健康関連のカテゴリ記事一覧

毎日心と体が健康でハッピーでより良い人生を送るために役立つ情報を発信しています。

カテゴリ:健康関連

健康関連のカテゴリ記事一覧。毎日心と体が健康でハッピーでより良い人生を送るために役立つ情報を発信しています。
睡眠負債が危ない!睡眠負債はがん・認知症をひき起こす!?睡眠負債の返済はどうしたらいいのか?

健康関連
朝早くから夜遅くまで働く日本人ですが、あなたは睡眠不足になっていませんか?  そんな慢性的な寝不足でお悩みの方は、日本人の3人に2人もいるそうですよ。  毎日…

記事を読む

お腹と背中の脂肪を落としてくれるスクワット!お腹と背中の脂肪が気になる方必見です!

健康関連
お腹の脂肪も気になりますが、背中の脂肪も気になる方多いんじゃないでしょうか!私もその一人です。なかなか背中のお肉は落ちません。  今回、ご紹介するのはお腹の脂…

記事を読む

サバ缶を食べ続けることで驚きの結果が!中性脂肪が気になる方必見です!

健康関連
以前、サバ缶を食べるつ体に良いと聞いたことがあったのですが、今回ご紹介する【十勝のきんちゃん】の動画によると、2017年健康診断の1カ月前からサバ缶を食べ続け、4…

記事を読む

脳梗塞の前兆は目に表れる!?サインを見逃さないで!

健康関連
脳梗塞は脳の血管が詰まり、命が助かったとしても深刻な後遺症を残す、恐ろしい病気です。後遺症は、ろれつが回らない、言葉が出ない、人の話し言葉が理解できない、片側…

記事を読む

3分間のゾンビ体操で病気が逃げ出す!?脳卒中や心筋梗塞・認知症などの予防になります!

健康関連
健康で長生きするには、食事療法、そして運動です。  運動はやると決めても、続けるけることは難しくて、三日坊主で終わってしまうことってよくありますよね。  そこ…

記事を読む

睡眠負債が危ない!睡眠負債はがん・認知症をひき起こす!?睡眠負債の返済はどうしたらいいのか?



5741be3dec8f1.jpg




朝早くから夜遅くまで働く日本人ですが、あなたは睡眠不足になっていませんか?
 
 
そんな慢性的な寝不足でお悩みの方は、日本人の3人に2人もいるそうですよ。
 
 
毎日の睡眠が、その人にとって必要な時間よりも短いと、その睡眠不足は徐々に溜まっていきます。その蓄積した睡眠不足のことを「睡眠負債」というそうです。
 
 
仕事でミスをしたり、意外と家事に時間がかかったり、休日は長めに寝てしまう。この中で一つでも当てはまっていたら、睡眠負債を抱えているかもしれません。
 
 
 
そんな「睡眠負債」について以前、NHKスペシャル番組でも放送されましたね。そこで今回は、その睡眠負債が体に及ぼす影響についてと動画をご紹介させていただきます。
 
 
 
ちょっとした工夫で恐ろしい睡眠負債を返済できることもわかってきたそうですよ。睡眠負債を返済して、命と健康を守りましょう。
 
 
 

 
私たちの健康をむしばむ深刻な脅威が新たに見つかったそうです。それは睡眠負債!
 
 
毎日1〜2時間程度のちょっとした睡眠不足でも、それが続くといつの間にか積み重なって膨れ上がりあなたを苦しめる、いわば眠りの借金です。
 
 
そして気づかないまま負債が返済不能なほど増えると、突如あなたに牙をむきます。
 
 
例えば、がん!
 
最新の研究によって、睡眠負債が、がん細胞の増殖を加速させるとわかってきました。
 
 
さらには認知症!
 
睡眠負債が続くと、認知症の原因物質が脳に蓄積しやすくなるというのです。
 
 
今、世界中の研究者が警鐘を鳴らしはじめました。
 
 
スタンフォード大学睡眠医学研究所のウィリアム・デメント元所長によれば、『睡眠負債が深刻な問題とようやくわかってきました。本来どんな眠りが必要なのか私たちは見直すべきなのです。』とおっしゃっています。
 
 
この睡眠負債、放っておくと命に関わる病につながることがわかってきました。それは『がん』 日本人の死因第1位の病気です。
 
 
アメリカ、シカゴ大学で、がんを移植したマウスで実験が行われました。定期的に通過するバーで睡眠を妨害したところ、4週間後変化がおきました。
 
 
睡眠負債の状態に陥ったマウスでは、がんが巨大化。平均で2倍以上の重さになっていたのです。なぜこんなことが起きるのか。
 
 
研究者は、睡眠負債によって免疫細胞の異常が引き起こされたと考えています。
 
 
通常、私たちの体の中にがん細胞が出来ても、免疫細胞が攻撃し押さえ込んでくれます。ところが、睡眠負債になると免疫細胞の働きが低下、がん細胞がジワジワ増殖してしまうことがわかってきたのです。
 
 
シカゴ大学、デービッド・ゴザル教授によれば、『私たちの体内では、免疫細胞がまるで「良い警官」のようにがん細胞をたえず見張っています。しかし、あなたが睡眠負債だとその警官たちは眠ってしまいます。そうなると、がんは暴れだし増殖してしまうのです。』
 
 
 
睡眠負債によってリスクが高まるのは、がんだけではありません。認知症もそのひとつです。
 
 
認知症の多くを占める、アルツハイマー病。脳にアミロイドβという老廃物が蓄積することで引き起こされると考えられています。
 
 
これによって、神経細胞が傷つけられ、脳の働きが衰えるというのです。
 
 
アメリカ、スタンフォード大学、睡眠生体リズム研究所、日本人で所長を務める 西野精治さんによると、西野さんは、睡眠を3週間にわたって制限したマウスと、制限しないマウスの脳を比べました。
 
 
睡眠制限あり(睡眠負債の状態)のマウスには、アミロイドβが大量に蓄積されています。なぜこんなことが起きたのでしょうか?
 
 
実は健康な脳でも、日中の活動によって老廃物であるアミロイドβが発生します。それは眠っている間に脳から排出されています。しかし、睡眠時間か充分でない場合、排出しきれません。睡眠負債では、この状態が続きアミロイドβが蓄積、認知症の引き起こす可能性がわかってきたのです。
 
 
『(これまで)睡眠は単なる休息状態と考えられていたんですね。それ以外の役割がわかってきたのは最近で、特に免疫に関することであるとか、特にそういう老廃物の除去が強調されたのは最近ですね、だからこれから色々な疾患でエビデンス(証拠)が出てくると思われます。(スタンフォード大学、睡眠生体リズム研究所、西野精治所長)』
 
 
私たちを苦しめる数々の病、睡眠負債との深い関係が今、明らかになりつつあるのです。
 
 
 
睡眠評価研究機構 代表 白川修一郎さんによると、「認知症は原因物質であるアミロイドβはだいたい認知症発症の20〜30年前から蓄積が始まっている。働き盛りの年代、30代40代のその頃から睡眠負債の蓄積には気をつけるべきです。」とのことです。
 
 
 
 
睡眠負債の返済はどうしたらいいの?
 
 
睡眠負債の返済はどうすればいいのでしょうか?その方法は、『日常より長く寝る』ようにすればいいそうです。
 
 
おすすめは、今よりも少しだけ平日の睡眠時間を多めにし、週末も平日と同じ睡眠時間を保つことだそうです。
 
 
 
ぐっすり眠る極意は?
 
その1)
ベッドでのスマホは厳禁!
 
その2)
上を浮いて歩こう 
 
 

 
 
参照動画:お役立ち情報チャンネル
 
「【危険!】 睡眠時間7時間未満で死亡リスクが高くなる!?」
 

 
 
 
 

お腹と背中の脂肪を落としてくれるスクワット!お腹と背中の脂肪が気になる方必見です!



スクリーンショット-2015-09-12-0.32.52.png




お腹の脂肪も気になりますが、背中の脂肪も気になる方多いんじゃないでしょうか!私もその一人です。なかなか背中のお肉は落ちません。
 
 
今回、ご紹介するのはお腹の脂肪だけではなくて、背中の脂肪まで一緒に落としちゃう、スクワットをご紹介します。
 
 
【MuscleWatching】さんの動画を観ながら、ぜひ試してみでください。
 
 
お腹・背中の両方の脂肪を落としてくれるから、とても効率的!私も毎日続けてやっていこうと思います。
 
 
 

 
今回はお腹の脂肪ブラス背中の脂肪までも落とすスクワットをご紹介します
 
 
まず手を上げて、スクワットでお尻を下げながら、手も一緒に後ろに引いていきます。
 
 
こうすることで、背中の筋肉ぎゅっと収縮していくのがわかると思います。
 
 
横から見ると、お尻が後ろにぐっと突き出して、背中が弓なりになっているのがわかると思います。
 
 
背中っていうのはこういう風に、体を弓なりにすることで鍛えることができます。
 
 
今回は弓なりにするプラスアルファで、腕まで後ろに引いているので、肩甲骨も充分寄せることができて、背中の筋肉を刺激することができます。
 
 
これは見た目以上にハードなトレーニングとなっています。しっかりとスクワッットの姿勢をとって、肩甲骨まで寄せて体を弓なりにしていくと、体がポカポカ温まっていくと思います。
 
 
お腹の脂肪を落としたい人は、いきなりクランチとか行うのではなくて、このスクワットで脂肪を落として、プラスアルファ今回は背中まで脂肪が落とせるので、非常に効率的だと思います。ぜひ、やってみてください。
 
 
   
 
 
出典動画:MuscleWatching
 
『お腹の脂肪+背中の脂肪まで落とすスクワット!』
 

 
 
 
 

サバ缶を食べ続けることで驚きの結果が!中性脂肪が気になる方必見です!



sabamiso_dx.jpg




以前、サバ缶を食べるつ体に良いと聞いたことがあったのですが、今回ご紹介する【十勝のきんちゃん】の動画によると、2017年健康診断の1カ月前からサバ缶を食べ続け、4年連続増悪し続ける中性脂肪の数値に驚きの変化はあったそうです。
 
 
たかが1カ月チョイでですよ!びっくりですね。
 
 
これは、サバ缶を食べない訳にはいかないです。中性脂肪の気になる方は、一度試されてはいかがでしょうか。
 
 
 

 
健康診断前にサバ缶を食い続けたら...
 
 
4年(2013〜2016年)連続健康診断受けて、年々悪化する数値があったそうで、それがγ-GTP(ガンマ-GTP)と中性脂肪だったそうです。
 
 
γ-GTPはアルコールの摂りすぎで検査結果に異常が出る場合があるみたいですね。
 
 
特に中性脂肪の数値が基準値オバーになったそうです。
 
 
今年も6月1日に健康診断があり...
DHAとEPAのサプリを飲んだら、数値が落ちたという人がいたが、サプリは美味しくもないのにお金だけ取られる....。
 
 
4月の終わりから毎日、2〜3日でサバ缶1缶のペースで食べるようになって、食べ続けて1カ月ちょっと...そして6月1日に検査があったそうです。
 
 
これでどうなるか...他の私生活では、お酒は毎日飲んでるし、運動はしない、暴飲暴食は毎度のこと、ラーメン・脂っこい肉は食べるは、ただ朝食またはお昼に、とにかく1日1回はサバ缶を食べ、汁もかけて食べるというのを1カ月続けたら驚きの結果が...?
 
 
 
詳しくは動画をご覧ください。
 
 
   
 
 
出典動画:十勝のきんちゃん
 
『2017 6月 健康診断前にサバ缶を食い続けたら・・・』
 

 
 
 
 
 カテゴリ

脳梗塞の前兆は目に表れる!?サインを見逃さないで!



ceb69e8b3501888b860286f1b557a67d.jpg




脳梗塞は脳の血管が詰まり、命が助かったとしても深刻な後遺症を残す、恐ろしい病気です。後遺症は、ろれつが回らない、言葉が出ない、人の話し言葉が理解できない、片側が麻痺したり、しびれたりするなどの症状が。
 
 
そんな脳梗塞は、前触れがある場合もあるそうです。それをキャッチすれば、命を永らえることができるかもしれません。
 
 
ということで今回は、脳梗塞の前兆についてわかりやすく解説されている『日刊ゲンダイ』さんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。
 
 
 

 
サインを見逃すな!脳梗塞の”前触れ”は目に表れる
 
 
 
脳梗塞は脳の血管が詰まり、脳細胞が壊死する病気だ。推定患者数は約92万人で、夏に発症することが多く、年間7万人が死亡する。命が助かったとしても深刻な後遺症を残す。突然発症するイメージがある病気だが、前触れがある場合も。何をキャッチすれば、命を永らえることができるのか?
 
 
 
◇ TIA
 
 
高血圧と糖尿病を患う加藤満さん(仮名=68歳)は昨年8月初旬、食事中に異変を感じた。右手の力が抜け、箸を落としてしまった。慌てて立ち上がろうとしたところ右足にも力が入らず、よろけた。熱中症を疑い、水を飲み、じっとしていたら症状が消えた。そのまま放っておいたが、3日後に救急車で運ばれた。脳梗塞だった。
 
 
「これは脳梗塞が起きる前に時々みられる『一過性脳虚血発作』(TIA)の典型です。ろれつが回らない、言葉が出ない、人の話し言葉が理解できない、片側が麻痺したり、しびれたりするなどの症状がこれにあたります。ところが、その多くは数分で症状がなくなってしまう。そのため、“疲れのせいだろう”と軽く考え、それを見逃してしまうのです」
 
 
こう言うのは国家公務員共済組合連合会「立川病院」脳神経外科の福永篤志医長だ。
 
 
 
 
■シャッターが下りたように目の前が真っ暗になったら…
 
 
問題は、この病気を放っておくと、3カ月以内に15〜20%が脳梗塞を発症し、そのうち半数はTIAを起こしてから数日以内、特に48時間以内に脳梗塞になることだ。
 
  
実はTIAを起こした後、早期に脳梗塞を起こすリスクを予測する方法がある。
 
 
「ABCD2」スコアだ。これはTIAが起きた時点での「年齢」(60歳以上は1点)、「血圧」(140/90mmHg以上は1点)、「症状」(片側麻痺は2点、麻痺なしのろれつ障害は1点)、「症状持続時間」(60分以上2点、10〜59分1点)、「糖尿病」(ありは1点)を計算するもの。
 
 
合計が3〜4点以上になると、本格的な脳梗塞リスクが高いといわれている。この段階で飲み薬やカテーテルによる血管内治療、外科手術を行えば、本格的な脳梗塞を回避できる。
 
 
とはいえ、冒頭のTIAの症状は、すでに脳の奥深くの血管が一時的に詰まっている危険な状態。いきなり本格的な脳梗塞が起こっても不思議ではない。それ以前に予兆をキャッチするにはどうしたらいいのか?
 
 
「目の異常に気をつけることです。TIAは大きく分けて2つの原因で起こります。動脈硬化と心臓の病気です。動脈硬化が原因で起きるTIAのうち、半数近くが頚動脈のプラークが脳の動脈に飛んで一時的な脳虚血を起こします。その多くが脳の中に入った直後にある目の動脈を塞ぎます。ですから、突然シャッターが下りたように目の前が真っ暗になったり、視野が狭くなったり、物が二重に見えたりした場合は、TIAを疑い、ためらわず病院で診てもらう必要があります」(福永医長)
 
  
中には、どこで診てもらえばいいか分からないという人もいるだろう。望ましいのは脳神経外科や神経内科、脳卒中科のある病院だ。
 
  
TIAとは別の原因で起こる症状もあるが、脳梗塞に襲われた後で「あのとき、病院に行っておけばよかった」と後悔しても遅すぎる。疑問があれば恥ずかしがらず、病院で診てもらうべきだ。
 
 
 
出典:日刊ゲンダイ
 
 

 
 
出典動画:友沢四郎さん
 
「サインを見逃すな! 脳梗塞の“前触れ”は目に表れる」
 

 
 
 
 
 カテゴリ

3分間のゾンビ体操で病気が逃げ出す!?脳卒中や心筋梗塞・認知症などの予防になります!



maxresdefault.jpg




健康で長生きするには、食事療法、そして運動です。
 
 
運動はやると決めても、続けるけることは難しくて、三日坊主で終わってしまうことってよくありますよね。
 
 
そこで今回は、とっても簡単にできる医師である池谷敏郎先生がご紹介されている【ゾンビ体操】についてご紹介させていただきます。
 
 
このゾンビ体操は池谷敏郎先生が、30年近い臨床経験を積んで編み出した健康法だそうです。
 
 
【ゾンビ体操】は手を垂らして、上半身を揺らして、足踏みするだけの体操です。
 
 
『アスコムチャンネル』さんの動画をご覧になりながら是非試してみてくださいね。
 
 
 

 
 
生活習慣病を始めとした健康管理のためには、運動はとても大事です。
 
 
しかしどんなに考え抜いた良い運動をお教えしても、なかなかそれを実践して頂けないのが現状なんです。
 
 
その理由として...
 
<五大言い訳>
暑いから 寒いから 時間が無い 足腰が痛い 外に出たくない
 
 
こう言った理由から、大義名分として揚げて運動なさって下さらないんですね。
 
 
そこで、とてもシンプルで楽しくて誰でもできるような運動、それがゾンビ体操なんです。
 
 
 
 
【 ゾンビ体操 】
 
その効果とは?
 
実は座っている時間と病気には深い関わりがあるんです。
 
 
近年、座っている時間の長い方が多いですよね。まず立ち上がって足を動かす、こういったことで...
 
脳卒中
心筋梗塞
骨粗鬆症
認知症
ガン

 
こういった様々な病気が予防できる可能性が見えてくるわけです。
 
 
   
 
 
出典動画:アスコムチャンネル
 
『【ゾンビ体操公式】ついに書籍化!病気が「逃げ出す!」3分間の脱力体操』
 

 
 
 
 
Copyright © 健康シェア広場 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます