健康関連のカテゴリ記事一覧

毎日心と体が健康でハッピーでより良い人生を送るために役立つ情報を発信しています。

カテゴリ:健康関連

健康関連のカテゴリ記事一覧。毎日心と体が健康でハッピーでより良い人生を送るために役立つ情報を発信しています。
すい臓がんは早期発見が難しいがん!すい臓がんの症状と治療法について!

健康関連
今回は、「すい臓がん」がテーマです。すい臓がんは、早期発見が難しく、気づいた時には進行・転移していることが多いがんです。特に初期のがんでは、ほとんど症状が現れ…

記事を読む

肩こり・首こりに効くツボとマッサージ方法について!肩こり・首こりの方必見です!

健康関連
肩こりや首こりにお悩みの方は多いと思います。肩こりや首こりは長時間のデスクワークや姿勢の悪さが主な原因とされています。肩こりや首こりは血行不良が原因で起こりま…

記事を読む

大腸がんは早期発見が大事!大腸がんの可能性がある人に表れる症状と予防法とは!?

健康関連
今回は「大腸がん」がテーマです。大腸がんで亡くなる方が多くなっているそうす。男性よりも女性が多く、女性では大腸がんが第1位となっています。やはり女性の方が便秘…

記事を読む

腕振り運動の効果が凄い!簡単に誰でもできる究極の健康法とは!?

健康関連
究極の健康法「腕振り運動」をご存知でしょうか?これは中国の秘宝「達磨易筋経」というもので、香港から台湾、そして日本に伝わったそうです。この「腕振り運動」を行う…

記事を読む

がん・脳梗塞にならない為にオススメする超簡単な10の生活習慣!必見です!

健康関連
がん・心疾患・脳血管疾患は日本人の三大死因と言われています。できればそれらを毎日の生活の中で防げるものならそれに越したことはありません。それには、やはり日頃か…

記事を読む

すい臓がんは早期発見が難しいがん!すい臓がんの症状と治療法について!



すい臓がん.jpg




今回は、「すい臓がん」がテーマです。


すい臓がんは、早期発見が難しく、気づいた時には進行・転移していることが多いがんです。


特に初期のがんでは、ほとんど症状が現れず、比較的早期にすい臓がんが発見された患者さんのうち、2割はまったく自覚症状がなかったという調査結果もあります。


そこで今回は、すい臓がんの症状と治療法について解説されている『腫瘍マーカー.com』さんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。





膵臓がん:早期発見・早期治療が難しいがん


膵臓を大きく分けて3つに分けると、十二指腸に近い部分の膵頭部、中央の膵体部、脾臓に近い膵尾部となります。膵臓がんは、膵頭部にできる膵頭部がんが最も多く、約60%を占めます。膵尾部がんがこれにつぎ、膵体部がんは少なくなります。




早期発見が難しいがんです


原因はよくわかっていませんが、糖尿病や慢性膵炎が危険要素となります。喫煙やコーヒーなどのとりすぎも誘引となります。好発年齢は50〜70歳代で、とくに60歳代に多くみられます。


膵臓がんは消化器のがんの中では、最も診断が困難で治療成績の悪いがんのひとつで、しかも近年、増加傾向にあります。




膵臓がんの症状


膵頭部がんでは比較的早く黄疸が現れます。膵頭部には胆汁が流れる胆管が通っているので、がんができてそれが圧迫されると、胆汁が血液中に流れ込んで黄疸を起こします。




背中の痛み


そのほか膵臓がんに共通した症状としては、背中の痛み、吐き気、嘔吐、食欲不振、下痢や便秘などの便通異常がみられます。しかしこれは、ほかの病気でも起こる症状であり、ある程度進行しなければ出てこないので、自覚症状に頼っていたのでは発見が遅れがちになります。


膵体部や膵尾部にできたがんは、神経に浸潤して痛みを起こしたり、肝臓に転移して黄疸が始まって、初めて発見されることが多いのです。膵体部や膵尾部のがんは手術がしやすいので、広がる前に早く発見することが大切です。


そのほか、膵臓ではインスリンというホルモンを分泌しているので、その分泌が低下して糖尿病がはじまることもあります。




膵臓がんの治療法


膵臓がんの診断は近年、超音波検査やCT検査など画像検査の発達により、比較的小さながんでも見つけられるようになってきました。


膵臓がんの診断を受けた場合、おもな治療法には、手術療法・放射線療法・化学療法がありますが、がんの進行度や患者の状態を考慮して治療法が選択され、ひとつの治療法を単独で用いたり、いくつかを併用する場合もあります。


現在、膵臓がんを完治するには外科的に切除手術を行う方法以外にありません。膵臓がんは周囲に染みこむように広がっていく性質を持っており、再発を防ぐには手術でなるべく広い範囲を切除したほうが有効です。


しかしながら、膵臓の周りにはほかの臓器や、大切な役目を担う血管が走っており、切除できる範囲が限定されています。これが、膵臓がんの治療を難しくしている大きな要因のひとつです。



出典:腫瘍マーカー.comさん
 
 


 
参照動画:鳥取県民チャンネルコンテンツ協議会
 
「聞いて納得!! 医療最前線:すい臓がん」
 




肩こり・首こりに効くツボとマッサージ方法について!肩こり・首こりの方必見です!



肩こりや首こりにお悩みの方は多いと思います。


肩こりや首こりは長時間のデスクワークや姿勢の悪さが主な原因とされています。


肩こりや首こりは血行不良が原因で起こりますが、これを放置しておくと脳への血液供給が低下し、老廃物も流れなくなり、その結果頭痛やめまいなどが起こりやすくなります。


そこで今回は、肩こり・首こりに効くツボとマッサージ方法についてわかりやすく解説されている『gooヘルスケア』さんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。





首こり・肩こりに効くツボとマッサージ方法



長時間のデスクワークや姿勢の悪さが首こり・肩こりの原因に


首すじから肩にかけて、ときには肩甲骨(けんこうこつ)のほうまで重苦しい感じがしたり、硬くこわばって痛んだり、首こり・肩こりはつらいものです。放っておくと慢性化して、ちょっとやそっとのことでは解消できなくなってしまいます。こったなと思ったら、さっそくツボマッサージをして、その日のうちに解消したいものです。


首や肩のこりは、姿勢の悪さ、目の疲れ、長時間の同一姿勢による作業などによって、筋肉や血管が圧迫され、血流が悪くなることで起こります。そのため長時間のパソコン作業などデスクワークを行う人には首こり・肩こりに悩んでいる人が多くみられます。また、姿勢が悪いと、内臓を圧迫して全身の血流を悪くして、疲労やこりが起こります。


肩こりの予防には、背筋を伸ばして内臓の血流を妨げないことが大切です。また、長時間同じ姿勢をとらないように、1時間作業したらストレッチをしたり歩いたり、こまめに体を動かすことを心がけてください。


マッサージを始める前には、大きく伸びをして、血流をよくしましょう。首と肩を蒸しタオルで温めたり、ゆっくり首をストレッチするのも、ツボマッサージの効果を高めます。




後頭部と肩、肩甲骨のツボをゆっくりやさしくマッサージ


パソコン作業や精神的ストレスによる緊張と疲労からくる首こり・肩こりは、後頭部の髪の生え際に沿ったツボと、肩、肩甲骨のツボをゆっくりやさしくマッサージをすると、すっきりします

 
後頭部のツボは、頭を両手で挟んで、親指で押したりもんだり頭頂に向かって押し上げると、首の血流やリンパの流れが良くなります。肩井(けんせい)と曲垣(きょくえん)は、肩をつかんで中指が当たるところが目安。中指の腹で指圧したりもんだりしてください。


001.gif



血流やリンパの流れをよくするマッサージを組み合わせて効果倍増


伸びをしてツボを押すだけでも楽になりますが、さらに効果アップのテクニックを紹介しましょう。肩・首回りの血流やリンパの流れをよくするマッサージをしてからツボを押すと、効果がよりアップします。試してみてください。


次のように、リンパ節のある場所を中心に指の腹でもむようにマッサージすると、こりやはりが楽になります。



1.肩を後ろに回しましょう。わきの下のリンパ節が活性化し、首と肩の血流もよくなります


2.鎖骨の上のくぼみにリンパ節があります。ここを、指の腹で円を描きながら押し込むようにマッサージしましょう。


3.胸鎖乳突筋(横を向いたとき出る首の筋肉)を上から下へ向かってマッサージします。この部分は頸動脈が走っているので、手の平や四指の腹で優しく皮膚を動かすように、外側に小さな円を描くようにもみましょう。


4.鎖骨の下、腕に近い部分をマッサージします。四指の腹で円を描くようにもみましょう。


5.耳の前と後ろをマッサージします。手の平を耳に当て、第1指から3指を耳の後ろに、第4指と5指を耳の前に当てて、上下にさすりましょう。


002.gif



(編集・制作 (株)法研)

執筆:佐藤 明子先生


出典:gooヘルスケアさん 

画像:gooヘルスケアさん
 



 
出典動画:HOTandODDchannel
 
「肩こり解消のためのリンパマッサージ」
 




大腸がんは早期発見が大事!大腸がんの可能性がある人に表れる症状と予防法とは!?



daichou.jpg




今回は「大腸がん」がテーマです。


大腸がんで亡くなる方が多くなっているそうす。男性よりも女性が多く、女性では大腸がんが第1位となっています。やはり女性の方が便秘になる方が多いからでしょうか。


ということで、今回は大腸がんの可能性がある人に表れる症状・大腸がんの予防法について解説されている『オホホch』さん動画をご紹介させていただきます。





【衝撃】大腸がんの可能性がある人に表れる症状がコチラ!どれかしらの症状が発症したら要注意!大腸がんの予防法とは・・・



日本人はがんで亡くなる人が4人に1人といわれている。そのうち、大腸がんで亡くなる人は、全体の第3位である。


とくに、女性では第1位となっており、大腸がんで亡くなる方が多くなっている。女性に多いわけは便秘になる方が女性に多いというのも一つの理由になる。腸内環境の悪化で大腸がんのリスクも上がる。


大腸がんは早期に発見できると100%治癒するといわれているが、どのようなメカニズムで起こるものなのか?



大腸がんとは

大腸の役割は、水分の吸収を行い、便を作ることである。大腸は、盲腸、結腸、直腸に分けられる。


大腸がんは、大腸の粘膜の細胞が何らかの原因でがん細胞となり、次第に大腸の壁に深く広がって進行していく病気である。


その進行は比較的ゆっくりだが、進行するにつれてリンパ節や肝臓などの別の臓器に移転していく。早期発見がとても重要。




大腸がんの初期症状


おならの回数が増えて、刺激臭、腐敗臭がする。腸内環境の良し悪しでお腹の調子も変わってしまう。


おならは腸のバロメーターである。刺激臭がある悪いおならはアンモニアや硫化水素が含まれていて、たんぱく質が主にウエルシュ菌等の悪玉菌によって分解されるから出る。


またおならの回数は食事の時に早食いの方は特に空気を一緒に飲み込んでいるからである。


飲み物では炭酸が入っているものをたくさん飲むとそれでもおならは増える。ストレスや消化の悪いものを食べたときなど、胃腸の調子がおかしくなる。




便通状態が良くない。(下痢気味)


下痢でお腹を壊した時には、腸が活発に動いているので、腹部を温めながら安静に休む。


食事は2〜3回ぐらいはおかゆや、うどん、スープなどのお腹にやさしいものを口に入れるようにしたほうが良い。


便に血液やドロッとしたものが含まれている状態が続いたり、便の色がいつもと比べて赤や黒、緑色など明らかに違う時は早めの受診が必要。


また、脱水症状を予防して、水分補給を忘れないように。


トイレに入っている時間が長くて、なかなか出れない。便が硬いので、出が悪くて時間がかかる。しかし、便秘が治るわけではない。排便時すっきりせず、残便感がある。便意があるのに出せないストレスで悩まされる。


時々下腹部がチクチクと痛む。大腸がんの初期症状として、時々お腹がチクチクするような痛みがしたり、何か変な違和感を感じることがある。


大腸内部でポリープが炎症を起こしていたり、がん化している時。よほど注意していないと、気がつかないと思うが、本人しかわからないいつもと違う感覚。


この初期の段階で発見することができれば、早期の治療で完全に治すことができる。




すぐに、身体が疲れてしまう


大腸がんの中でも、上行結腸に発症した場合は、腸の奥の方で出血していても気がつかない。しかし、出血が大腸内部で頻繁に起これば貧血状態になるので、非常に疲れやすくなる。




食欲がなくなる


お腹の違和感とか下痢が続いたりとかしているのが普通になってくると、徐々に食べる量も減少していく。


大腸がんの症状が少しづつ進行していくと排便が普通にできていたのも詰まってきたりして下痢や下血が生じてくるので食べたくなくなる。


さらに進行した大腸がんの症状には、次のようなものがある。




進行大腸がんの症状


腰痛

便が細くなる

腸閉塞

貧血

呼吸困難

食欲不振

体重の減少

嘔吐


大腸がんは症状が非常にでにくいがんで有名である。大腸がんは特徴的な症状に乏しく、早期の段階で本人が異常に気付くことが難しいケースが多い。




間違いやすい病気


痔(血便、下血)、虚血性大腸炎(下痢、腹痛)、過敏性腸症候群(下痢と便秘が繰り返す、便秘)、クローン病(腹痛、下痢、貧血、だるさなど)、大腸憩室症(発熱、血便、お腹の痛み)など。




大腸がんの原因


食生活の欧米化

日本では、米や野菜中心の食生活だったが、近年の食生活では急速に欧米化しており、肉や油などたんぱく質や脂肪分の多い食事に変化している。


たんぱく質やカロリーの高い食事を食事を摂ると、便が大腸にとどまる時間が長くなり、便に含まれる発がん性物質も長い時間とどまる。そのため、がんが発生しやすくなる。



たばこ

たばこは大腸だけでなく、肺や胃などの消化器系の臓器へ影響を与えやすいといわれている。


大腸にたばこの煙が直接ふれることはないが、発がん性物質を身体に取り込むため、吸わない人に比べると約7倍大腸がんになりやすいといわれている。



過度の飲酒

たくさんのお酒を摂取することは明らかなリスク要因としてわかっている。


欧米人に比べて日本人のほうがアルコールの影響を受けて、がんになりやすいと報告されており、男女ともに適度な飲酒にとどめることが必要。


日本国内では大腸がんの症状と死亡者が多く見られる県は沖縄県で、次に青森県、秋田県、山形県、岩手県と続いている。これはアルコール消費量が多いのが一番の原因と考えられる。



運動不足

運動が大腸がんのリスクを軽減することは、米国国立がん研究所から報告されている。


特にデスクワークの多い人が大腸がんになりやすいともいわれている。意識して身体を動かすことが有効である。



肥満

特に男性において肥満が関係するといわれている。BMI27以上で、大腸がんになる可能性の確実な上昇がみられると報告されている。



遺伝

大腸にポリープができやすい体質の人がおり、遺伝的要因のひとつとして考えられている。




大腸癌を予防するために


最も効果の高い確実なことは定期的に内視鏡をおこない、ポリープのうちに切除することである。



大腸癌をもっとも強力に予防する効果があるのは野菜


野菜の大腸癌予防の理由は二つあると考えられている。食物繊維と抗酸化作用のあるビタミン(色素)。


食事面での大腸がんの予防法としては、野菜類、豆類、果物、穀類、海草類、キノコ類、ビタミンC・Eは大腸がんの危険度を下げる効果があるといわれている。



アルコールや加工肉の摂取量を少なくするのと禁煙


大腸がんを予防するためには、アルコールや加工肉の摂取量を少なくする、禁煙、野菜不足にならないようバランスのとれた食事に注意して肥満にならないよう心がける。



運動・休養


運動は、大腸がん予防に非常に効果が高いことがわかっている。全身運動(水泳・ジョギング・ダンスなど)がおすすめ。


定期的に運動を行って運動不足を解消することやしっかりと休養をとることも大事。



コーヒー


米ハーバード大学の研究によれば、コーヒーを1日4杯以上飲んでいる大腸がん患者は、ほとんど飲まなかった患者に比べて、大腸がんを再発するリスクや死亡するリスクが低くなるという結果がある。



いかがでしたか?

大腸がんは、見つけるのが早ければ早いほど、完全に治る可能性が高くなります。また、家族に大腸がんになった人がいる場合や大腸ポリ−プがある人などは特に注意が必要です。


そして、自分の排便の状態を常にチェックしておくことも大切です。急に便秘の症状が現れていないか、血便はないかなど便の状態や排便習慣を小まめにチェックするようにしましょう。


定期的に健診を受けて自分の状態をチェックすることも大切です。大腸がんは早期に発見できれば予後はよいため、何か異常があればすぐに検査を受けることが大切です。




 
出典動画:オホホch
 
「【衝撃】大腸がんの可能性がある人に表れる症状がコチラ!どれかしらの症状が発症したら要注意!大腸がんの予防法とは・・・」
 




腕振り運動の効果が凄い!簡単に誰でもできる究極の健康法とは!?



20160909_02_腕振りの姿勢.jpg




究極の健康法「腕振り運動」をご存知でしょうか?


これは中国の秘宝「達磨易筋経」というもので、香港から台湾、そして日本に伝わったそうです。


この「腕振り運動」を行うことで、体に驚くべき効果があるそうです。


ということで今回は、究極の健康法「腕振り運動」についてわかりやすく解説されている『今日の動画』さんの動画をご紹介させていただきます。





万病を癒す「腕振り運動」の効果とは?誰でも簡単にできる究極の健康法



どこでもできる究極の健康法「腕振り運動」をご紹介します。


非常に簡単で誰にでもでき、場所をとらず、お金もかかりません。ご興味のある方はぜひ試してみてはいかがでしょうか?


腕振り運動の起源は、今から1500年前の禅宗の開祖と言われる中国の達磨大師が残した達磨易筋経の中に健康の秘儀として記されているものです。


中国から香港を経て、台湾に伝わり日本の当時、故 忍田光先生とも親交のあった 故 関英男博士が教わったものです。


関博士は、これにより胃がんを克服し、視力も1.5まで回復させたそうです。


万病に対して効果があるそうですが、継続してやり続けることが大変重要になってきます。


問題は動きが単調ですので飽きやすいことです。最初は数を数えたりしながら行うといいと思います。大切な事は、続けることです。


関博士が著した、専門家向けのテキスト「宇宙学序章グラビトニックス」によれば、この腕振り運動で治った病気として以下のものが上げられています。(カッコ内の回数は腕振り運動の回数です。)


・肺がん(午前2000回、午後2000回、夜2000回を5ケ月)


・関節炎


・食道癌


・頚部淋巴線癌(1日1000回)


・半身不随(5,6ケ月)


・肝硬変


・白内障(朝800回、夜1000回で4週間)


・トラコーマ、色盲、まぶたに生じるこぶ


・心臓病、高血圧


・神経症、精神分裂症


・腎臓病




関博士は著作の中で病気治療のためには1日2000回、単なる健康保持には1日500回と言っています。


それでは腕振り運動のやり方を見ていきましょう。



腕振り運動のやり方(*動画を参照)


「腕振り運動」は次の要領で行います。


(1)自然体で、姿勢良く立つ。


(2)両足を踏みしめるような気持ちで立つ。


(3)両腕を、前に水平に上げる。掌(てのひら)は内側に向け指は自然に伸ばす。


(4)両腕を揃えたまま、後ろ45度まで振る。この45度は目安であり、適当で良い。


(5)後ろに振った後は力を抜き、腕が自然に前に振られるようにする。


以上繰り返しとなります。



この運動は、最初は1日に数百回から初めて、徐々に回数を増やしていきます。その数は必ず自分で数えながら行います。


百回まで数えたら1に戻るようにして、少し意識的に、「自分が振っているのではない。振られているのだ。」というような思いで、ただ数だけを数え、淡々と続けることが重要です。


目安として、1日合計で、1000回から3000回を行えば、当面の効果としては気力が充実し、体内の気が活性化されて若返り、病気が治ったり、記憶力が良くなるなどの効果があるそうです。


腕振り運動は気軽に行える健康法です。時間や場所、道具やコストの制約などもありません。


老若男女、誰でも効果的な運動です。是非お試しください。


なお、病気の治癒と腕振り運動の因果関係につきましては詳細不明ですので、現在病気の方、治療中の方はお医者様にご相談の上お試しください。
 
  

 
 
出典動画:今日の動画
 
「【驚愕】万病を癒す「腕振り運動」の効果とは?誰でも簡単にできる究極の健康法」
 




がん・脳梗塞にならない為にオススメする超簡単な10の生活習慣!必見です!



Fotolia_60962332_Subscription_Monthly_M-642x336.jpg




がん・心疾患・脳血管疾患は日本人の三大死因と言われています。


できればそれらを毎日の生活の中で防げるものならそれに越したことはありません。それには、やはり日頃から体にとって良い生活習慣を心がけなければいけませんよね。


そこで今回は、がん・脳梗塞にならない為にオススメする超簡単な10の生活習慣についてわかりやすく解説されている『健康あるある』さんの動画をご紹介させていただきます。





がん・脳梗塞になりたくない人に勧める超簡単な10の習慣



「がんになる要因には遺伝、ウイルス、発がん性物質などが挙げられます。発症を予防する『養生』はとても大切です。これを私は『発症予防医学』と称しました」


こう話す、南越谷健身会クリニックの周東寛(しゅうとうひろし)院長に、毎日やってほしいがんや脳梗塞にならないための10の習慣を教えてもらった。



《1》朝食のパンにバターは塗るな


「バターは動物性脂質の代表格。動脈硬化の原因になるばかりでなく、肝臓でコレステロールを分解する際に生成される胆汁酸は、変性して大腸がんの一因になるといわれています」




《2》朝目覚めたら布団の中で手足をこする


「朝起きた瞬間の『交感神経』が十分に目覚めていない状態で急に起き上がると、心臓や血管に負担がかかり、心臓疾患や脳梗塞の原因になります」




《3》朝いちばんのツバは飲むな、うがいしろ


「起床時の唾液には、バクテリアが繁殖。それが生成する炎症性物質や発がん性物質が体に吸収されると、血中に炎症性物質が増え、動脈硬化などを引き起こすことも。起きたらまずうがいが大原則です」




《4》毎朝お茶1杯を自分で入れて飲め


「手先の作業が眠っていた脳を覚醒させる。そのうえで好きな1杯をゆっくり飲むことで気持ちがリラックスし、ホルモン分泌もよくなる。そして体内のNK細胞を活性化させます」


NK細胞とは、体の中をパトロールして、がん細胞などを取り除く、体内の警備員のようなもの。「また適度な腸への刺激を与えることが便秘防止になり、大腸がん予防にも効果が」




《5》ため息をつくなら大きくつく


「ため息を大きくつくことは、体が自然に行うストレスから身を守る防御法。周囲を気にして小さくしても、効果はありません。トイレの個室などで大きくつくこと。うまくため息がつければ心と体がリセットされ、すっと胸が軽くなるはずです」




《6》同じところに座り続けてはいけない


「足腰の決まった1カ所だけが圧迫され、坐骨神経が萎縮。しびれ、転倒の原因にも。」しかも前かがみの姿勢で座り続けると、腹部圧迫から腸が炎症を起こし、悪化して大腸がんにつながる可能性も。




《7》肉料理は1食に2品以上食べるな


「運動不足の人には、長い目で見れば、がんや動脈硬化につながる中性脂肪やコレステロールを含む要警戒の食品です」




《8》トイレは我慢するな


「トイレを我慢すると血圧が上がる。急に血圧が上がることで自律神経のバランスが崩れます。人間の自律神経、ホルモン分泌、免疫系はつながっているので、NK細胞の働きが鈍り、免疫力も落ちてしまうのです」




《9》大声で怒鳴るな


「その大声が肺に負担をかけ、急性の肺高血圧症と呼ばれる症状を誘発します。心臓に持病がある人などは心臓発作で倒れる危険性もあります」




《10》就寝30分前に1杯の牛乳を


「これが食道や胃についた発がん物質を洗い流す、いわば内臓の『うがい薬』に。また牛乳が食道や胃をコーティングし、翌朝流れ込んでくる唾液から守ってくれるのです」


「このように、知らずに習慣化していることが体に悪影響、いずれはがんなどを引き起こす可能性があるんです」(周東先生)




  
出典動画:健康あるある

「がん・脳梗塞になりたくない人に勧める超簡単な10の習慣」


 


Copyright © 健康シェア広場 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます