健康関連のカテゴリ記事一覧

毎日心と体が健康でハッピーでより良い人生を送るために役立つ情報を発信しています。

カテゴリ:健康関連

健康関連のカテゴリ記事一覧。毎日心と体が健康でハッピーでより良い人生を送るために役立つ情報を発信しています。
50代でも筋肉を発達させて引き締まった体になれる!?意外と知られていない高齢者の正しい食事法とは!?

健康関連
年齢が高くなるとだんだん皮膚は垂れてきて、締まりのない体型になってしまいます。運動も何もしないでいると尚更です。そんなの絶対に嫌ですよね!いつまでも若々しくあ…

記事を読む

ふくらはぎのセルフマッサージ!血行が良くなり高血圧や動脈硬化などの予防にもなる!

健康関連
◆ふくらはぎのマッサージ長時間のデスクワークや立ち仕事で足はもうパンパン!そんな方のために、ふくらはぎのセルフマッサージがとても効果的です。ぜひ、足の疲れにふ…

記事を読む

健康で長生き!身近な17の食材を食べて長寿めざしましょう!

健康関連
健康で長生き!これは誰しもが望むもの!  最近では健康寿命という言葉をよく耳にしますよね。  健康寿命とは、日常生活を健康上の問題がない状態で送れる期間のこと…

記事を読む

脳梗塞後遺症に効くツボ「風池」!風池は頭痛・肩こり・眼精疲労・自律神経症状などにも効くまさに神ツボ!

健康関連
脳梗塞の後遺症は、色々な種類がありますが日常生活に支障をきたしてしまうものが多く、脳性麻痺・言語障害・認知症があります。そんな後遺症に効くとされている「風池」…

記事を読む

食道がんになりやすい人ってどんな人?知っておきたい食道がんについて!

健康関連
日本では1年間に食道がんでおよそ1万人が亡くなっています。食道がんはがんの中でも治療困難ながんの一つといわれています。食道がんではリンパ節転移が多くみられ、がん…

記事を読む

50代でも筋肉を発達させて引き締まった体になれる!?意外と知られていない高齢者の正しい食事法とは!?



486625002.jpg




年齢が高くなるとだんだん皮膚は垂れてきて、締まりのない体型になってしまいます。運動も何もしないでいると尚更です。


そんなの絶対に嫌ですよね!いつまでも若々しくありたいと思いませんか!


そこで今回は、それにはどうすればいいのか!どのような食事を摂ればいいのか!についてわかりやすく解説されている『北島達也さん』の動画をご紹介させていただきます。


ちなみに動画の中で、出てくる言葉

バルクアップとは単に体重を増やすことではなく、筋肉を発達させて体を大きくしていくことです。


ワークアウトとは、アメリカでは、体を動かしたり、鍛えたりすることを「ワークアウト」と言うそうです。





50代になると、ホルモン分泌が落ちるだろうし、高齢になるとバルクアップしにくいんでしょうか?


男性ホルモンのピークっていうのは、40代ぐらいなんですよね。ですから50になると若干落ちるかもしれないですけど、結構でもピークから外れていないので、50代はまだまだ筋肉は付きやすい状態なんですよね。


実際に私が教えてるクライアントさんたちも、50代の人はかなり伸びてますね。あともう一つ気をつけて欲しいのはですね、タンパク質と動物性脂肪の摂取量の必要性ですね。


どれくらい必要かというと、実は年齢とともに増えていくんですよ。よく年を取るとさっぱりしたものを食べなきゃいけないとか、むかし言われてたじゃないですか。


でも今はちゃんと動物性脂肪を摂って、ちゃんとホルモンの材料を作って、動物性脂肪っていうのは、ホルモンの材料とか細胞壁を作る、細胞のまわりを作る素材になるわけですよね。


ですからすごい大切なんですけど、ホルモンレベルが下がってくると、それがどうしても必要になってくるんですよね。


成長ホルモンとかが20代がピークだったり、10代から20代前半ぐらいまでがピークで、そのへんから落ちてくるので、もっと栄養をたくさん摂らなきゃいけないということで、タンパク質と動物性脂肪は30代よりも40代、40代よりも50代、50代よりも60代、60代よりも70代、80代、90代とずっと年齢が上がるにつれて必要量が増えてくるんですよね。


ですから50代になって筋肉がつかない人っていうのはですね、もしかしたら動物性脂肪とか動物性タンパク質が足りてないっていう可能性は結構ありますよね。


若い時より多く摂らないといけないんです、実は肉とかを。それはまあでも糖質を制限してないといけないんですけどね。糖質を同時に摂ってると弊害が出てしまうので、糖質を食べないようにして肉と脂をたくさん摂るってことですね。


そうすると、ある程度の年齢に行って、もちろん糖質を摂っていたとしても、肉と脂はたくさん摂んなきゃいけないですね。


今までは、年をとったら肉と脂は食べちゃいけないというのが、日本の方針でしたから、ですから60%も炭水化物を食べなきゃいけないとか言ってましたから、60%という基準自体がそもそも何十年間むかしに、日本人が平均で摂ってる糖質の量を勝手にそれが良いだろうと言ってるだけで、科学的根拠は全くないんですよね。


ですから、完全糖質制限のダイエットをしていない人でも、ほんと糖質の総耐容というのは、全食事の30%位に抑えるのが一番いいと思うんですよね。


もちろん痩せたければ、それよりも落としていくというのも効果は絶大ですけども、まぁ30%以内には抑えたいところですよね。


しっかりとタンパク質と脂をたくさん摂ってあげることによって、年齢がいっても筋肉がつく、あとはワークアウトの方法としてはですね、多少重さをどんどん上げていくよりも、丁寧にウェイトを扱って速さとか筋肉を収縮するかため方でしっかりと筋肉をぎゅっと早く収縮させてあげることが大事ですね。


関節が弱くなっていくので、その関節に負担がかからないような、ですから凄い太くなってきて力がついてきたボディビルダーも、結局重さに走るよりも筋肉をぎゅっと早く収縮させたりとかして、軽い重さを重い重さとしてストレスを与えられるような、重力に逆らった動きをする訳なんですけれども、それがある程度年齢をいった人にもそっちの方が実は効果は高いってことになりますね。


やっぱり怪我を防いで、でも筋肉にはちゃんとストレスを与えられているので、しかもゆっくり上げるって勘違いする、軽い重量をゆっくり上げるって勘違いする人いますけど、そうではなくて軽い重量を早く収縮してガチって自分で固める感じですよね。


しっかり攻撃的なやり方をして、動物性たんぱくと動物性脂肪をしっかり摂ってあげて、炭水化物はそこそこに抑えといてもらうって感じですね、そうすることによって年齢が高くなっても効果は出やすくなりますので。


軽い重量を扱って重さを速く強くすることによって、扱う重量を変えてもらうということですね。刺激は強く入れなきゃダメですけど。


食事に関しては、タンパク質と脂肪分をどんどん増やさなきゃいけないんですよ。ここが一番たぶん間違ったポイントだと思うんですよね。年齢とともにさっぱりしたものを食べて、野菜と炭水化物をいっぱい食べなきゃいけないんじゃないかと思っている人がどんどん筋肉が落ちちゃうんですよね。


ですから必要量が増えてるんですから若い頃よりもタンパク質と脂肪量をいっぱい摂って、それでワークアウトしてあげることによって、ある程度の年齢にいっても筋肉はドンドンドンドン発達し続けていきます。



   


出典動画:【THE WORK OUT】北島達也 公式Youtubeチャンネル

『高齢者になってもバルクアップ出来るのか?意外と知られていない高齢者の正しい食事について』





 カテゴリ
 タグ

ふくらはぎのセルフマッサージ!血行が良くなり高血圧や動脈硬化などの予防にもなる!



◆ふくらはぎのマッサージ


長時間のデスクワークや立ち仕事で足はもうパンパン!そんな方のために、ふくらはぎのセルフマッサージがとても効果的です。


ぜひ、足の疲れにふくらはぎのセルフマッサージをオススメします。血行も良くなりとても暖かくなりますよ。


ということで今回は、ふくらはぎのツボ押し効果についてまとめられている『ドクターメドマー』さんの記事とふくらはぎのマッサージの動画を合わせてご紹介させていただきます。



  

ふくらはぎ


ふくらはぎ周辺には自律神経の働きを整えるツボがあり、足マッサージやツボ刺激で温めることにより免疫力を高める効果があります。


また、ふくらはぎのツボは押すと痛みを感じることが多くむくみや腰痛など身体の不調がある証拠です。


a164.png.pagespeed.ce.Hksm1h3jxX.png


委中(いちゅう)

膝の裏側のへこんだところにあるツボ。でここを押えて痛い場合は、腰痛・坐骨神経痛・むくみなどのトラブルを招いていることが多い。



承筋(しょうきん)

ふくらはぎの太い部分の中央にあるつぼで、足の疲れやふくらはぎにむくみがあると痛みを感じます。



承山(しょうざん)

ひざ裏と足首のちょうど真ん中に位置するツボで、腰痛やぎっくり腰が起こる前にパンパンに張ることがあり、ふくらはぎにむくみがあると痛みがあります。



承間(しょうかん)

承筋と承山の中央にあるつぼで、ふくらはぎのむくみにより痛みがあります。



崑崙(こんろん)

むくみ、腰痛、坐骨神経痛、ヘルニアなどのほか、鼻水や鼻づまりを解消する足ツボとして有名です。後鼻漏や副鼻腔炎(蓄膿症)、アレルギー性鼻炎・花粉症の鼻づまり解消、タラタラと流れる鼻水を止めるのに効果的です。外くるぶしとアキレス腱の中間にある。くぼんでいるところ。




足・ふくらはぎのつぼ押しが様々な効用をもたらす


足のふくらはぎのツボ押し・マッサージは近年多くの専門家や整体・医療関係の現場でその効用についての研究が進み注目されています。


「第二の心臓」といわれるふくらはぎを温めることで、筋肉のポンプ作用を促し「足のむくみ」を解消するほかにも、血液やリンパの流れを改善し、血液循環が促進することで代謝機能がアップし、全身が温められ冷え症を改善します。


また、新陳代謝が活発になると、皮膚のターンオーバーが促進されることで肌をいつまでも若々しく保ち続けられますし、基礎代謝がアップすると、エネルギー消費量が増え、余分な脂肪の蓄積を抑え、肥満やダイエット、美肌効果も期待できます。


足・ふくらはぎのつぼ押し等で温められ血液循環が促進されると、高血圧や動脈硬化予防、脳梗塞、心筋梗塞などの循環器系疾患の発症リスクを軽減し、脳への神経伝達がスムーズになる事でボケ防止・認知症予防につながるといわれています。


また、体内の疲労物質や老廃物の排泄が促進し、筋肉の痛みやコリを和らげるため、腰痛や肩こりの改善・ぎっくり腰・ヘルニアといった症状の改善が期待できます。



引用先:ドクターメドマーさん



 
 
出典動画:「医療」と「健康」の運動指導者チャンネル
 
「【血行促進】ふくらはぎのセルフマッサージ」
 




健康で長生き!身近な17の食材を食べて長寿めざしましょう!



http---i.huffpost.com-gen-3365086-images-n-BERRY-628x314.jpg




健康で長生き!これは誰しもが望むもの!
 
 
最近では健康寿命という言葉をよく耳にしますよね。
 
 
健康寿命とは、日常生活を健康上の問題がない状態で送れる期間のことです。 平均寿命と健康寿命の間には、男性で約9年、女性で約13年の差があるそうです。
 
 
誰もが最後まで、健康でいきいきとした生活を送りたいと思っています。
 
 
健康でいるためには、バランスのとれた食事・運動・睡眠などありますが、今回ご紹介するのは食についてです。
 
 
数ある食材の中から、どんなものを食べればいいのかについてわかりやすく解説されている『Urahoro Hope』さんの動画をご紹介させていただきます。
 
 
 

 
数ある食材の中から、長生きするのに特に大切なものをリストアップしました。
 
 
手に入れやすいものを挙げてあります。
 
 
この中であなたは普段どれくらい食べているでしょうか?
 
 
 
1.ダークチョコレート
 
素晴らしいニュースから始めましょう。
 
 
ダークチョコレートには、フラボノイドと抗酸化物質が含まれていて、どちらも炎症を抑え、血栓防止する効果があります。
 
 
研究によりますと、炎症は、加齢や加齢性疾患と関わりがあり、抗炎症作用のある食品は、長寿の鍵となります。
 
 
 
2.ブロッコリー
 
ブロッコリーなどのアブラナ科の野菜は、スルフォラファンなどの、がんを予防する化学物質を含んでいます。
 
 
ある研究では、ブロッコリーを食べる人は、食事に(ブロッコリーを)含まない人よりも長生きすることが発見されました。
 
 
 
3.ナッツ類
 
最新の研究では、毎日ひと握りのナッツ類を食べることには寿命を延ばす効果があるといいます。
 
 
とくに、ナッツ類を食べる人は、糖尿病やがんのような、命に関わる病気で死亡するリスクが低くなることがわかっています。
 
 
 
4.ビート
 
根菜のビートは、ビタミンなどの化合物を豊富に含んでおり、それらは抗炎症作用があります。
 
 
 
5.トマト
 
このジューシーな野菜は、人の健康に大きく関わってきました。アメリカ人はたくさんのトマトや、トマト製品を食べますが、それは良いことです。
 
 
トマトは、一部のがんや心血管症疾患、骨粗鬆症などにかかるリスクを低減することがわかっています。トマトはビタミンCが多く含まれ、リコピンと呼ばれる抗酸化物質を豊富に含んでいます。
 
 
 
6.ベリー
 
甘いイチゴやブルーベリーは、豊富な抗酸化物質が含まれており、老化防止に役立ちます。
 
 
とりわけベリーは、脳機能と筋肉維持をサポートする抗酸化物質アントシアニンを含んでいます。
 
 
 
7.オリーブオイル
 
地中海の食材は、主役のオリーブオイルが、世界で最も健康的な食事法の一つとして脚光を浴びてきました。
 
 
オリーブオイルの脂質は、加齢による認知機能の低下を防ぐ効果があるといいます。
 
 
 
8.サーモン
 
サーモンはどう食べても、寿司でもベーグルの具にはさんでも、オメガ3脂肪酸を豊富に含んでいます。
 
 
これらは、認知機能の低下を予防し、炎症を抑える効果があります。
 
 
 
9.クランベリー
 
タルトを食べるときは、クランベリーが乗っているものを選びましょう。
 
 
ベリーは健康寿命を支える抗酸化物質を含みます。そしてさらには、ある研究では、オレガノとクランベリーを混ぜたものが、ショウジョウバエの寿命を延ばすことが発見されました。
 
 
研究グループは、その植物の混合物が人間に対しても同様の効果を持ち、加齢性疾患を避けるのに役立つと述べています。
 
 
 
10.辛い食べもの
 
もしあなたが辛いものが好きなら、かなり長い間、スパイスの効いた人生を楽しめるかもしれません。
 
 
最近発表された中国の研究では、コショウなど辛い食材を食べる人たちは、早死にする可能性が低かったといいます。
 
 
同研究グループは、辛いものを食べる人は、がんや心疾患で死亡するリスクが低いことも発見しました。
 
 
 
11.緑茶
 
コーヒーをお茶に替える必要はありませんが、日々の飲みものに、緑茶を加えると良いです。カテキンを含む緑茶や紅茶は、あなたの心臓を守る作用があります。
 
 
ある日本の研究では、緑茶を大量に飲む人、または1日に最低500ml程度を飲む人は、心臓疾患や心臓発作のリスクが低く、より長生きする傾向があるといいます。
 
 
 
12.ニンニク
 
ニンニクは、風味のあるどんな食事も、より良いものにするものですが、それをそこに添えてもなお良いです。
 
 
ニンニクを食べることには寿命を延ばす潜在力があります。ニンニクには抗酸化物質が詰め込まれていて、血圧の調整に役立つと考えられています。
 
 
 
13.ホウレンソウ
 
最近の研究で、豊富なビタミンKを含むホウレンソウ(青菜)を食べることは、加齢による認知機能の低下を防止する効果があるといわれています。
 
 
 
14.アボカド
 
アボカド・トーストを食べましょう。
 
 
その素晴らしいフルーツはストレスを低減する効果があり、抗酸化作用のあるビタミンEも多く含まれています。
 
 
 
15.リンゴ
 
リンゴは、抗酸化物質を豊富に含む素晴らしい食品です。
 
 
リンゴの栄養をちゃんと摂取するために、必ず皮を食べるようにしてください。そこには多くの栄養素が含まれています。
 
 
リンゴは食物繊維を含み、消化器官の健康維持や心臓疾患の防止の効果があると言われています。
 
 
 
16.アスパラガズ
 
アスパラガスの茎は、”抗酸化物質の母”と言われるグルタチオンを豊富に含みます。それは心臓疾患や認知症、肝臓の保護やガンのリスクを低減します。
 
 
また、アスパラガスに含まれる葉酸は、認知機能を支える効果があり健康な脳づくりをサポートします。
 
 
 
17.キムチ
 
キムチやサワークラウト、ヨーグルトなどの発酵食品に含まれる善玉菌は、不安や憂鬱などの症状を制御する効果があることがわかっています。
 
 
さらに良いことに、ほとんどのキムチにはニンニクが含まれるため、その強力な抗酸化物質も一緒に摂ることができます。
 
 
ある研究では、キムチに含まれる善玉菌のひとつ、乳酸菌が結腸がん防止に役立つと発表しています。
 
 
   
 
 
出典動画:Urahoro Hope
 
『長生きしたければ、この17の食材を食べましょう。科学が証明』
 

 
 
 
 
 カテゴリ

脳梗塞後遺症に効くツボ「風池」!風池は頭痛・肩こり・眼精疲労・自律神経症状などにも効くまさに神ツボ!



IMG_0582.jpg




脳梗塞の後遺症は、色々な種類がありますが日常生活に支障をきたしてしまうものが多く、脳性麻痺・言語障害・認知症があります。


そんな後遺症に効くとされている「風池」というツボをご存知ですか?


それだけじゃなくて、頭痛や肩こり・腰痛・眼精疲労・認知症状・自律神経症状などに効果があり、「神ツボ」とまで言われているそうです。


ということで、今回は脳梗塞後遺症などに効くツボ「風池」ついてわかりやすくまとめられている『リタジネン森の学校』さんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。



 

脳梗塞後遺症に効くツボ「風池」


風池(ふうち)足の少陽胆経20番目のツボです。


足の少陽胆経には良いツボがたくさんありますが、風池はその中でも使用頻度の高いツボ、神ツボと言っても過言ではありません。




【風池ツボの見つけ方】


乳様突起と風府ツボの中間に位置します。


乳様突起は頭蓋骨後方でキバの様につきだした骨の部分、風府ツボは首を後屈した際にできるくぼみの陥凹部です。




【中風=脳卒中後遺症】


風池ツボは古来より中風七穴(ちゅうふうななけつ)の一つとされています。


中風とは脳卒中後遺症の旧称です。三重の祖父母は「ちゅうぶ」と言ってた記憶があります。


風池の深部には、椎骨動脈が走行している為、風池のツボ刺激で脳血流の流れを活性化(適正化)し、脳梗塞や脳出血後の症状改善をはかります。



【風池ツボの効能】


脳卒中の他にも

肩こり
首こり
頭痛
腰痛
眼精疲労
頸椎症
認知症状
自律神経症状など

様々な症状に用います。


重要なツボまさに神ツボです。




【脳梗塞、発症前のセルフケアこそ重要】


脳梗塞後遺症、脳卒中後遺症、運動やストレッチ、マッサージでリハビリ効果が高まりますが、不可逆性の後遺症も残存する場合がほとんどです。


「まさか私が」「健康で病院に行った事もなかったのに」発症後にそう仰る方も多いのが脳梗塞の怖い所です。



出来るなら発症前に防ぐ方法は?


やはり日頃からのセルフケアが重要です。

@ストレス
A運動
B食事

この3つは脳梗塞に限らず万病を防ぐ為に重要です。再発を防ぐ為にも大事です。



ツボ指圧はあくまでも@のストレス緩和や血流改善に効果的であり、根本の治療ではありません。


そもそものストレスの原因の除去、定期的な運動、日々の食習慣の改善こそ重要です。



出典:「リタジネン森の学校」さん

 

 
 
出典動画:リタジネン式 ツボ指圧
 
「脳梗塞後遺症に効くツボ「風池」」
 




食道がんになりやすい人ってどんな人?知っておきたい食道がんについて!



esophageal_cancer.jpg




日本では1年間に食道がんでおよそ1万人が亡くなっています。食道がんはがんの中でも治療困難ながんの一つといわれています。


食道がんではリンパ節転移が多くみられ、がんはまず食道の近くのリンパ節に転移し、その後全身のリンパ節に転移する恐ろしい病気です。


そこで今回は、食道がんについての内容と吉田たかよし先生の動画を合わせてご紹介させていただきます。



 

リスク77倍!食道がん なる人・ならない人



日本人がなりやすく、毎年1万人以上が亡くなっている「食道がん」。リンパ管が近いためにがんが小さいうちから転移してしまう恐ろしいがんだ。


健康診断や人間ドックを毎年受けているから大丈夫、と思ったら大間違い!食道がんはX線検査や内視鏡の検査でさえも早期の段階で発見することは難しく、「進行がん」で見つかるケースが多いのだ。


しかも、飲酒をする習慣のある人は、リスクが急上昇することもわかってきた。アルコールが体内で分解され発がん物質であるアセトアルデヒドが大量に作り出されてしまうためだ。


特に飲酒すると顔が赤くなる、もしくは飲み始めた頃に赤くなった人は要注意。毎日3合(日本酒換算)飲むとなんとリスクが77倍にも跳ね上がってしまう!


食道がんになる人、ならない人の分かれ道を探り、予防法から最新対策まで大公開する。




健診でも見抜けない?


食道がんの大きな特徴は、「転移」の早さ。食道がんは、内壁が薄くリンパ管までの距離が近いため、がんがまだ小さいうちに他の器官に転移しやすいのだ。


さらに、早期の食道がんは凹凸が少ないため、造影剤がひっかかりにくく、X線検査では非常に見つけにくい。


また内視鏡でも、もともと小さくわかりにくい上に健康診断など集団検診では多くが胃を中心に見るため、きちんと見てもらえない場合が多い。


健康診断やがん検診に潜む、思いがけない落とし穴を徹底検証!




発見!ある凍るような事実


酒を飲む習慣がある人は「食道がん」になるリスクが高まることがわかってきている。アルコールが体内に吸収されると肝臓にある酵素の働きで分解される。


すると発がん物質であるアセトアルデヒドが大量に作り出されてしまう。そこで私たちの体にはアセトアルデヒドを分解する別の酵素が配備されているのだが、なぜか食道ではその酵素がほとんど働かない。


その結果、食道は大量の発がん物質にさらされ続け、がんができてしまうのだ。特に酒を飲むと顔が赤くなる人、あるいは初めて飲んだ頃に赤くなった人は注意が必要。


酵素が1/16しか働かないため、リスクが急上昇するのだ。毎日3合飲んだ場合ではなんとリスクが77倍にもなってしまう。そして日本人の実に4割が顔が赤くなるタイプなのだ。




登場!早期発見の切り札


怖い食道がんも、早期発見できれば治療の際の負担も軽い。最新の内視鏡では特殊な青い光を使って、がん細胞の中の血管をはっきりと見て取り、早期がんを見つけることができる。


さらに、多くの施設で行われているのが内視鏡検査のときにヨード液を使う方法。ヨード液を食道に吹き付けると、食道のグリコーゲンと反応して茶色に染まるが、がん細胞はグリコーゲンをすでに消費してしまっているため、色がつかずピンク色になる。


見つけにくい早期がんでもくっきりと浮かび上がる。早期で見つかれば、あとは簡単に切除できる。





出典動画:吉田たかよし先生

「食道癌が飲酒で89倍」





Copyright © 健康シェア広場 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます