健康関連のカテゴリ記事一覧

毎日心と体が健康でハッピーでより良い人生を送るために役立つ情報を発信しています。

カテゴリ:健康関連

健康関連のカテゴリ記事一覧。毎日心と体が健康でハッピーでより良い人生を送るために役立つ情報を発信しています。
腸は第2の脳!!知っておきたい腸に関する10の豆知識!

健康関連
腸は第2の脳ともいわれているのは、もうご存知だと思います。腸には1億個もの脳細胞が存在し、大量の免疫細胞も宿しており、外部からの侵入者を撃退するうえで大きな役…

記事を読む

左向き睡眠が体にもたらす8つのメリットが凄すぎる!!知らないと絶対損です!

健康関連
あなたの寝方は、仰向け、うつ伏、左向き、右向き?人それぞれ寝方は違うと思いますが、実は左向きで寝ることが体に一番よい寝方だそうです。ということで、今回は左向き…

記事を読む

毎日食べたい10の食品!抗酸化作用のある食べ物で老化は防げる!

健康関連
「いつまでも若くありたい!」誰もがそう思うものですよね。私たちが毎日、口に入れる食べ物で体が作られます。だから口にする食べ物はとても大事!身体が酸化するのを防…

記事を読む

心筋梗塞が起こる1か月前に出る6つの前兆と症状について!知らないと後悔します!

健康関連
心筋梗塞は日本人の3大死因の1つ言われています。心筋梗塞とは、心臓の血管が狭くなったところに動脈硬化でできた血栓が詰まって、血液が流れなくなる病気です。心筋梗…

記事を読む

ドロドロ血液が心臓や脳の病気を引き起こす!見直したい生活習慣とは!?

健康関連
ドロドロ血液が動脈硬化になり、そして最悪、心疾患や脳卒中の病気を引き起こしてしまします。そうならない為には、規則正しい生活を心掛けることがとても大切です。そこ…

記事を読む

腸は第2の脳!!知っておきたい腸に関する10の豆知識!



d07868dc.jpg




腸は第2の脳ともいわれているのは、もうご存知だと思います。


腸には1億個もの脳細胞が存在し、大量の免疫細胞も宿しており、外部からの侵入者を撃退するうえで大きな役割を果たしてくれているのだそうです。


ということで、今回は「腸は第2の脳」ともいわれている腸の凄さについてわかりやすく解説されている『wakuwaku channel』さんの動画をご紹介します。





1. 脳の監視がなくても機能できる唯一の臓器


腸は権威に抗するレジスタンスのように、脳からの信号を待つことなく消化という重要な機能を果たすことができる。こうした芸当は、他の臓器はもちろん、あの力強い心臓でさえできないことだ。




2. 1億個もの脳細胞が存在する


腸が自分で判断できるのも驚くにはあたらない。食道から肛門まで続く9mの腸には、無数の脳細胞が存在するのだから。このニューロンの数は脊髄や末梢神経系よりも多いのだ。




3. 腸は独自の神経系を持つ


腸の神経系は、消化や排泄を司る絶対者として君臨しており、それ自体であらゆる機能を遂行する。科学者の中には、ここを中枢神経系の一部とみなす者や、その本体であるとみなす者もいる。”実行”刺激がくると、脳からの司令なく腸にキューを出すよう進化したようにも見える。これは無力な新生児の脳を考えると特に妥当に思えてくる。




4. 脳に感情のサインを送る


腸には迷走神経という、大きくて、厄介な神経が埋め込まれている。研究では、その繊維の最大90パーセントまでが腸から脳へと情報を運んでいることが明らかとなっている。言い換えると、脳は腸からの信号を感情として解釈しているのだ。だから、あなたは心から腸を信頼するべきだ。




5. 胃腸障害は腸の”精神疾患”とも言えるかもしれない

 
抗鬱剤として身体の調子を整える素晴らしい気分物質セロトニンだが、およそ95パーセントが腸の中で見ることができる。ということは、食事や薬、抗生物質が人の気分をめちゃくちゃにしてもちっとも不思議ではないということだ。




6. 健康な腸は骨を守る


セロトニンと腸の関係を調べた研究から、腸と骨との意外な関係までが浮き彫りにされた。マウスを使った実験で、腸からのセロトニン放出を抑制すると、骨粗しょう症の骨密度低下が抑えられたのだ。この発見は、骨粗しょう症の新薬研究につながった。




7. 自閉症と腸内細菌株の関係


十中八九と言ってもいいほど、自閉症の患者には、腸管壁浸漏症候群、過敏性腸症候群、有益な細菌株の不足といった、腸のバランス不全が見られる。マウスを使った実験の結果からは、腸内の細菌叢のバランスを取り戻すことは、自閉症の一部の行動障害に対する治療につながるようだ。ただし、これによって自閉症が”寛解”するわけではないことに注意しよう。




8. 何を食べたかで腸が気分に影響を与える


様々な食事をチューブを通して腸に与えた実験からは、被験者が何を”食べている”のか分かっていなくても、気分に影響を与えることが確認された。例えば、脂肪は、脳の天然の麻薬であるドーパミン放出の引き金となるようで、幸福感や喜びを増加させる。一方で、炭水化物は、幸せ神経伝達物質セロトニンの放出を刺激する。




9.腸に宿る免疫細胞が病気から守ってくれる


腸には脳細胞があるだけでなく、70パーセントという大量の免疫細胞も宿している。これは腸関連リンパ組織といい、外部からの侵入者を撃退するうえで大きな役割を果たす。

 


10. 脳と同じく麻薬中毒になる


腸内には、脳のものと同じ麻薬受容体がある。したがって、脳と同じく簡単に麻薬依存症になってしまううえ、その悪癖を絶つときにも大きな困難が伴う。



画像:カラパイアさん





出典動画:wakuwaku channel

「腸は第2の脳。腸に関する10の豆知識」





左向き睡眠が体にもたらす8つのメリットが凄すぎる!!知らないと絶対損です!



iStock_75650125_MEDIUM-660x439.jpg




あなたの寝方は、仰向け、うつ伏、左向き、右向き?


人それぞれ寝方は違うと思いますが、実は左向きで寝ることが体に一番よい寝方だそうです。


ということで、今回は左向きで寝ることによる8つのメリットについてわかりやすく解説されている『不思議サイレントダンス』さんの動画をご紹介します。





生き物すべてが必要とする『睡眠』


睡眠がなぜ必要なのか、人はなぜ眠るのかについては解明されていませんが、」体、脳を休ませ、生命維持のために必要不可欠だと考えられます。そして、人の成長、寿命にも睡眠が多く影響していることが研究で明らかにされました。


睡眠を取るときは、皆それぞれ寝やすい姿勢があると思います。安眠出来る寝相は様々ですが眠りやすい姿勢が体に最良の姿勢とは限らないのです。


体に一番よい寝相が研究により明らかにされたと注目されています。


アユールヴェーダの専門医であるJohn Douillard博士は、健康上最良の寝相は左向きに寝ると結論付けました。この姿勢が他の姿勢よりもデメリットが少なく、健康的に長寿を得ることができるのだそうです。


今回、そんな左向き寝のもたらすメリットをご紹介します。



胸焼け、消化不良を起こさない

激辛料理や脂っこい食べ物を食べた後は、左向きに寝るのがいいようです。左向きで寝ることで、胸焼けを緩和できるらしいです。胃の形的に、右向きで寝るときは、食道を胃酸が逆流し、胸焼けの原因になってしまうのです。




いびきを改善する

人のいびきのせいで、眠れなかったという経験はありませんか?ひょっとしたらそれらは、寝る向きを変えるだけで解決するかもしれません。


閉塞性睡眠時無呼吸症候群の人に、左向きで寝ることは効果があるのだそうです。左向き寝をすれば、いびきの原因である、重力で舌の付け根部が気道を圧迫するということがなくなります。




消化と吸収を助ける

『左向きい寝る時、消化器官では、重力によって食べた物がスムーズに移動する。』とohn Douillard博士は述べます。排泄物が小腸から大腸に移動しやすく、お通じが良くなるのです。




心臓に負担をかけない

器官のうちで最重要なのが心臓です。左向きに寝ると、心臓の健康にまでよい影響を及ぼすのです。リンパ液が心臓に向かって排出されることにより、心臓が無駄な動きをせず、睡眠を助けるそうです。




脾(ひ)臓を整える

心臓と同じく、左向きによりいい影響を受けるのが脾(ひ)臓。脾臓がリンパの塊のようなもので、体の左側にあるため、心臓同様、重力に逆らわない向きが最適らしいです。




リンパの流れをよくする

脇の下や首を通るリンパ節のバランスを整えることは、健康を維持するうえで大切です。睡眠健康法として「Healthy Life Trick」も左向きを推奨しています。


体を流れるリンパの大事な部分は左にあり、左を下にすることにより、老廃物、毒素をろ過するためだそうです。




血液循環をよくする

血流を促し、静脈瘤の危機を未然に防げるのだそうです。体右側の大動脈に圧がかからないので、血の循環がスムーズに滞りなく行われます。


足の静脈に血が詰まって、ボコッと血管が浮き出ている人には特に左向きの実践を呼びかけましょう。




胎児への血液循環がよくなる

妊娠時、左向きで寝ることにより血流が改善し、胎児の健康に良い影響があるそうです。妊婦さんならば、耳にしたことがあるかもしれません。





出典動画:不思議サイレントダンス

【驚愕】 知らないと絶対損!左向きで寝る睡眠が体にもたらす8つの変化がすごすぎる…【人体の不思議】






毎日食べたい10の食品!抗酸化作用のある食べ物で老化は防げる!



hqdefault.jpg




「いつまでも若くありたい!」誰もがそう思うものですよね。


私たちが毎日、口に入れる食べ物で体が作られます。だから口にする食べ物はとても大事!


身体が酸化するのを防ぎ、老化を食い止めることができる食べ物があれば、是非とも毎日の食生活に取り入れたいですよね。


ということで、今回は抗酸化作用のある食べ物で老化は防げる、毎日食べたい10の食品についてわかりやすく解説されている『Sunnyanne の衝撃 驚愕 ch』さんの動画をご紹介します。





抗酸化作用、という言葉をよく耳にするようになりました。


アンチエイジングに興味のある世代なら、誰でも意識している言葉だと思います。


そもそも、老化とは「身体が酸化し、錆び付いてしまうこと」です。


具体的には、全身の細胞から発生する活性酸素が身体を酸化させてしまうのです。


ですから身体が酸化するのを防ぐ、すなわちこの活性酸素の発生を抑えることができれば、老化を食い止めることも可能ということです。


活性酸素の発生を抑える作用のことを、抗酸化作用と呼んでいます。


そしてありがたいことに、抗酸化作用の高い食品というものが存在します。


今回は、抗酸化作用の高い食品についてご紹介しますね。




抗酸化作用のある食べ物で老化は防げる!毎日食べたい10の食品



食品その1:実は、抗酸化作用の高い筆頭食品は「バナナ」


食品その2:その色の濃さが抗酸化作用の証!「カボチャ&ニンジン」


食品その3:色が薄くても抗酸化作用では負けません!「キャベツ」


食品その4:「ニンニク、ショウガ」は抗酸化作用の王様です


食品その5:「蕎麦」を食べる人が長生きする理由


食品その6:イソフラボンにも抗酸化作用が!「大豆」


食品その7:抗酸化作用の高い身近な飲み物「緑茶」


食品その8:ベリーでフリーラジカルを撃退!


食品その9:アボカドは完全アンチエイジング食品!


食品その10:アーモンドで糖化を抑えて「しわ」「たるみ」にさようなら





今回ご紹介しました抗酸化作用のある食べ物で老化は防げる!毎日食べたい10の食品はいかがでしたか?


どの食品も手に入れやすいものばかりですので、是非毎日の食生活に取り入れて老化を防ぎ、若々しい身体を手に入れてください。





出典動画:Sunnyanne の衝撃 驚愕 ch

「【衝撃】抗酸化作用のある食べ物で老化は防げる!毎日食べたい10の食品」






心筋梗塞が起こる1か月前に出る6つの前兆と症状について!知らないと後悔します!



9.jpg




心筋梗塞は日本人の3大死因の1つ言われています。


心筋梗塞とは、心臓の血管が狭くなったところに動脈硬化でできた血栓が詰まって、血液が流れなくなる病気です。


心筋梗塞になると20分ほどで心臓の筋肉(心筋)が壊れ始め、対処が遅れると命にかかわる恐ろしい病気です。


その心筋梗塞ですが、心筋梗塞が起こる前兆と症状があるそうなのです。


ということで、今回は心筋梗塞が起こる1か月前に出る6つの前兆と症状についてわかりやすくまとめられている『ラーメン新聞社』さんの動画をご紹介させていただきます。



  

心筋梗塞が起こる1か月前に出る6つの前兆と症状



心臓の病気は世界共通の深刻な問題です。


例えばアメリカでは毎年75万人もの人が心臓発作を起こしており、死亡原因のトップにも挙げられています。


日本でも、虚血性心臓疾患(狭心症・心筋梗塞症)は日本人の3大死因の1つです。心筋梗塞だけでも、その発症数は年間約15万人で、そのうち30%の方が死亡しています。


人間の体は心筋梗塞が起こる前にその兆候のサインを発します。


ハーバード大の研究では、患者が心筋梗塞を起こす前に前兆の症状が見られたケースは8割弱にものぼるという調査結果が報告されています。


前兆のサインがどのようなものなのかを知っているだけで、心筋梗塞の予防だけでなく、いざ起こってしまった時に備えておくことができるのです。


次の症状に心当たりのある人は、病院を受診することをお勧めします。



1.疲労感


特に理由もないのに、いつも疲れている。寝不足が続いたり、いつもより活動的に行動したりするとよく起きる症状です。


しかし、例えばただ買い物に行っただけで極端に疲れたり、階段を上がっただけでひどく息が切れるというような場合は軽く考えない方がいいでしょう。


心臓に負担がかかり、必要な量の血液を供給できなくなっている場合があります。




2.胸の圧迫感、背中や左肩の痛み


心筋梗塞の前兆として一般に知られるのは、胸をギュッとつかまれるような強い圧迫感です。胸、背中、歯、肩、あご、首、腕、腹部の痛みとともに起こることもあります。


特に、左肩の痛みには気をつけて下さい。左肩から脳、心臓部から脳へと痛みを伝える神経伝達回路は一緒であるため、脳の痛みの信号を左肩がキャッチして左肩への痛みが生じることがあります。


体に痛みを感じているにも関わらず異常が見られない場合は、心臓に異常がある場合もあるので内科での診察を受けるようにしましょう。




3.動悸・息切れ


動悸や息切れは、動脈に詰まりが起こり、心臓が十分な酸素を肺に供給できていないことを示しています。狭心症や心筋梗塞が進行している時によく出る症状です。


ちょっとした動作でもすぐに動悸・息が切れるような状況が続いている場合は、気をつける必要があります。




4.だるさ、左手小指のしびれ


身体の力が弱くなり、エネルギーが不足していると感じる場合は、身体の筋肉に十分な酸素が届いていないことを示しています。


同時に、左手小指に痛みやしびれがある場合は要注意です。この症状は心臓発作の初期症状としてよく見られるもので、心臓の冠動脈が動脈硬化していることで酸素が不足していることのサインです。




5.めまいと冷や汗


まずは医師に相談してみることをお勧めします。


過剰に汗をかくのは心臓発作の初期症状に見られるものであり、めまいは脳に酸素が不足していることを示唆しています。




6.風邪


季節の変わり目などにせきや鼻水、発熱が起こるという人は多いと思います。もちろん多くの場合はただの風邪でしょう。


しかし、実はこれらの症状が心臓発作が起こるおよそ1か月前にもよく見られるということは、あまり知られていないのではないでしょうか。


特にせきは、血流を改善しようとして起こる身体の生体反応であるという側面もあるのです。



心筋梗塞で最も大切なことは予防、そして早期の発見です。早期発見をすることができればほぼ確実に治療することができる病気なのです。


前兆を感じたらすぐに病院を受診するようにしましょう。家族に心臓疾患があるという人、またストレスの多い仕事や食習慣や運動習慣が乱れた生活を続けている人は特に気をつけてください。


心臓病のリスクを減少させるためには、喫煙やアルコールの過剰摂取は避け、健康的な食事、十分な睡眠、適度な運動を心掛け、ストレスレベルを抑えてうまく解消する方法を身に着けること。


つまり、心筋梗塞を起こさないような健康的な体を手に入れることが大切です。しかし、あまり考えすぎて逆にストレスを感じてしまうことのないように!


 


出典動画:ラーメン新聞社

「心筋梗塞が起こる1か月前に出る6つの前兆と症状 ハプニング 恥ずかしい 知ると後悔する 知らなきゃヤバい 大人の雑学」





ドロドロ血液が心臓や脳の病気を引き起こす!見直したい生活習慣とは!?



ketueki-dorodoro.jpg




ドロドロ血液が動脈硬化になり、そして最悪、心疾患や脳卒中の病気を引き起こしてしまします。


そうならない為には、規則正しい生活を心掛けることがとても大切です。


そこで今回は、ドロドロ血液を放っておくとどうなるのか?病気にならないためのポイントについてわかりやすく解説されている『B BEE Channel』さんの動画をご紹介させていただきます。



  

ドロドロ血液を放っておくと本当に危険!



そもそもドロドロ血液って何?


健康診断や人間ドックなどを受けると、自分のコレステロールの値がどれくらいか気になりますよね。コレステロール値が高い状態が続くと、いわゆるドロドロ血液状態となり放置しておくと危険です。


血液中のコレステロール(脂質)が増えた状態が続くと、コレステロールが血管の壁に入り込み血管の壁を硬化させます。そして血管の内側が狭くなって(通り道が細くなるために)血液が流れにくくなります。いわゆる動脈硬化です。




動脈硬化って何?


動脈硬化が進行すると、心臓や脳にかかわる病気を引き起こしてしまいます。このような動脈硬化や高コレステロールの状態は、かなり度合いが進行しないと自覚症状が出ないため、普段から食事や生活に意識を向けることが鍵となります。


大切な家族に迷惑をかけたくないですよね。また、内臓脂肪型肥満をベースに、脂質代謝の異常・高血圧・高血糖といった生活習慣病を抱えた状態をメタボリックシンドローム(メタボリック症候群)といいます。


生活習慣病とは悪しき生活習慣が関係する病気を指しています。生活習慣病の原因としては、偏った食事・食べ過ぎ・飲酒・喫煙・運動不足のような生活習慣のほか遺伝などがあります。




内臓脂肪型肥満を放っておくとキケン!


男性はお腹に脂肪がつきやすい内臓脂肪型肥満が多く、女性は妊娠・出産などに備えてお腹側より背中側につきやすくなっています。ただし、女性も40代以降は内臓脂肪がつきやすくなりますので注意が必要です。


コレステロールの高い人は、食事や生活を改善していくことがポイントです。・ウォーキングやラジオ体操、ストレッチ、階段を使用するなど、普段から軽い運動を心掛けるようにしましょう。


・スポーツクラブやジムに通える方は、週に2〜3回通って、定期的に筋トレやランニングなどの有酸素運動を行いましょう。インストラクターに相談すると、アドバイスをもらえたり、自分専用のプログラムを組んでくれたりします。




コレステロールを下げる食事のポイント


・コレステロールは体内(肝臓)で作られるのが主ですが、摂取した食べ物からも作られるためコレステロールの高い食品は控えましょう。(例)イクラやたらこなどの魚卵、レバー、バターやケーキ、アイスなどは控える。


・タンパク質は魚や大豆製品から多めに摂り、肉は控えめにしましょう。肉の食べ過ぎは腸内環境を悪化させます。魚の脂肪はコレステロールや中性脂肪を減少させます。(例)青魚(さば・ぶり・あじ等)、豆腐、納豆など。


・炭水化物・タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラルをバランスよく摂取しましょう。


・ビタミン、ミネラルは他の栄養素の代謝を促してくれるので意識して摂りましょう。




コレステロールを排出するには


・食物繊維はコレステロールを体外へ排出する働きがあるため、しっかり摂りましょう。(例)野菜、海藻類など。また、食物繊維には水溶性と不溶性があります。お腹の調子に合わせて使い分け(食べ分け)を行うと良いでしょう。


コレステロールを下げるには、バランスの良い食事と定期的な運動、規則正しい生活を心掛けることが基本です。1つ2つ変えていくだけでも体調の変化を感じることが出来ると思います。続けることで体調を良くしていきましょう。


 

  
出典動画:B BEE Channel / ビービーチャンネル

「【健康雑学】ドロドロ血液を放っておくと本当に危険! 食・健康・美容に役立つオススメyoutube動画!」





Copyright © 健康シェア広場 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます