健康関連のカテゴリ記事一覧

毎日心と体が健康でハッピーでより良い人生を送るために役立つ情報を発信しています。

カテゴリ:健康関連

健康関連のカテゴリ記事一覧。毎日心と体が健康でハッピーでより良い人生を送るために役立つ情報を発信しています。
たった30秒で腹筋運動100回分に相当するフリパラツイスト!ウエスト・二の腕・背中を引き締めてくれる!

健康関連
のんびり過ごすお正月、食べ過ぎて太っちゃったという方多いんじゃないでしょうか!私も2kg太ってしまいました。  特に冬場は余分な脂肪を着込んでしまうものです。着…

記事を読む

知っておきたい脳のこと!脳に良いこと悪いこと8選!

健康関連
脳はとても大切な器官であると知っていますが、普段脳のことを何か気にかけて生活をしている人はそうそういませんよね。  実は私たちが何気なく行っている行為の中にも…

記事を読む

ガムを呑み込んだらどうなるの?体の中では何が起こっているの?

健康関連
ガムを呑み込んでしまった!  小さい頃、何も気にせずにガムを飲み込んでしまったことはないですか?親からは、ガムは飲み込まないようにと教えられてきました。  で…

記事を読む

腸内環境の改善によって得られる効果は絶大!腸内環境を良くし見た目も輝く磨き方12選

健康関連
腸は”第二の脳”とも言われています。それほど重要な臓器で、実に様々な働きをしていて、腸が美と健康に大きく関わっているそうです。  ということは腸内環境が良けれ…

記事を読む

人参りんごジュースの驚くべき健康効果について!免疫力向上・強い抗酸化力・腸内環境を整える効果・アトピーにも効果がある!

健康関連
以前、肝臓ガンの宣告を受けて、13ケ月で肝臓ガンが消えてしまった、ムラキテルミさんのお話をご紹介させていただきましたが、その時に人参りんごジュースについてお話…

記事を読む

たった30秒で腹筋運動100回分に相当するフリパラツイスト!ウエスト・二の腕・背中を引き締めてくれる!



maxresdefault.jpg




のんびり過ごすお正月、食べ過ぎて太っちゃったという方多いんじゃないでしょうか!私も2kg太ってしまいました。
 
 
特に冬場は余分な脂肪を着込んでしまうものです。着込んでしまった脂肪をシェアイプアップしませんか!
 
 
たった30秒で腹筋運動100回分に相当するエクササイズを知っていますか?
 
 
今回は、腰を振るだけで、簡単にウエスト・二の腕・背中の引き締め、一度に効果が見込める、今メディアで話題のエクササイズを生み出したカリスマパーソナルトレーナー、高橋義人さんのフリパラツイストをご紹介させていただきます。
 
 
 

 
フリパラツイストとは?
 
 
腰をひねることで脂肪燃焼を促すダイエットエクササイズです。ハードな運動でもなく食事制限もなく30秒で簡単にできるエクササイズ!
 
 
ポイント1
両足のかかとをくっつけ、つま先を90度に開く
 
 
ポイント2
両手の親指と人差し指でL字を作る
 
 
ポイント3
そのまま両手を真横に伸ばす
 
 
ポイント4
腕を横に広げたまま、上半身を動かさずに腰を左右に振る
 
 
ポイント5
お尻が出っ尻にならないようにキープ
 
 
*1日30秒を3セットするといいそうですよ!
 
 
 
この簡単な動きを30秒行っただけで、女性が気にするウエスト周り・二の腕・背中に効果が期待できるそうです。(個人差はあるそうです)
 
 
特徴は、乳び槽という、おへその上にあるリンパ管の袋で下半身の70%のリンパ液が乳び槽というところに集まってくる、ここの中心をねじることによって、リンパの流れが送り出しが良くなっていくそうです。
 
 
手を上げる動作もあるので、褐色脂肪細胞という肩甲骨周りに熱を発散させる脂肪細胞があり、これが筋肉の80倍以上の熱量を出すので、手を一緒に振ることによって30秒でだいたい腹筋100回分以上の熱量を出すと言われているそうです。
 
 
 
画像:VOCEchannelさん
 
 

 
 
私も試してみましたが、これは効果がありそうですよ!
 
 
ぜひ、VOCEchannelさん動画を見ながらやってみてください。ハードな運動は苦手な方にはピッタリだと思います。
 
 
  
出典動画:VOCEchannelさん
 
『【今話題の簡単ダイエット!】フリパラでたった30秒でやせる!』
 

  
 
 
 

知っておきたい脳のこと!脳に良いこと悪いこと8選!



maxresdefault.jpg




脳はとても大切な器官であると知っていますが、普段脳のことを何か気にかけて生活をしている人はそうそういませんよね。
 
 
実は私たちが何気なく行っている行為の中にも、能力を低下させ、アルツハイマーや認知症を引き起こすこともあるそうです。
 
 
ということで今回は、そんな脳に良いこと悪いことを8つ『フェルミ研究所』さんの動画でご紹介させていただきます。
 
 
 

 
1.睡眠不足
 
 
徹夜明けや、睡眠不足の時に、授業や仕事の内容が頭に入ってこないという経験はありませんか?
 
 
カリフォルニア大学バークレー校の研究によると、睡眠不足が、神経細胞を25%減少させ、記憶力の悪化やアルツハイマー病の原因になることがわかりました。
 
 
また睡眠不足による脳の損傷は、一生残る可能性があることもわかっています。
 
 
徹夜で勉強している人には冷や汗ものの事実ですが、しっかり睡眠を取るだけで、脳力を向上させることもわかっています。
 
 
若気の至りである徹夜ですが、若いからこそ避けるべきなのかもしれませんね。
 
 
 
 
2.妊娠によって脳の構造が変化する
 
 
妊娠すると別人になるとよく聞きますがあれは本当かもしれません。
 
 
25人の女性を対象に研究した結果、妊娠すると脳の構造が変化し、それが少なくとも2年間持続することがわかっています。
 
 
変化する部分は、社会的認知や問題解決等を司る部分で、脳の灰白質が減ることで、子供が必要としているものを理解したり、外部からの危険を察知する能力が向上するなど、女性が母親になるための準備を行っていると考えられています。
 
 
 
 
3.慢性的なストレスは脳を破壊する
 
 
ストレスは体に悪いとよく聞きますが、脳にも悪いことがわかっています。
 
 
たまにストレスを感じるくらいでしたら、何の問題もありませんが、慢性的なストレスは、脳細胞を破壊し、記憶力、学習脳力、自制心(暴飲暴食など..)の低下をもたらします。
 
 
こうした日々のストレスが、海馬を損傷させてうつ病を発症する原因になることもあるので、たまには、リラックスできる時間を作ることも大切です。
 
 
 
 
4.読書は脳に良い
 
 
読書は、脳の集中力や認識力を司る部位の血流を良くし、脳の認識脳力を強化することが証明されています。
 
 
注目すべきは、この現象は、テレビを見ている時やゲームをしている時には起こらないということです。
 
 
本を読むことは、脳に良さそうなイメージがありますが、本当に脳に良いことだったんですね。
 
 
 
 
5.愛と憎しみには多くの共通点がある
 
 
イギリスの科学者によって、愛と憎しみが脳の同じような部位(腹側被蓋野)を活性化させることがわかっています。
 
 
まさに表裏一体の感情ともいえる、愛と憎しみですが、憎しみとは違い、愛は、判断力や論理的思考を司る部位の活動を著しく低下させることがわかっています。
 
 
なるほど、これで多くのことに説明がつきますね。
 
 
 
 
6.脳は脱水症状に敏感
 
 
人間の脳の80%近くは水分でできています。
 
 
したがって、わずかに(約2%)水分が失われただけでも、集中力と警戒力が弱まり、短期記憶力の悪化や、その他の認識能力の低下につながります。
 
 
小まめに水を取ることは、体だけではなく脳にも良いことなのです。
 
 
 
 
7.糖の摂りすぎは学習能力を低下させる
 
 
「脳の働きを良くしたいから、甘いものを食べる」という人もいますが、糖の摂りずぎは、シナプスを抑制し、学習能力や記憶力、集中力を低下させることがわかっています。
 
 
逆に、脂肪分の多い魚やナッツ、魚油等のオメガ3脂肪酸を含んだ食品には、糖の摂りすぎで生じた不調を取り除く効果があります。
 
 
スタバで、勉強する際には、是非なんとかフラペチーノと一緒に、小魚も一緒に食べてみてはいかがでしょうか?
 
 
 
 
8.絵を描くことで脳の働きが改善する
 
 
ある研究により、絵を描くことや、企画、アイデアを練るなど、何らかの創作活動を行うことは、脳の老化速度を遅らせて能力をアップさせることがわかっています。
 
 
研究者チームは、62歳から70歳の被験者を集め、被験者の半数には歴史の授業を、残りの半数には、絵画の授業を受けさせたところ、絵画の授業を受けたグループは、歴史のグループよりも脳が活性化して、能力がアップしました。
 
 
 
出典(画像):フェルミ研究所さん
 
 
 
 
 
認知症の国内患者数は2012年の推計値で、462万人、2025年には約700万人に到達すると予想されているそうです。
 
 
脳のことを、少しでも意識してあげることが大切!脳について知る為にも、是非見ていただきたい動画です。
 
 
 
出典動画:フェルミ研究所さん
 
『【衝撃】脳に良いこと悪いこと8選』
 

 
 
 
 
 カテゴリ
 タグ

ガムを呑み込んだらどうなるの?体の中では何が起こっているの?



maxresdefault.jpg




ガムを呑み込んでしまった!
 
 
小さい頃、何も気にせずにガムを飲み込んでしまったことはないですか?親からは、ガムは飲み込まないようにと教えられてきました。
 
 
でも、それは本当なのでしょうか?
 
 
今回は、そんなガムを飲み込んだらどうなるのか?をわかりやすく解説されている『フェルミ研究所』さんの動画をご紹介させていただきます。
 
 
 

 
 
ガムは口に入れた時点ですでに異物!?
 
 
私たちが普段食べ物を噛んでいると、唾液がでてきますよね。
 
 
唾液の中には、酵素が含まれており、咀嚼するのに合わせて、食べ物を分解しようとします。
 
 
その後、食べ物を飲み込むと、胃の中のタンパク質と酵素が、さらに細かく食べ物を分解し、必要な栄養素だけが腸で吸収され、必要ないと判断されたものは、排泄されます。
 
 
しかし、ガムはどれだけ噛んで唾液を含ませても分解されません。
 
 
ガムは、口に入れた時点で、すでに異物なのです。
 
 
 
 
そもそもガムは何でできているのでしょうか?
 
 
ガムの原料は、サポジラという木の樹液から取ったチクルという、天然樹脂が使われています。
 
 
まぁこれは少し昔の話で現代のチューインガムには、チクルの特徴を持ったプラスチックの仲間である「酢酸ビニル樹脂」が使われています。
 
 
この酢酸ビニル樹脂を元に、ガムベースを作りそこに甘味料と香料を加えると、私たちのよく知っているチューイングガムができるのです。
 
 
 
 
したがってガムを呑み込むということは...?
 
 
プラスチックのようなもの(酢酸ビニル樹脂)を飲み込んでいることになります。そう聞くと体に悪そうですよね。
 
 
さて、このプラスチックもどきのガムを飲み込むと、私たちの体は、それを排出しようと働きます。
 
 
 
 
筋肉の収縮によって、飲み込まれた食べ物は...?
 
 
*続きは動画をご覧になってください!
 
 
出典(画像):フェルミ研究所さん
 
 
 
 
 
ガムを呑み込んだ方はいらっしゃると思いますが、先日私も呑み込むつもりはなかったのですが、ついつい無意識に呑み込んでしまったのです。
 
 
その時、『大丈夫かな?』と思ってしまいました。
 
 
私のように、ガムを呑み込んでちょっと心配になられた方はいらっしゃると思います。
 
 
ガムを呑み込んだ時、どうなるのか?このことを知っていたら安心ですよね!ぜひ見ていただきたい動画です。
 
 

出典動画:フェルミ研究所さん
 
『【衝撃】ガムを呑み込んだらどうなるのか?』
 

 
 
 
 
 カテゴリ
 タグ

腸内環境の改善によって得られる効果は絶大!腸内環境を良くし見た目も輝く磨き方12選



img_enteric_cont11.jpg




腸は”第二の脳”とも言われています。それほど重要な臓器で、実に様々な働きをしていて、腸が美と健康に大きく関わっているそうです。
 
 
ということは腸内環境が良ければ、お肌の調子も良く見た目も良い印象を与えるということですよね。
 
 
健康で若々しく輝やいていられるかは、腸内環境次第!腸内環境を整えることがアンチエイジングにつながります。
 
 
そこで今回は、腸内環境を良くし見た目も輝く磨き方について、わかりやすく解説されている『雑学魂』さんの動画をご紹介させていただきます。
 
 
私も体の内側から輝くために、できることからやっていきたいと思います。
 
 
 

 
見た目の磨き方12選!

 
 
『メラビアンの法則』とご存知だろうか?
 
 
人物の第一印象は初めて会った時の3〜5秒で決まり、またその情報のほとんどを「視覚情報」から得ていると言う概念です。
 
 
どうも体調がすぐれない。よく肌荒れして肌質も良くない。いつもだるく疲れやすい。こんな経験ありませんか?
 
 
肌の調子が悪いと人からの見た目も当然良くありません。「皮膚は内臓の鏡」と東洋医学では言われ、皮膚と大腸は密接な関係があると考えられています。
 
 
であれば、腸内環境を改善すれば皮膚(見た目)が良くなっていく可能性が高いのです。
 
 
そこで今回は、見た目の磨き方として腸内環境を改善していく方法を12個ご紹介します。
 
 
 
 
1.プチ断食
 
 
まずはボロボロになっている腸内環境をマイナス→0に戻す作業が必要です。
 
 
マイナスの状態のときに腸にいいと言われているものを摂っても、ボロボロになった腸壁から必要以上のものを吸収してしまうため逆効果になってしまう可能性が高いのです。
 
 
食物繊維とか乳酸菌とかもこの時点では更にダメージを与えてしまうだけかもしれません。最初はプチ断食を利用して少しずつ腸を休めて修復させる作業からスタートというわけです。
 
 
プチ断食は朝食を抜いて空腹時間を毎日16〜18時間作るだけなので比較的ラクです。
 
 
断食した方がもっと回復が早いんでしょうが、その後ドカ食いしてしまうとまた腸に負担がかかって逆効果ですからプチ断食でゆっくりいきましょう。
 
 
プチ断食単体だけでも肌への影響は結構あるので、最初に取り入れてみてください。
 
 
 
 
2.乳酸菌
 
 
チーズ、ヨーグルト、キムチなどの乳酸菌が含まれている食べ物を摂ってみましょう。
 
 
1種類で2週間ほどは続けて食べないといけないらしいので面倒な時は乳酸菌のサプリに頼るといいですね。
 
 
 
 
3.食物繊維を増やす
 
 
野菜とかきのこ類などで食物繊維の摂取量を増やしましょう。現代は野菜を食べる量が断然不足しているんですよね。
 
 
と言っても野菜ばかり大量に食べるのはきついのでバナナに含まれているオリゴ糖やガラクトオリゴ糖も摂取すると良いでしょう。
 
 
オリゴ糖も食物繊維の一種なので腸内でしっかり働いてくれます。
 
 
 
 
4.ジャンクフードはやめる
 
 
完全に止めなくてもいいが今の半分以下にする努力はしましょう。できれば多くて週1回とか月1回ぐらいまで減らしていけるといいですね。
 
 
慣れれば食べないのが当たり前となるので、少しずつでも減らしていってください。
 
 
今週5日ハンバーガー食べてるのを週4日にして、他の日は健康的な食事を摂るようにするだけでも少し現状は良くなっていきます。
 
 
半年ぐらいかけてゆっくり減らしていくことで、ストレスも少なく気持ちがリバウンドしてまた毎日ジャンクフードを食べてしまうのを防ぐことができますよ。
 
 
ただジャンクフードを頻繁に食べてる人で肌が綺麗な人はいないということは知っておきましょう。
 
 
人によってはジャンクフードを食べてもあまり肌質に変化がないという人もいますがやはり限界があります。
 
 
 
 
5.化学物質を減らす
 
 
アルコール、人工甘味料、添加物などはできる限り減らしていきます。つまり酒、お菓子、ジュースを減らすということですね。
 
 
ジャンクフードを食べるような場所ではジュースも飲むでしょうし、そもそもそれらには大量の添加物が含まれています。どんどん腸内環境は悪化してしまいます。
 
 
先ほども言ったようにまずはジャンクフードを減らしてみるのがいいと思います。そうすれば添加物の影響も減らすことができます。
 
 
 
 
6.抗生物質をやめる
 
 
クリニックで出された薬は勝手にやめてはいけませんが、ちょっと頭が痛いからと市販の頭痛薬を飲んだりするのは腸内細菌を消滅させてしまうのでやめましょう。
 
 
頻繁に頭痛や胃痛が出る人は、抗生物質に頼りっきりという人も多いので、気をつけた方がいいですね。
 
 
 
 
7.水はミネラルウォーターで
 
 
水道水は思っている以上に汚れているし、色々含まれています。
 
 
元より汚れが全てとれているわけではないし、塩素が含まれていたり通ってきた水道管についてたカビとかも多少入ってるんですよね。
 
 
日本の水道水は飲めるレベルでは綺麗だけどやはりミネラルウォーターにした方がいいでしょう。
 
 
ミネラルウォーターを買うのが面倒ならウォーターサーバーを使うのもありですね。
 
 
 
 
8.寝る
 
 
寝不足はものすごくストレスなため、腸内環境を悪化させてしまいます。
 
 
また腸内環境が悪化することで睡眠の質も下がるので、負のスパイラルに入り込まないように気をつけましょう。
 
 
寝不足

腸内環境悪化で睡眠の質低下

更に寝不足になったら
もとに戻すのが大変です。
 
 
 
 
9.部屋に観葉植物を置く
 
 
観葉植物が部屋内の化学物質を吸収してくれます。
 
 
8畳ぐらいの部屋ならひとつ置くだけでも十分な効果を得ることができるので、端っこの方にでも置いておくといいでしょう。
 
 
観葉植物は腸内環境の改善に役立つだけでなく、集中力を高めるのにも効果があるので、家で勉強や仕事をする場合にもオススメですね。
 
 
 
 
10.外出する
 
 
休みの日はとにかく外に出てみましょう。
 
 
建物の中にこもっていると腸内細菌が育たず、いい環境を作ることができないんですね。
 
 
外にはたくさんの菌がいてそれが腸内環境を整えてくれるため、アウトドアな趣味を作ってみるといいかもしれません。
 
 
平日は外のベンチで昼食を食べてみたり、仕事の休憩ついでに公園を散歩しに行くのでも効果があるので、「5分でも外行くか」って感じで気楽にいきましょう。
 
 
 
 
11.運動する
 
 
運動不足も腸内環境悪化につながるため、適度な運動をする習慣を付けてください。
 
 
1日10分のウォーキングでもOK。慣れてきたら20〜30分ぐらいまで時間を延ばすことで、運動による腸内環境改善は効率よく進みます。
 
 
 
 
12.ストレスはしっかり解消する
 
 
ストレスは腸内環境悪化の大きな原因になってしまいます。
 
 
休みの日にたくさん寝て遊んでと一気に解消するのではなく、毎日少しずつ解消していくのが大切ですね。
 
 
平日のストレス解消方法としては
 
軽い運動
 
読書
 
半身浴
 
寝る前のストレッチ
 
瞑想
 
がオススメです。
 
自分に合ったものをやってみましょう。
 
 
 
■まとめ
 
見た目の磨き方
腸内環境を改善していく方法12選
 
 
1.プチ断食
2.乳酸菌
3.食物繊維を増やす
4.ジャンクフードはやめる
5.化学物質を減らす
7.水はミネラルウォーターで
8.寝る
9.部屋に観葉植物を置く
10.外出する
11.運動する
12.ストレスはしっかり解消する
 
 
腸は脳と直接つながっているので、腸内環境の改善によって得られる効果は絶大です。
 
 
腸内環境の改善は1,2週間でパッとできるものではなく、ある程度時間がかかるので、できる限り早く気付いた時点から始めてみてください。
 
 
常にベストの自分を目指していきたいですね。
 
 
   
 
 
出典動画:雑学魂
 
『【衝撃】人は見た目が9割!驚愕、見た目の磨き方12選!今すぐできる、知ってよかった健康雑学【雑学魂】』
 

 
 
 
 
 カテゴリ

人参りんごジュースの驚くべき健康効果について!免疫力向上・強い抗酸化力・腸内環境を整える効果・アトピーにも効果がある!



Skin-Smoothing-Carrot-Apple-Ginger-Juice-GI-365-5.jpg




以前、肝臓ガンの宣告を受けて、13ケ月で肝臓ガンが消えてしまった、ムラキテルミさんのお話をご紹介させていただきましたが、その時に人参りんごジュースについてお話しされていました。
 
 
その人参りんごジュースですが、とてつもない健康効果があるそうなのです。
 
 
そこで今回は、人参りんごジュースの持つ健康効果について、それだけじゃないダイエット・美容の効果についてもご紹介させていただきます。
 
 
 

 
元々、人参もりんごも、薬代わりに使われていた歴史のある食物だそうです。体に良い成分もたくさん含んでいて、ミネラルやビタミンが豊富!
 
 
 
人参りんごジュースの健康効果について
 
 
強い抗酸化力
 
 
人参のβカロテンとりんごのポリフェノールには、強い抗酸力があり、体内の有害な物質を除去してくれる効果があり、抗がん作用やがんの予防や改善にも役立ってくれるそうです。他には生活習慣病である動脈硬化や高血圧にも効果があります。
 
 
また、人参とりんごには多く含まれているカリウムが、体内の余分な塩分を排出してくれたり、体内のコレステロールも下げる効果があります。
 
 
りんごにはクエン酸とリンゴ酸といった成分も入っているので、疲れにくい体を作ってくれるそうです。
 
 
生活習慣病により脳卒中などの重い病気につながるので、人参りんごジュースは高い健康効果があることから、病気の予防になります。
 
 
 
 
免疫力の向上
 
 
人参にはβカロテンが含まれており、体内に入るとビタミンAに変わる物質を大量に含んでいて、免疫に関わるリンパ球の働きを促進させる効果があり、免疫力の向上が望めます!
 
 
ビタミンAは、皮膚や粘膜の機能を正常に保つ効果があり、外部からの雑菌や有害物質から体を守る機能もありますので、こうした機能を正常に保つのに、ビタミンAの摂取はとても重要です。
 
 
りんごには整腸作用・殺菌作用があり、免疫力の向上や体の免疫を保つ助けになります。
 
 
 
 
体を温める効果
 
 
人参とりんごは体を温める効果が、人参には血流をよくする効果、貧血などに効果があります。
 
 
血流が良くなると体も温まりますので、体温を上げることができますよね。
 
 
りんごは寒い地方で採れる果物ですが、りんごは体を温める効果があるので安心して食べられます。
 
 
胃腸の動きを助け、臓器の動きを活発にするので、人参同様に体を温める効果があります。
 
 
冷え性の改善も期待できるので、冷え性の方は人参りんごジュースを、ぜひ飲んでいただきたいですね。
 
 
 
 
肌のトラブル(アトピーなど)改善
 
 
りんごに含まれるリンゴポリフェノールには、アトピーのかゆみを引き起こすヒスタミンを減少させる効果や、かゆみの大元となる物質を減らして、肌を正常な状態に戻してくれます。
 
 
りんごには高い抗酸化作用や腸内環境を整える効果もあります。なので、体内に有害物質が溜まらないようにしてくれますので、ことからもアトピーなどの改善にりんごがとても役立つことが分かりますよね。
 
 
アトピーの人は、腸内環境を整えると症状が改善する場合があるそうです。
 
 
人参も同様に肌を整える効果がありますので、肌のトラブルやアトピーに効果があるそうです。
 
 
 
 
腸内環境を整える効果
 
 
整腸作用もある人参とりんごは、どちらもビタミン・ミネラルや食物繊維を含んでいる為、人参りんごジュースを飲み続けることで腸内環境を整えることができます。
 
 
りんごは善玉菌のエサであるオリゴ糖と食物繊維を含んでいるので、りんごを食べ続けることで腸内の善玉菌が増えて腸内環境が整います。
 
 
人参には食物繊維と善玉菌を増やす成分が入っていて、りんごと同様に、腸内環境を整えることができるそうです。
 
 
 
いかがでしたでしょうか。
 
人参りんごジュースを、毎日飲んで、医者いらずの健康的な生活を送りたいものですね。
 
 
   
 
 
★人参りんごジュースの作り方については、下記の動画をご覧下さい。
 
 
出典動画:poptouhaku
 
『毎日健康!にんじんりんごジュースの作り方』
 




Copyright © 健康シェア広場 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます