健康関連のカテゴリ記事一覧

毎日心と体が健康でハッピーでより良い人生を送るために役立つ情報を発信しています。

カテゴリ:健康関連

健康関連のカテゴリ記事一覧。毎日心と体が健康でハッピーでより良い人生を送るために役立つ情報を発信しています。
心筋梗塞が起こる1か月前に出る6つの前兆と症状について!知らないと後悔します!

健康関連
   心筋梗塞とは?  心臓に酸素や栄養素を送り込んでいる血管が詰まってしまうと、心臓は必要な酸素や栄養素を全く貰えなくなり、心臓はエネルギー不足に陥り全身に…

記事を読む

抗酸化作用のある食べ物とは?毎日食べたい10の食品で老化は防げる!?

健康関連
   老化を食い止めることができる食べ物とは?  「いつまでも若くありたい!」誰もがそう思うものですよね。  私たちが毎日、口に入れる食べ物で体が作られます。…

記事を読む

あなたの肝臓は大丈夫?お酒以外にも肝臓に負担をかけてしまうモノがあった!!

健康関連
  肝臓に負担をかけてしまうモノって?  お酒の飲みすぎは、肝臓に悪いということはご存知だと思いますが、お酒以外でも、肝臓に負担をかけているものがあることを…

記事を読む

糖尿病の危険信号が出たら要注意!糖尿病にならないための予防法とは?

健康関連
   メタボや糖尿病は中高年だけの病気じゃない!?  メタボや糖尿病は中高年の病気だと思っていませんか?  実は現代の生活では20代あるいは10代の人でも糖尿…

記事を読む

体を老化させない方法があった!老化や病気を食い止める働きをするサーチュイン遺伝子とは!?

健康関連
   食べ過ぎは良くない!!  好きなものばかり満腹になるまで食べていませんか?  そんな食べ方をしてると、老化だけじゃなく病気になってしまいますよ!  食べ…

記事を読む

心筋梗塞が起こる1か月前に出る6つの前兆と症状について!知らないと後悔します!


9.jpg
 
 
 
心筋梗塞とは?
 
 
心臓に酸素や栄養素を送り込んでいる血管が詰まってしまうと、心臓は必要な酸素や栄養素を全く貰えなくなり、心臓はエネルギー不足に陥り全身に血液を送り出すことができなくなってしまいます。
 
 
これが心筋梗塞です。
 
 
血管にコレステロールがくっつき、血管の弾力がなくなったり、血管の通り道が細くなった状態を動脈硬化といいます。
 
 
通り道が細くなった血管は、血液の流れが悪く十分な酸素や栄養素を運べなくなりますし、血液の流れが悪いために、血の塊ができやすくなり、できた血の塊が血管をふさいでしまいます。
 
 
有名人の中にも心筋梗塞を発症し、亡くなった方や現役復帰された有名人もおられます。
 
 
 
(亡くなった方)
 
松田直樹さん(サッカー選手、元日本代表)
 
安西マリアさん(歌手、女優)
 
小林繁さん(プロ野球選手、プロ野球コーチ) 
 
 
 
(復帰された方)
 
天海祐希さん(女優)
 
松村邦洋さん(お笑いタレント、ものまねタレント)
 
西田敏行さん(俳優、タレント)
 
 
 
心筋梗塞を発症しても、早いうちに対処出来れば回復できることもあるので、前兆のサインがどのようなものなのかを知っているだけで、心筋梗塞の予防だけでなく、いざ起こってしまった時に備えておくことができます。
   
  
ということで、今回は心筋梗塞が起こる1か月前に出る6つの前兆と症状について、分かりやすく解説されている『ミラクルチキン』さんの動画をご紹介させていただきます。
  
  

» 

抗酸化作用のある食べ物とは?毎日食べたい10の食品で老化は防げる!?


hqdefault.jpg
 
 
 
老化を食い止めることができる食べ物とは?
 
 
「いつまでも若くありたい!」誰もがそう思うものですよね。
 
 
私たちが毎日、口に入れる食べ物で体が作られます。だから口にする食べ物はとても大事!
 
 
身体が酸化するのを防ぎ、老化を食い止めることができる食べ物があれば、是非とも毎日の食生活に取り入れたいですよね。
 
 
ということで、今回は抗酸化作用のある食べ物で老化は防げる、毎日食べたい10の食品についてご紹介します。
 
 

» 

あなたの肝臓は大丈夫?お酒以外にも肝臓に負担をかけてしまうモノがあった!!


organ.jpg

 
 
肝臓に負担をかけてしまうモノって?
 
 
お酒の飲みすぎは、肝臓に悪いということはご存知だと思いますが、お酒以外でも、肝臓に負担をかけているものがあることを知っていますか?
 
 
肝臓は体内の老廃物を処理し、体の中をキレイにしてくれる、とても重要な臓器です。そんな肝臓に負担がかかりすぎると、肝臓疾患などを引き起こしてしまいます。
 
 
できれば肝臓に負担をかけず、健康でいたいものですよね。
 
 
そこで今回は、お酒以外にも肝臓に負担をかけてしまうモノについて、ご紹介させていただきます。
 
 
これを知って、肝臓を守りましょう!
 
 

» 

 カテゴリ
 タグ

糖尿病の危険信号が出たら要注意!糖尿病にならないための予防法とは?


diabeters2_1.jpg
 
 
 
メタボや糖尿病は中高年だけの病気じゃない!?
 
 
メタボや糖尿病は中高年の病気だと思っていませんか?
 
 
実は現代の生活では20代あるいは10代の人でも糖尿病にかかる人が増加しているそうです。
 
 
世界的に見ても糖尿病は増加しており、2030年までに患者の数は倍増し3億5千万人ほどにあると推定されているそうですよ。
 
 
ということで今回は、糖尿病の危険性と初期症状、糖尿病への備え方について詳しく解説されている『コポチャンネル』さんの動画をご紹介させていただきます。
 
 
 
まずは糖尿病とは
 
体内に入った食べ物は、胃や腸でブドウ糖などに分解されて血液中に吸収されます。
 
 
血液中のブドウ糖は、膵臓から血液中い分泌されるインスリンというホルモンの働きによって、身体のエネルギー源として使われます。
 
 
糖尿病は、このホルモンの分泌が少ない、またはその働きが弱く血糖値が慢性的に高くなっている状態をいいます。
 
 
日本では、男性では約6人に1人、女性では約11人に1人が2型糖尿病にかかっている疑いがあります。
 
 
 
<1型糖尿病>
 
1型糖尿病(インスリン依存型)は自己免疫疾患などが原因で発症します。
 
 
インスリン分泌細胞が破壊されインスリンの産生が欠如してしまうため、発症すると継続的にインスリンの自己注射が必要となります。
 
 
 
<2型糖尿病>
 
2型糖尿病(インスリン非依存型)は、遺伝的要因や過食・運動不足などの乱れた生活習慣など様々な要因が原因で発症します。
 
 
発症初期の場合、生活習慣の改善等で軽快することもありますが、悪化するにつれ内服や、インスリン自己注射の治療が必要となります。
 
 
しかし、日常から生活習慣に気をつければ予防できうる病気です。
 
   

» 

 カテゴリ
 タグ

体を老化させない方法があった!老化や病気を食い止める働きをするサーチュイン遺伝子とは!?


Fotolia_36434538_XS.jpg
 
 
 
食べ過ぎは良くない!!
 
 
好きなものばかり満腹になるまで食べていませんか?
 
 
そんな食べ方をしてると、老化だけじゃなく病気になってしまいますよ!
 
 
食べることが大好きな私も、最近まで何も考えずに満腹になるまで食べていました。そんな食生活をしていた私ですが、満腹が体に良くないことを知り、食事の量を減らし、もちろんお菓子もやめたところ、体重は減って、体の調子が良くなりました。
 
 
やはり食べ過ぎは良くないのですね。
 
 
人間にとって空腹の状態が体にとって良い、老化や病気を食い止める働きをしてくれるそうです。
 
 
空腹を感じる時間を意識的に増やし、老化を遅らせて若返る!
 
 
老化・病気を食い止めるためにも、今日から食事について見直してみてはいかがでしょうか!
 
 

» 

Copyright © 健康シェア広場 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます