンとこない人も多いはず。けれど、空腹時こそ、ある遺伝子が働く唯一のチャンスなのだ。


それが「サーチュイン遺伝子」と呼ばれる生命力遺伝子。


サーチュイン遺伝子とは、体内の細胞内にある遺伝子を全てスキャンし、壊れたり傷ついた遺伝子を修復するというもの。


平たくいえば、老化や病気を食い止める働きをする遺伝子。



●サーチュイン遺伝子


人の生命を司る働きがあり、空腹時にスイッチが入るという特徴があります。


スイッチが入ると細胞中のミトコンドリアが活性化し、エネルギー効率が高まります。結果、生物の寿命が延びるそうです。


今回は、そんな若返り遺伝子スイッチと呼ばれるサーチュイン遺伝子について、ご紹介します。




カロリー制限のあるサルとカロリー制限ないサルの驚きの違い!


アカゲザルを使った実験で、20年にわたり30%のカロリー制限を行ったサルと、自由に食べていたサルとの比較が発表されています。


すべて成体で約80頭のサルを使用した実験結果です。



●実験を続けて20年後...!驚愕の違い


見ての通り好きなものを自由に食べていたサル(画像左)は、制限をされていたサル(画像右)に比べ姿勢も崩れ、体毛も薄く、顔のしわ、たるみなど老化が顕著にみられます。


一方カロリー制限をされていたサルは、はつらつとし若々しさをキープしています。


実験では定期的に身体組織の測定や、血液検査、内分泌機能の検査を行い、心臓や脳の機能も測定。また、サルが死ぬと死因を解剖検査で特定したそうです。


カロリー制限をされたサルは癌・糖尿病・心臓病・脳萎縮・除脂肪筋肉が減少するレベルが激減したとのこと。


さらに老年期まで生き残ったサルは、カロリー制限のされたサルは14匹、自由に食べたサルは5匹。


このことから、好きなものばかり満腹に食べるということは、老化だけでなく、病気のリスクや寿命にも関わってくることがわかります。




満腹が、私たちの”生命力”を弱めている?


無理して一食にしなくても、普段の食事の量を30%を減らすだけで効果が出ます。なので、まずは満腹になるまで食べずに、腹”七”分目くらいでやめましょう。


私たちが1日3食お腹いっぱい食べられるようになったのは、戦後しばらくしてからのこと。


歴史で見ると、飢餓状態にあった時代のほうがずっと長い。そのため、そもそも私たちの体は「満腹に適していない」のだ。


サーチュイン遺伝子をはじめとする、生命力をつかさどる「生命力遺伝子」は、空腹時や寒さなど、いわゆる体の危機的状況でないと働かない。


つまり、食べ物があふれ、快適な環境で生活できる現代人は、「生命力遺伝子」が本領発揮する場がなく、老化や病気に対して弱くなっているといえるのだ。




”若返り遺伝子”を呼び覚ます食事のコツ


◯ポイント1:空腹を感じたら、しばらくキープ!


空腹を感じたからといって、すぐに食事をするのはNG。しばらくは空腹をキープし、30分〜1時間後を目安に食事をするとよい。




◯ポイント2:空腹時のコーヒー、お茶はNG!


空腹を飲み物でまぎらわさせたいときは、コーヒーやお茶などのカフェインが入ったものは避けよう。


カフェインには強い刺激があり、空腹時に摂取すると吐き気やめまいを招くこともあるため。飲み物がほしくなったら、麦茶などカフェインレスのものを選ぼう。




◯ポイント3:「腹6〜8分目」を目安に


食べる量が減れば、必然的にお腹が早く空き、空腹の時間も長くなる。


腹8分目からスタートし、少しずつ6分目程度まで抑えられるとよいだろう。いつもの茶碗やお皿を小さいサイズに変えると、量を減らしやすい。




◯ポイント4:1食分を「一汁一菜」に


朝食を小さめの茶碗でご飯1杯とみそ汁に変えてみよう。ちなみに、朝食欲がわかなければ食べなくてOK。




◯ポイント5:まるごと食べて「完全栄養」を摂る


栄養で一番大切なのは「量」より「質」。


さらに、バランスのとれた栄養とは、「私たちの体を構成している栄養素と同じ栄養素が、同じ比率で含まれている」ものだ。


具体的には、骨や皮も含む魚をまるごと食べることが、私たちの体に一番近いバランスの栄誉素が摂取できる方法。


小魚が、まるごと食べるのに適している食材だ。また、野菜もまるごとがおすすめ。普段捨ててしまう皮などに、むしろたっぷり栄養が含まれているためだ。




■まとめ


”若返り遺伝子”を呼び覚ますポイント


ポイント1

空腹を感じたら、しばらくキープ!



ポイント2

空腹時のコーヒー、お茶はNG!



ポイント3

「腹6〜8分目」を目安に



ポイント4

1食分を「一汁一菜」に



ポイント5

まるごと食べて「完全栄養」を摂る



これらのポイントを踏まえ満腹に食べるということを避けて、空腹を感じる時間を意識的に増やすだけで、老化を遅らせて、若返るのならこれはやらない手はありませね。





出典動画:雑学魂

『【衝撃】体を老化させる原因は●●!驚愕、若返り遺伝子スイッチをオンにする方法とは?知ってよかった健康雑学』





足が軽くなる裏技!輪ゴムを足に掛けるだけで脚が軽くなりむくみも解消!!



CxhUPOwVIAAJ-bf.jpg




長時間のデスクワークで、足はパンパンで足の動きが悪いという方、多いと思いますが、いかがですか?


そんな時、簡単に足のむくみが取れ、脚が軽くなる裏技があるようです。それも輪ゴムひとつで!


ということで今回は、輪ゴムを足に引っ掛けるだけで、足がスッキリむくみがとれて軽くるなる方法について『naoco yoga』さんの動画をご紹介させていただきます。


ぜひ、試してみてくださいね。





今回は輪ゴムを足に引っ掛けるだけで、瞬時に足がスッキリむくみがとれて軽くなり走ったり歩いたりするのが楽になる方法をご紹介したいと思います。



やる前に足踏みをしてみて、軽さをチェックしてみてください。


足の後ろ側もチェック、幅もチェックします。

靴下を履いていても履いてなくても大丈夫です。



では、輪ゴムをかけていきます。

まず、親指に引っ掛けたら、今度は八の字にねじります。足の裏側にきてる方が下になるように八の字にすると、ピタッと輪ゴムが足の裏にみっちゃくします。


そのようにしたら、かかとに掛けます。これで完成です。


もう1本輪ゴムがご用意できる方は、親指のところに引っ掛けて、他の4本の指の方に、引っ掛けて引っ張ったら、そのままかかとに掛けます。ちょうどわらじを履いてるような感じ鼻緒がたになっています。


こういう風に、輪ゴムを掛けてあげることで、瞬時に筋肉の連携が良くなって、体のバランス、足のバランスが取りやすくなります。


では、片側だけ輪ゴムを掛けた状態で、左右の違い、効果の確認をしたいと思います。


寝転んで、輪ゴムを掛けてない方の足を上げてみてから、輪ゴムを掛けた方を上げてみて、脚の軽さ、動きの早さを比べてみてください。


今度は立ち上がって、足踏みをしてみます。輪ゴムを掛けている脚の方が、足が軽く自然に膝が高く上がっていると思います。


下を向いて自分の膝の高さを比べてみると、輪ゴムを掛けている方が高く上がっているんじゃないかと思います。


さっきやる前に触ったここの部分を、輪ゴムがかかってない方と比べてみると、こちらの方がちょっと太い感じ、むくんでる感じで、輪ゴムを掛けた方はほっそりとしていますので、それも確認してみてください。


両足に掛けるとこんな感じ(動画参照)になりますが、輪ゴムは締め付けがありますので、血流が悪くなったりむくんでしまったりするといけませんので、必ず5分以内で外すようにしてください。


走ったりするときなんかは、この状態で走ると多分走るの速くなってると思いますので、走るときだけ使うとか、1日5分だけ試して足のバランスを整えるという風に利用してみてください。


ちなみに紐バージョンも考えたんですけど、前の動画を参考にしていただいて、伸縮性のある柔らかめのもの(ヒモの長さは足のサイズにもよりますが75〜80cmぐらいが目安です)を、輪ゴムの代わりに同じように巻いて行きます。(動画を参照)


そうすると、ぞうりのような感じになって、部屋履きって感じになりますけど、ヒモはゆるゆるにかけてあげれば、輪ゴムよりはちょっと長めにお部屋の中で、付けたまま過ごすことができます。(脚が軽く、楽になります。ムクミや疲れの予防改善にも)


輪ゴムが締め付けがきつかったり、5分以内じゃなくともっと長くやりたいよという場合は、ヒモトレ用のヒモを利用してやってみてください。


この場合もヒモを付けてある方が、脚を上げてチェックしてみると、軽く感じます。(上がる角度が高い)





出典動画:naoco yoga

『【裏技】足が軽くなる!輪ゴム1本掛けるだけ(リンパケア)』





ゴーヤはガン細胞を短時間に98%死滅させる驚異の野菜!食べないと損です!



goya.jpg




ゴーヤは夏の野菜ですが、最近ではスーパーなどでは夏以外でも売られているのを見かけますよね。


ゴーヤはビタミンCをはじめミネラルが多く含まれていて、さらには果皮に含まれる苦味の素「モモルデシン」や「チャランチン」という成分に血糖値を下げる効果があるということがわかってきました。


このため、糖尿病などに有効な食材のようです。他にも血圧を下げる効果も認められています。


それとなんといっても、ガンに効くというのですから、驚きですよね!


そこで、今回は驚異の野菜ゴーヤについてわかりやすくまとめられている『ミラクルチキン』さんの動画をご紹介させていただきます。



  

ゴーヤは癌に効く


米コロラド大学がん研究センターのラジェッシュ・アガーワル教授らが、こうした民間療法と数年前の研究で、ゴーヤの抽出成分には乳がん細胞の増殖を抑制する働きがあると確認されたことを踏まえ、その後も研究を重ねていたところ、ゴーヤには膵がん細胞に対して、そのエネルギーの源となるグルコース代謝能力を抑制し、結果として膵がん細胞を死に至らしめる働きのあることを発見しました。




ガン細胞を短時間に98%死滅させる


マウスを用いての実験結果では、ゴーヤの抽出液を摂取したマウスは摂取していないマウスと比較して、がん細胞の代謝機構に大きな関与があったとみられ、抽出液によるプロティンキナーゼの働きを促進するという効果により、結果的に60%も膵がん細胞の増殖が抑制されていたことが判明しました。


水にわずか5%に希釈した苦瓜ジュースはすべての4つの膵臓癌細胞株の研究者が厳しく試験した結果、癌細胞の損傷に著しい効力を示しました。


瓜は2つの癌細胞の生存能力を90%削ぎ落し、別の二つの癌細胞を驚異的にも98%まで叩きました。


そして、それは、治療のわずか72時間後のことでした。


免疫系を強化し、解毒し、歯の伝染病および有毒歯科材料を除去し、あなたの体をアルカリ化し、酸化治療を備えた体を酸化させて、癌特有の代謝経路を妨害するために特定の栄養を与えるのです。


全ての癌細胞は、役に立たないグルコースの発酵を利用して乱れエネルギーを作り出しています。


苦瓜は、癌のわがままなエネルギー生産を切り離すための巨大な妨害剤です。


膵がんの前兆になる場合があるともいわれている糖尿病において、これまでにもインドや中国などアジア諸国では、ゴーヤー(bitter melon)はII型糖尿病に効果があると信じられ、何世紀にもわたって民間療法などで多く用いられてきました。



ゴーヤは、体にいい!

薬の何倍も効果あり!

なぜなら体をアルカリ性にしてくれる。


癌細胞への栄養を遮断してくれる成分が含まれるため、癌細胞をやっつけてくれる食材!


人口10万人当たりの癌罹患率で沖縄県内は大きく全国平均を下回っている。一説にはゴーヤの摂取量が寄与しているのではないかという論説を目にした。


ゴーヤ。そうなのかゴーヤ。苦いやつだと思っていたが、ゴーヤを見直す時がついに来たのか。


抗ガン剤治療・治療費を含め体にもお財布にも優しいゴーヤ。苦いのが嫌いでも、薬飲んで副作用のこと考えれば、苦いゴーヤ食べる方がまだマシだよね。




  
出典動画:ミラクルチキン
 
「【驚異】ガン細胞を短時間に98%死滅させる驚異の野菜とは!」 
 
  



Copyright © 健康シェア広場 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます