健康関連のカテゴリ記事一覧

毎日心と体が健康でハッピーでより良い人生を送るために役立つ情報を発信しています。

カテゴリ:健康関連

健康関連のカテゴリ記事一覧。毎日心と体が健康でハッピーでより良い人生を送るために役立つ情報を発信しています。
肌荒れやしわ・顔のむくみ・たるみなどには「顔ツボ」が効く!見た目年齢が上がると肩こりや偏頭痛を引き起こす可能性もある!?

健康関連
年齢を重ねると、特に女性は顔のたるみ・むくみ・しわなど気なりますよね。できれば少しでも解消したいところです。そこで今回は、美肌に効果があるといわれている、顔の…

記事を読む

すい臓がんは早期発見が難しいがん!すい臓がんの症状と治療法について!

健康関連
今回は、「すい臓がん」がテーマです。すい臓がんは、早期発見が難しく、気づいた時には進行・転移していることが多いがんです。特に初期のがんでは、ほとんど症状が現れ…

記事を読む

肩こり・首こりに効くツボとマッサージ方法について!肩こり・首こりの方必見です!

健康関連
肩こりや首こりにお悩みの方は多いと思います。肩こりや首こりは長時間のデスクワークや姿勢の悪さが主な原因とされています。肩こりや首こりは血行不良が原因で起こりま…

記事を読む

知っておきたい健康情報!こむら返りの原因と予防法について!

健康関連
これからの季節、海やプールなど長時間入っていることが多くなると、足がつったりすることってありますよね。  私の場合、寝ていて突然、足がつることがよくあります。…

記事を読む

大腸がんは早期発見が大事!大腸がんの可能性がある人に表れる症状と予防法とは!?

健康関連
今回は「大腸がん」がテーマです。大腸がんで亡くなる方が多くなっているそうす。男性よりも女性が多く、女性では大腸がんが第1位となっています。やはり女性の方が便秘…

記事を読む

肌荒れやしわ・顔のむくみ・たるみなどには「顔ツボ」が効く!見た目年齢が上がると肩こりや偏頭痛を引き起こす可能性もある!?



tubo-1.jpg




年齢を重ねると、特に女性は顔のたるみ・むくみ・しわなど気なりますよね。できれば少しでも解消したいところです。


そこで今回は、美肌に効果があるといわれている、顔のツボを刺激することで血行が良くなり、美容とそして健康にも効果があるとされている「顔ツボ」についてわかりやすく解説されている『ANGIE』さんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。



 

顔のたるみを撃退できる「綿棒ツボ押し 筋膜リリース」って?



20代から始まっていると言われる「顔のたるみ」。ほうれい線が顕著になり、顔のフェイスラインがぼやけ、肌のたるみを感じるようになったら要注意です!


見た目年齢が上がるだけではなく、肩こりや偏頭痛を引き起こす可能性もあるんだとか。


今回は、美容と健康に悪影響を及ぼす顔のたるみを改善するテクをご紹介します。




「顔のたるみ」の原因は?


一般に、加齢により肌の弾力・ハリが失われることで生じるとされる顔のたるみ。ですが、それ以外にも様々な要因が指摘されています。それぞれ詳しく見ていきましょう。



・加齢

皮膚の真皮層にあるコラーゲンやヒアロルン酸が年齢とともに減少すると、皮膚の伸縮性がにぶくなります。たるみの最大の原因でもあります。



・紫外線

UVA(紫外線A波)が皮膚の真皮層にまで届き、コラーゲンやヒアロルン酸を作り出す酵素を破壊してしまいます。



・乾燥

真皮層の水分が足りなくなると、新陳代謝が乱れ肌のハリを失うことに。



・栄養不足

コラーゲンやヒアロルン酸の元になるたんぱく質やビタミンC。食生活が偏りこれらが不足すると、栄養が行き渡らず肌のハリもなくなっていきます。



・顔の筋肉の衰え

顔についている2つの筋肉「表情筋」と「深層筋」が衰えることで、顔の皮膚や脂肪を支えられなくなり、肌に栄養が行き渡らなくなります。


顔の筋肉が硬くなると、筋膜にあるリンパの流れが悪くなります。その結果、老廃物が溜まりたるみの原因に。


笑うことが少ない場合は、一気に表情筋が衰えてしまうんだとか!



・姿勢

顔の筋肉は首とつながっています。長時間パソコンの前に座ることで首の位置がずれ、あごが下方向に引っ張られてしまう原因に。


猫背気味の場合や、頬杖をつく癖がある場合も要注意!




「顔のたるみ」を解消する3つのテク


様々な要因が重なり合って生じる顔のたるみ。改善するために効果的なポイントは以下の3つです。


・筋膜を整える

・姿勢を正す

・コラーゲンを摂取する



さらに普段の美肌ケアでもお馴染みの、栄養豊富な食事、十分な睡眠、紫外線&保湿対策を並行して実践するとより効果的です!




話題の「筋膜リリース」って?


今話題となっている「筋膜リリース」。


硬くなった筋膜をほぐすことで、血液とリンパの流れを良くし、新陳代謝を活発にする効果がある療法なんだとか。


この筋膜リリースに効果的なのが「べろ回し体操」。舌を回すだけの簡単なエクササイズで、ほうれい線や顔のたるみが改善されるんだそう!


やり方はとても簡単。口を閉じたまま、舌を上下の歯茎に沿って回すだけ!


左右20回ずつからスタートし、慣れてきたら50回を目安にしてみましょう。あごや耳のつけねが痛くなったら、きちんと体操ができている証拠です。


『ほうれい線やたるみがスッキリ! 驚きの美顔メソッド ベロ回し体操』小出馨・小出晴子著 (東京書籍)で詳しく紹介されていますよ。




東洋医学にもとづいた「綿棒ツボ押し」もおすすめ!


東洋医学では、加齢やストレスによって身体のバランスが崩れ、老廃物が溜まることで顔のたるみが生じると考えられています。


この東洋医学に基づいた顔のたるみ防止ケアとして、海外のメディアも注目しているのが「美容鍼」。


マッサージや美顔器では届かない肌の内側の組織に刺激を与え、リフトアップ効果が期待できるんだとか。


今回は、美容鍼と同等の効果が得られ、自宅で簡単にできる「綿棒ツボ押し」をご紹介します! 表を見ながら、各ツボを綿棒で5〜10秒ほど押していきましょう。


tubo-1.jpg


・廉泉(れんせん)・・・あごのたるみ解消

・地倉(ちそう)・・・ほうれい線の解消

・頬車(きょうしゃ)・・・顔のむくみ解消。小顔効果もアリ。




ツボ押しの前に蒸しタオルで顔を温めておくと、リンパや血液の循環が良くなり効果もアップするんだとか。


寝る前のスキンケアタイムに取り入れてみましょう!



アラサー・アラフォー女子の大敵である顔のたるみは、毎日のケアが肝心です。顔のたるみを改善して、内面も外面も若返りましょう!


※参考 『ほうれい線やたるみがスッキリ! 驚きの美顔メソッド ベロ回し体操』小出馨・小出晴子著(東京書店)



出典:ANGIE

ライター:Timmyさん

画像:丸しん鍼灸整骨院





出典動画:美容鍼上田隆勇さん

「ほうれい線 顔ツボ 美容鍼灸師が教える『小顔になる!「顔ツボ」1分マッサージ』」





すい臓がんは早期発見が難しいがん!すい臓がんの症状と治療法について!



すい臓がん.jpg




今回は、「すい臓がん」がテーマです。


すい臓がんは、早期発見が難しく、気づいた時には進行・転移していることが多いがんです。


特に初期のがんでは、ほとんど症状が現れず、比較的早期にすい臓がんが発見された患者さんのうち、2割はまったく自覚症状がなかったという調査結果もあります。


そこで今回は、すい臓がんの症状と治療法について解説されている『腫瘍マーカー.com』さんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。





膵臓がん:早期発見・早期治療が難しいがん


膵臓を大きく分けて3つに分けると、十二指腸に近い部分の膵頭部、中央の膵体部、脾臓に近い膵尾部となります。膵臓がんは、膵頭部にできる膵頭部がんが最も多く、約60%を占めます。膵尾部がんがこれにつぎ、膵体部がんは少なくなります。




早期発見が難しいがんです


原因はよくわかっていませんが、糖尿病や慢性膵炎が危険要素となります。喫煙やコーヒーなどのとりすぎも誘引となります。好発年齢は50〜70歳代で、とくに60歳代に多くみられます。


膵臓がんは消化器のがんの中では、最も診断が困難で治療成績の悪いがんのひとつで、しかも近年、増加傾向にあります。




膵臓がんの症状


膵頭部がんでは比較的早く黄疸が現れます。膵頭部には胆汁が流れる胆管が通っているので、がんができてそれが圧迫されると、胆汁が血液中に流れ込んで黄疸を起こします。




背中の痛み


そのほか膵臓がんに共通した症状としては、背中の痛み、吐き気、嘔吐、食欲不振、下痢や便秘などの便通異常がみられます。しかしこれは、ほかの病気でも起こる症状であり、ある程度進行しなければ出てこないので、自覚症状に頼っていたのでは発見が遅れがちになります。


膵体部や膵尾部にできたがんは、神経に浸潤して痛みを起こしたり、肝臓に転移して黄疸が始まって、初めて発見されることが多いのです。膵体部や膵尾部のがんは手術がしやすいので、広がる前に早く発見することが大切です。


そのほか、膵臓ではインスリンというホルモンを分泌しているので、その分泌が低下して糖尿病がはじまることもあります。




膵臓がんの治療法


膵臓がんの診断は近年、超音波検査やCT検査など画像検査の発達により、比較的小さながんでも見つけられるようになってきました。


膵臓がんの診断を受けた場合、おもな治療法には、手術療法・放射線療法・化学療法がありますが、がんの進行度や患者の状態を考慮して治療法が選択され、ひとつの治療法を単独で用いたり、いくつかを併用する場合もあります。


現在、膵臓がんを完治するには外科的に切除手術を行う方法以外にありません。膵臓がんは周囲に染みこむように広がっていく性質を持っており、再発を防ぐには手術でなるべく広い範囲を切除したほうが有効です。


しかしながら、膵臓の周りにはほかの臓器や、大切な役目を担う血管が走っており、切除できる範囲が限定されています。これが、膵臓がんの治療を難しくしている大きな要因のひとつです。



出典:腫瘍マーカー.comさん
 
 


 
参照動画:鳥取県民チャンネルコンテンツ協議会
 
「聞いて納得!! 医療最前線:すい臓がん」
 




肩こり・首こりに効くツボとマッサージ方法について!肩こり・首こりの方必見です!



肩こりや首こりにお悩みの方は多いと思います。


肩こりや首こりは長時間のデスクワークや姿勢の悪さが主な原因とされています。


肩こりや首こりは血行不良が原因で起こりますが、これを放置しておくと脳への血液供給が低下し、老廃物も流れなくなり、その結果頭痛やめまいなどが起こりやすくなります。


そこで今回は、肩こり・首こりに効くツボとマッサージ方法についてわかりやすく解説されている『gooヘルスケア』さんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。





首こり・肩こりに効くツボとマッサージ方法



長時間のデスクワークや姿勢の悪さが首こり・肩こりの原因に


首すじから肩にかけて、ときには肩甲骨(けんこうこつ)のほうまで重苦しい感じがしたり、硬くこわばって痛んだり、首こり・肩こりはつらいものです。放っておくと慢性化して、ちょっとやそっとのことでは解消できなくなってしまいます。こったなと思ったら、さっそくツボマッサージをして、その日のうちに解消したいものです。


首や肩のこりは、姿勢の悪さ、目の疲れ、長時間の同一姿勢による作業などによって、筋肉や血管が圧迫され、血流が悪くなることで起こります。そのため長時間のパソコン作業などデスクワークを行う人には首こり・肩こりに悩んでいる人が多くみられます。また、姿勢が悪いと、内臓を圧迫して全身の血流を悪くして、疲労やこりが起こります。


肩こりの予防には、背筋を伸ばして内臓の血流を妨げないことが大切です。また、長時間同じ姿勢をとらないように、1時間作業したらストレッチをしたり歩いたり、こまめに体を動かすことを心がけてください。


マッサージを始める前には、大きく伸びをして、血流をよくしましょう。首と肩を蒸しタオルで温めたり、ゆっくり首をストレッチするのも、ツボマッサージの効果を高めます。




後頭部と肩、肩甲骨のツボをゆっくりやさしくマッサージ


パソコン作業や精神的ストレスによる緊張と疲労からくる首こり・肩こりは、後頭部の髪の生え際に沿ったツボと、肩、肩甲骨のツボをゆっくりやさしくマッサージをすると、すっきりします

 
後頭部のツボは、頭を両手で挟んで、親指で押したりもんだり頭頂に向かって押し上げると、首の血流やリンパの流れが良くなります。肩井(けんせい)と曲垣(きょくえん)は、肩をつかんで中指が当たるところが目安。中指の腹で指圧したりもんだりしてください。


001.gif



血流やリンパの流れをよくするマッサージを組み合わせて効果倍増


伸びをしてツボを押すだけでも楽になりますが、さらに効果アップのテクニックを紹介しましょう。肩・首回りの血流やリンパの流れをよくするマッサージをしてからツボを押すと、効果がよりアップします。試してみてください。


次のように、リンパ節のある場所を中心に指の腹でもむようにマッサージすると、こりやはりが楽になります。



1.肩を後ろに回しましょう。わきの下のリンパ節が活性化し、首と肩の血流もよくなります


2.鎖骨の上のくぼみにリンパ節があります。ここを、指の腹で円を描きながら押し込むようにマッサージしましょう。


3.胸鎖乳突筋(横を向いたとき出る首の筋肉)を上から下へ向かってマッサージします。この部分は頸動脈が走っているので、手の平や四指の腹で優しく皮膚を動かすように、外側に小さな円を描くようにもみましょう。


4.鎖骨の下、腕に近い部分をマッサージします。四指の腹で円を描くようにもみましょう。


5.耳の前と後ろをマッサージします。手の平を耳に当て、第1指から3指を耳の後ろに、第4指と5指を耳の前に当てて、上下にさすりましょう。


002.gif



(編集・制作 (株)法研)

執筆:佐藤 明子先生


出典:gooヘルスケアさん 

画像:gooヘルスケアさん
 



 
出典動画:HOTandODDchannel
 
「肩こり解消のためのリンパマッサージ」
 




知っておきたい健康情報!こむら返りの原因と予防法について!



pl-201426914419_R.png




これからの季節、海やプールなど長時間入っていることが多くなると、足がつったりすることってありますよね。
 
 
私の場合、寝ていて突然、足がつることがよくあります。きっと私のような経験をされている方、多いんじゃないでしょうか!
 
 
ということで今回は、足がつる原因と予防法について解説されている『雑学魂』さんの動画をご紹介させていただきます。
 
 
 

 
こむら返り(足がつる)原因&予防法!
 
 
突然、足がつってしまう症状のことを一般的に「こむら返り」と呼びます。
 
 
寝ていたり、運動していたら、突然やってくる「こむら返り」ってとっても痛いですよね。
 
 
できれば遭遇したくないものです。誰でも一度は遭遇する現象ですが、できるだけ早く状況改善したいものです。
 
 
今回は、そんな「こむら返り(足のつり)」の原因や対処法をご紹介します。
 
 
 
足がつるとは?
 
足がつるというのは、筋肉痙攣(けいれん)の一種で、筋肉やその周囲の筋、腱が許容範囲以上に伸びてしまうことで起こる現象。
 
 
ストレッチをサボって激しい運動をした時や、体のバランズを崩して変な体勢になった時など「あ〜」って感じで足をつっちゃうことってありますよね。
 
 
「足がつる」という症状は、足の筋肉が強い痛みを伴って、収縮や痙攣している状態のことをいいます。
 
 
とくに多いのが、ふくらはぎの筋肉が収縮や痙攣を起こす「こむら返り」。ふくらはぎの筋肉の収縮や痙攣は、数秒から数分にわたって続きます。
 
 
 
 
足がつる原因
 
 
原因は大きく2つあり、それは肉体疲労と栄養不足です。
 
 
多くの場合は筋肉疲労、水分不足、電解質の不足、寒暖の急激な変化、神経系の伝達機能低下など、いくつかの要素が重なって起きます。
 
 
運動不足であったり、普段とは違う筋肉の動かし方をしたり、急に力を入れたりして、筋肉に強い刺激を加えることや、体(筋肉)を冷やしてしまうことで血行が悪くなり、その影響で筋肉が収縮して足がつってしまうこともあります。
 
 
 
<様々な原因があります>
 
・筋肉疲労
 
・冷え
 
・運動(汗をかくなどの水分不足)
 
・普段と異なる動き
 
・汗をかいたり、下痢をしたときの脱水症状による電解質のバランスの崩れミネラル(カルシウム、マグネシウム、カリウムなど)不足
 
・神経の異常反射
 
・薬剤(降圧剤やホルモン剤)
 
・病気
 
 
スポーツなどをするときは、事前の水分&ミネラル補給や、運動中の定期的な水分&ミネラルが有効です。
 
 
 
足がつりやすい状況
 
水泳やマラソンなどで筋肉が疲労したと聞い、よく起こります。
 
 
これは、筋肉の使いすぎでエネルギーの補給が間に合わなくなり、乳酸という物質が筋肉に貯まり痙攣を引き起こします。
 
 
 
体が冷えた時い起こりやすい。例えばプールに長時間入ってる時など。
 
 
筋肉を酷使したり疲れがたまりすぎていると、疲労物質である乳酸が「これ以上筋肉を伸ばしてはいけない」ということを脳に伝達する機能を低下させます。
 
 
これによって伸長のストッパーが外れた状態となり、足がつりやすくなるわけです。
 
 
 
脱水状態になった時に、起こりやすい。例えば長時間サウナに入った後とか、大量の汗をかいた後とか。
 
 
カルシウムやマグネシウム、ナトリウム、カリウムといったミネラル分や、ビタミンB1やタウリンといった栄養素が不足していると、筋肉や神経が興奮しやすくなったり、疲労しやすくなったりするため、足がつることが多くなります。
 
 
 
無理な姿勢をした時に起こる場合がある。例えば足に負担をかけるような柔軟体操をした時など。
 
 
 
 
足がつった時の対処法
 
足がつっているときは、筋肉が縮んだまま伸びなくなっている状態ですので、つっている(縮んでいる)筋肉をゆっくりと伸ばすようにしましょう。
 
 
・ストレッチ
 
アキレス腱と足の裏の筋を伸ばす。普段から、段差を利用して、このストレッチを行うことも有効だそうです。
 
 
発作後の痛み、筋肉の硬い感じに対しては、軽く温めて、マッサージするのがベターです。
 
 
マッサージを行う際には、太ももから足首に向かってやさしく筋肉を押していくようにします。
 
 
また、足湯などで足周辺の体温を高めることも血行の改善に効果があります。
 
 
 
・ツボ
 
ふくらはぎがつった時は、承山(しょうざん)というツボを押してください。よく足がつる人は前兆を感じた時には押すのが最も効果的です。
 
 
なお足の裏がつる時は、足臨泣(あしりんきゅう)というツボが効果を発揮します。
 
 
 
1)体の力を抜く
 
こわばってしまいがちですが、なんとか痙攣したあしをリラックスさせてください。
 
 
 
2)楽な角度を見つける
 
痙攣した箇所は強くマッサージしがちですが、これは筋肉や筋にダメージを与え、肉離れにつながる恐れもあります。まずは痛くない角度を探ってください。
 
 
 
3)ゆーっくりストレッチ
 
楽な角度を見つけたら、じわじわストレッチをしてください。このストレッチが脳への伸長ストッパーの伝達機能を向上させ、急な収縮を止めてくれます。
 
 
 
4)足首をまわす
 
筋肉の緊張状態を解きほぐすために足の力を抜いて、足首を回します。
 
 
 
5)膝を立てて寝る
 
上記の方法は応急処置なので、根本的な解決にはなりません。
 
 
足を伸ばした状態では同じことが起こりうるので、足を伸ばさないようクッションなどをひざ裏に仕込み、足が伸びきらない状態にしておくといいでしょう。
 
 
 
 
予防法(普段の生活)
 
偏食をしない(バランスよく食べる)
 
1日1リットル以上の水の摂取(できればミネラルウォーター)
 
 
就寝中や起床時に足がつるのを防ぐためには、普段から疲れをためない。ミネラルや水分を十分に摂るといったことに気をつけておくと良いでしょう。
 
 
 
 
まとめ
 
今回は、足がつった時の対処法とともに、足がつる原因と予防法をご紹介しました。
 
 
ふくらはぎのつり(こむら返り)と同様、その他の部分(足裏など)のつりも、原因・予防などは基本的には同じだそうです。
 
 
カルシウムやマグネシウム、ナトリウム、カリウムといったミネラル分や、ビタミンB1やタウリンといった栄養素を摂取するように心がけることと日ごろから、夜寝る前などにゆーっくりストレッチをするなどして体のメンテナンスをしていきたいですね。
 
 

 
 
出典動画:雑学魂
 
『【衝撃】こむら返り(足がつる)原因&予防法!今すぐ確認、知ってよかった健康雑学!【雑学魂】』
 




大腸がんは早期発見が大事!大腸がんの可能性がある人に表れる症状と予防法とは!?



daichou.jpg




今回は「大腸がん」がテーマです。


大腸がんで亡くなる方が多くなっているそうす。男性よりも女性が多く、女性では大腸がんが第1位となっています。やはり女性の方が便秘になる方が多いからでしょうか。


ということで、今回は大腸がんの可能性がある人に表れる症状・大腸がんの予防法について解説されている『オホホch』さん動画をご紹介させていただきます。





【衝撃】大腸がんの可能性がある人に表れる症状がコチラ!どれかしらの症状が発症したら要注意!大腸がんの予防法とは・・・



日本人はがんで亡くなる人が4人に1人といわれている。そのうち、大腸がんで亡くなる人は、全体の第3位である。


とくに、女性では第1位となっており、大腸がんで亡くなる方が多くなっている。女性に多いわけは便秘になる方が女性に多いというのも一つの理由になる。腸内環境の悪化で大腸がんのリスクも上がる。


大腸がんは早期に発見できると100%治癒するといわれているが、どのようなメカニズムで起こるものなのか?



大腸がんとは

大腸の役割は、水分の吸収を行い、便を作ることである。大腸は、盲腸、結腸、直腸に分けられる。


大腸がんは、大腸の粘膜の細胞が何らかの原因でがん細胞となり、次第に大腸の壁に深く広がって進行していく病気である。


その進行は比較的ゆっくりだが、進行するにつれてリンパ節や肝臓などの別の臓器に移転していく。早期発見がとても重要。




大腸がんの初期症状


おならの回数が増えて、刺激臭、腐敗臭がする。腸内環境の良し悪しでお腹の調子も変わってしまう。


おならは腸のバロメーターである。刺激臭がある悪いおならはアンモニアや硫化水素が含まれていて、たんぱく質が主にウエルシュ菌等の悪玉菌によって分解されるから出る。


またおならの回数は食事の時に早食いの方は特に空気を一緒に飲み込んでいるからである。


飲み物では炭酸が入っているものをたくさん飲むとそれでもおならは増える。ストレスや消化の悪いものを食べたときなど、胃腸の調子がおかしくなる。




便通状態が良くない。(下痢気味)


下痢でお腹を壊した時には、腸が活発に動いているので、腹部を温めながら安静に休む。


食事は2〜3回ぐらいはおかゆや、うどん、スープなどのお腹にやさしいものを口に入れるようにしたほうが良い。


便に血液やドロッとしたものが含まれている状態が続いたり、便の色がいつもと比べて赤や黒、緑色など明らかに違う時は早めの受診が必要。


また、脱水症状を予防して、水分補給を忘れないように。


トイレに入っている時間が長くて、なかなか出れない。便が硬いので、出が悪くて時間がかかる。しかし、便秘が治るわけではない。排便時すっきりせず、残便感がある。便意があるのに出せないストレスで悩まされる。


時々下腹部がチクチクと痛む。大腸がんの初期症状として、時々お腹がチクチクするような痛みがしたり、何か変な違和感を感じることがある。


大腸内部でポリープが炎症を起こしていたり、がん化している時。よほど注意していないと、気がつかないと思うが、本人しかわからないいつもと違う感覚。


この初期の段階で発見することができれば、早期の治療で完全に治すことができる。




すぐに、身体が疲れてしまう


大腸がんの中でも、上行結腸に発症した場合は、腸の奥の方で出血していても気がつかない。しかし、出血が大腸内部で頻繁に起これば貧血状態になるので、非常に疲れやすくなる。




食欲がなくなる


お腹の違和感とか下痢が続いたりとかしているのが普通になってくると、徐々に食べる量も減少していく。


大腸がんの症状が少しづつ進行していくと排便が普通にできていたのも詰まってきたりして下痢や下血が生じてくるので食べたくなくなる。


さらに進行した大腸がんの症状には、次のようなものがある。




進行大腸がんの症状


腰痛

便が細くなる

腸閉塞

貧血

呼吸困難

食欲不振

体重の減少

嘔吐


大腸がんは症状が非常にでにくいがんで有名である。大腸がんは特徴的な症状に乏しく、早期の段階で本人が異常に気付くことが難しいケースが多い。




間違いやすい病気


痔(血便、下血)、虚血性大腸炎(下痢、腹痛)、過敏性腸症候群(下痢と便秘が繰り返す、便秘)、クローン病(腹痛、下痢、貧血、だるさなど)、大腸憩室症(発熱、血便、お腹の痛み)など。




大腸がんの原因


食生活の欧米化

日本では、米や野菜中心の食生活だったが、近年の食生活では急速に欧米化しており、肉や油などたんぱく質や脂肪分の多い食事に変化している。


たんぱく質やカロリーの高い食事を食事を摂ると、便が大腸にとどまる時間が長くなり、便に含まれる発がん性物質も長い時間とどまる。そのため、がんが発生しやすくなる。



たばこ

たばこは大腸だけでなく、肺や胃などの消化器系の臓器へ影響を与えやすいといわれている。


大腸にたばこの煙が直接ふれることはないが、発がん性物質を身体に取り込むため、吸わない人に比べると約7倍大腸がんになりやすいといわれている。



過度の飲酒

たくさんのお酒を摂取することは明らかなリスク要因としてわかっている。


欧米人に比べて日本人のほうがアルコールの影響を受けて、がんになりやすいと報告されており、男女ともに適度な飲酒にとどめることが必要。


日本国内では大腸がんの症状と死亡者が多く見られる県は沖縄県で、次に青森県、秋田県、山形県、岩手県と続いている。これはアルコール消費量が多いのが一番の原因と考えられる。



運動不足

運動が大腸がんのリスクを軽減することは、米国国立がん研究所から報告されている。


特にデスクワークの多い人が大腸がんになりやすいともいわれている。意識して身体を動かすことが有効である。



肥満

特に男性において肥満が関係するといわれている。BMI27以上で、大腸がんになる可能性の確実な上昇がみられると報告されている。



遺伝

大腸にポリープができやすい体質の人がおり、遺伝的要因のひとつとして考えられている。




大腸癌を予防するために


最も効果の高い確実なことは定期的に内視鏡をおこない、ポリープのうちに切除することである。



大腸癌をもっとも強力に予防する効果があるのは野菜


野菜の大腸癌予防の理由は二つあると考えられている。食物繊維と抗酸化作用のあるビタミン(色素)。


食事面での大腸がんの予防法としては、野菜類、豆類、果物、穀類、海草類、キノコ類、ビタミンC・Eは大腸がんの危険度を下げる効果があるといわれている。



アルコールや加工肉の摂取量を少なくするのと禁煙


大腸がんを予防するためには、アルコールや加工肉の摂取量を少なくする、禁煙、野菜不足にならないようバランスのとれた食事に注意して肥満にならないよう心がける。



運動・休養


運動は、大腸がん予防に非常に効果が高いことがわかっている。全身運動(水泳・ジョギング・ダンスなど)がおすすめ。


定期的に運動を行って運動不足を解消することやしっかりと休養をとることも大事。



コーヒー


米ハーバード大学の研究によれば、コーヒーを1日4杯以上飲んでいる大腸がん患者は、ほとんど飲まなかった患者に比べて、大腸がんを再発するリスクや死亡するリスクが低くなるという結果がある。



いかがでしたか?

大腸がんは、見つけるのが早ければ早いほど、完全に治る可能性が高くなります。また、家族に大腸がんになった人がいる場合や大腸ポリ−プがある人などは特に注意が必要です。


そして、自分の排便の状態を常にチェックしておくことも大切です。急に便秘の症状が現れていないか、血便はないかなど便の状態や排便習慣を小まめにチェックするようにしましょう。


定期的に健診を受けて自分の状態をチェックすることも大切です。大腸がんは早期に発見できれば予後はよいため、何か異常があればすぐに検査を受けることが大切です。




 
出典動画:オホホch
 
「【衝撃】大腸がんの可能性がある人に表れる症状がコチラ!どれかしらの症状が発症したら要注意!大腸がんの予防法とは・・・」
 




Copyright © 健康シェア広場 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます