健康 美容 ダイエット

毎日心と体が健康でハッピーでより良い人生を送るために役立つ情報を発信しています。

記事一覧

手のしびれや痛みはありませんか?手が教えてくれる健康状態!それは病気のサインかもしれませんよ!?

健康関連
毎日、パソコンを触っているので、最近、指先などしびれる時があります。  パソコンを使うことが多い現代、あなたも指先を酷使しすぎて、手のしびれや痛みを経験したこ…

記事を読む

こむら返りの原因と予防法について!知っておきたい健康情報!

健康関連
疲れている時など、足がつったりすることってありますよね。  私の場合、寝ていて突然、足がつることがよくあります。きっと私のような経験をされている方、多いんじゃ…

記事を読む

大腸がんは早期発見が大事!大腸がんの可能性がある人に表れる症状と予防法とは!?

健康関連
今回は「大腸がん」がテーマです。  大腸がんで亡くなる方が多くなっているそうす。男性よりも女性が多く、女性では大腸がんが第1位となっています。やはり女性の方が…

記事を読む

手のしびれや痛みはありませんか?手が教えてくれる健康状態!それは病気のサインかもしれませんよ!?



hqdefault.jpg




毎日、パソコンを触っているので、最近、指先などしびれる時があります。
 
 
パソコンを使うことが多い現代、あなたも指先を酷使しすぎて、手のしびれや痛みを経験したことはありませんか?
 
 
それだけじゃない、循環器系の問題や糖尿病などでもしびれなどが起こるときもあるそうですよ。
 
 
手には多くの神経が集まっていて、何かしら身体の中で問題が起こると手や指先に症状が現れるそうなのです。
 
 
そこで今回は、手が教えてくれる健康状態について、わかりやすく解説されている『Urahoro Hope』さんの動画をご紹介させていただきます。
 
 
 

 
私たちの手は、身体の中で何が起こっているのかを表すバロメーターとしての役割を担っています。
 
 
手に数多くの神経が集まっているということは有名ですが、身体の中で何らかの問題が起きているとき、手のひらや指先に警告サインを発するそうです。
 
 
今回は身体の症状や栄養の不足などによっておこる手の変化についていくつかご紹介しましょう。
 
 
 
1.ビタミン不足
 
 
手にチクチクとした痛みを感じる場合、ビタミンB1、B6、B12、またはビタミンEなどが不足していることを表すサインかもしれません。
 
 
実際にビタミンが不足しているのかをしっかりと調べるためには、血液検査を受ける方法があります。
 
 
 
 
2.循環器系の問題
 
 
指先、時に右手の指先に痺れを感じる場合、考えられる原因としては神経が圧迫、または心臓や循環器系の疾患の可能性があります。
 
 
 
 
3.糖尿病
 
 
チクチクした痛みが足から始まり、それが体を上っていって最終的に手に現れるというような場合は、糖尿病のサインである恐れがあります。
 
 
これは、血液の循環の低下により、末梢神経に損傷が起こっていることが考えられます。
 
 
 
 
4.疲れ
 
 
日常的に重いものを持ち上げたり、あるいは手首を変な方向に曲げた状態が長く続くと、皮膚のすぐ下に通っている神経に大きな圧力がかかってしまいます。
 
 
このような場合にも手のひらの表面にチクチクとした痛みが出ることがあります。このような痛みがある場合は、手を休めてください。
 
 
また、全身のストレスレベルを下げるため、睡眠をしっかり取ることを心がけましょう。
 
 
 
 
5.脊椎の問題
 
 
脊椎に問題が発生すると、神経の通り道が阻害され、結果として手に症状が現れることがあります。
 
 
手の指に痺れがある場合は、必ず医師の診察を受けるようにしてください。
 
 
 
 
6.手根管症候群
(しゅこんかんしょうこうぐん)

 
 
横になったときや関節の力を解放した時に、手にチクチクとした感覚を覚える場合、腕の中を通っている神経が何らかの理由で圧迫されていることが考えられます。
 
 
この症状は放っておくと痺れや痛みが現れ、痛みが慢性化してしまう可能性があるので、適切な治療を受ける必要があります。
 
 
心当たりのある人はすぐに病院で診てもらうことをお勧めします。
 
 
 
 
7.閉塞性血栓性血管炎
(へいそくせいけっせんせいけっかんえん)

 
 
指先が痺れて青白く変色してしまうという症状が見られる場合は、閉塞性血栓性血管炎の可能性を考えてみる必要があるかもしれません。
 
 
閉塞性血栓性血管炎とは、血管の炎症や血栓による血流低下により、手足に痺れや痛み、冷えが発生する難病です。
 
 
原因は不明の病ですが、ストレス過多な喫煙者に多発すると考えられています。
 
 
 
 
私たちの手は身体の中で起こっている異変を感知し、危険信号を送ってくれる緊急連絡センターのような役割を持っています。
 
 
今後は手が送ってくれるサインにもう少し気を配ってみるのもいいかもしれません。
 
 
今回ご紹介したような症状を感じたら、すぐに医師に相談することを忘れないようにしましょう。
 
 
   
 
 
出典動画:Urahoro Hope
 
『手が教えてくれる健康情報!それは病気のサインかも?見逃さないで』
 

 
 
 
 

こむら返りの原因と予防法について!知っておきたい健康情報!



pl-201426914419_R.png




疲れている時など、足がつったりすることってありますよね。
 
 
私の場合、寝ていて突然、足がつることがよくあります。きっと私のような経験をされている方、多いんじゃないでしょうか!
 
 
ということで今回は、足がつる原因と予防法について解説されている『雑学魂』さんの動画をご紹介させていただきます。
 
 
 

 
こむら返り(足がつる)原因&予防法!
 
 
突然、足がつってしまう症状のことを一般的に「こむら返り」と呼びます。
 
 
寝ていたり、運動していたら、突然やってくる「こむら返り」ってとっても痛いですよね。
 
 
できれば遭遇したくないものです。誰でも一度は遭遇する現象ですが、できるだけ早く状況改善したいものです。
 
 
今回は、そんな「こむら返り(足のつり)」の原因や対処法をご紹介します。
 
 
 
足がつるとは?
 
足がつるというのは、筋肉痙攣(けいれん)の一種で、筋肉やその周囲の筋、腱が許容範囲以上に伸びてしまうことで起こる現象。
 
 
ストレッチをサボって激しい運動をした時や、体のバランズを崩して変な体勢になった時など「あ〜」って感じで足をつっちゃうことってありますよね。
 
 
「足がつる」という症状は、足の筋肉が強い痛みを伴って、収縮や痙攣している状態のことをいいます。
 
 
とくに多いのが、ふくらはぎの筋肉が収縮や痙攣を起こす「こむら返り」。ふくらはぎの筋肉の収縮や痙攣は、数秒から数分にわたって続きます。
 
 
 
 
足がつる原因
 
 
原因は大きく2つあり、それは肉体疲労と栄養不足です。
 
 
多くの場合は筋肉疲労、水分不足、電解質の不足、寒暖の急激な変化、神経系の伝達機能低下など、いくつかの要素が重なって起きます。
 
 
運動不足であったり、普段とは違う筋肉の動かし方をしたり、急に力を入れたりして、筋肉に強い刺激を加えることや、体(筋肉)を冷やしてしまうことで血行が悪くなり、その影響で筋肉が収縮して足がつってしまうこともあります。
 
 
 
<様々な原因があります>
 
・筋肉疲労
 
・冷え
 
・運動(汗をかくなどの水分不足)
 
・普段と異なる動き
 
・汗をかいたり、下痢をしたときの脱水症状による電解質のバランスの崩れミネラル(カルシウム、マグネシウム、カリウムなど)不足
 
・神経の異常反射
 
・薬剤(降圧剤やホルモン剤)
 
・病気
 
 
スポーツなどをするときは、事前の水分&ミネラル補給や、運動中の定期的な水分&ミネラルが有効です。
 
 
 
足がつりやすい状況
 
水泳やマラソンなどで筋肉が疲労したと聞い、よく起こります。
 
 
これは、筋肉の使いすぎでエネルギーの補給が間に合わなくなり、乳酸という物質が筋肉に貯まり痙攣を引き起こします。
 
 
 
体が冷えた時い起こりやすい。例えばプールに長時間入ってる時など。
 
 
筋肉を酷使したり疲れがたまりすぎていると、疲労物質である乳酸が「これ以上筋肉を伸ばしてはいけない」ということを脳に伝達する機能を低下させます。
 
 
これによって伸長のストッパーが外れた状態となり、足がつりやすくなるわけです。
 
 
脱水状態になった時に、起こりやすい。例えば長時間サウナに入った後とか、大量の汗をかいた後とか。
 
 
カルシウムやマグネシウム、ナトリウム、カリウムといったミネラル分や、ビタミンB1やタウリンといった栄養素が不足していると、筋肉や神経が興奮しやすくなったり、疲労しやすくなったりするため、足がつることが多くなります。
 
 
 
無理な姿勢をした時に起こる場合がある。例えば足に負担をかけるような柔軟体操をした時など。
 
 
 
 
足がつった時の対処法
 
足がつっているときは、筋肉が縮んだまま伸びなくなっている状態ですので、つっている(縮んでいる)筋肉をゆっくりと伸ばすようにしましょう。
 
 
・ストレッチ
 
アキレス腱と足の裏の筋を伸ばす。普段から、段差を利用して、このストレッチを行うことも有効だそうです。
 
 
発作後の痛み、筋肉の硬い感じに対しては、軽く温めて、マッサージするのがベターです。
 
 
マッサージを行う際には、太ももから足首に向かってやさしく筋肉を押していくようにします。
 
 
また、足湯などで足周辺の体温を高めることも血行の改善に効果があります。
 
 
 
・ツボ
 
ふくらはぎがつった時は、承山(しょうざん)というツボを押してください。よく足がつる人は前兆を感じた時には押すのが最も効果的です。
 
 
なお足の裏がつる時は、足臨泣(あしりんきゅう)というツボが効果を発揮します。
 
 
 
1)体の力を抜く
 
こわばってしまいがちですが、なんとか痙攣したあしをリラックスさせてください。
 
 
 
2)楽な角度を見つける
 
痙攣した箇所は強くマッサージしがちですが、これは筋肉や筋にダメージを与え、肉離れにつながる恐れもあります。まずは痛くない角度を探ってください。
 
 
 
3)ゆーっくりストレッチ
 
楽な角度を見つけたら、じわじわストレッチをしてください。このストレッチが脳への伸長ストッパーの伝達機能を向上させ、急な収縮を止めてくれます。
 
 
 
4)足首をまわす
 
筋肉の緊張状態を解きほぐすために足の力を抜いて、足首を回します。
 
 
 
5)膝を立てて寝る
 
上記の方法は応急処置なので、根本的な解決にはなりません。
 
 
足を伸ばした状態では同じことが起こりうるので、足を伸ばさないようクッションなどをひざ裏に仕込み、足が伸びきらない状態にしておくといいでしょう。
 
 
 
 
予防法(普段の生活)
 
偏食をしない(バランスよく食べる)
 
1日1リットル以上の水の摂取(できればミネラルウォーター)
 
 
就寝中や起床時に足がつるのを防ぐためには、普段から疲れをためない。ミネラルや水分を十分に摂るといったことに気をつけておくと良いでしょう。
 
 
 
 
まとめ
 
今回は、足がつった時の対処法とともに、足がつる原因と予防法をご紹介しました。
 
 
ふくらはぎのつり(こむら返り)と同様、その他の部分(足裏など)のつりも、原因・予防などは基本的には同じだそうです。
 
 
カルシウムやマグネシウム、ナトリウム、カリウムといったミネラル分や、ビタミンB1やタウリンといった栄養素を摂取するように心がけることと日ごろから、夜寝る前などにゆーっくりストレッチをするなどして体のメンテナンスをしていきたいですね。
 
 

 
 
出典動画:雑学魂
 
『【衝撃】こむら返り(足がつる)原因&予防法!今すぐ確認、知ってよかった健康雑学!【雑学魂】』
 




大腸がんは早期発見が大事!大腸がんの可能性がある人に表れる症状と予防法とは!?



daichou.jpg




今回は「大腸がん」がテーマです。

 
大腸がんで亡くなる方が多くなっているそうす。男性よりも女性が多く、女性では大腸がんが第1位となっています。やはり女性の方が便秘になる方が多いからでしょうか。
 
 
ということで、今回は大腸がんの可能性がある人に表れる症状・大腸がんの予防法について解説されている『オホホch』さん動画をご紹介させていただきます。
 
 
 

 
【衝撃】大腸がんの可能性がある人に表れる症状がコチラ!どれかしらの症状が発症したら要注意!大腸がんの予防法とは・・・
 
 
 
日本人はがんで亡くなる人が4人に1人といわれている。そのうち、大腸がんで亡くなる人は、全体の第3位である。
 
 
とくに、女性では第1位となっており、大腸がんで亡くなる方が多くなっている。女性に多いわけは便秘になる方が女性に多いというのも一つの理由になる。腸内環境の悪化で大腸がんのリスクも上がる。
 
 
大腸がんは早期に発見できると100%治癒するといわれているが、どのようなメカニズムで起こるものなのか?
 
 
 
大腸がんとは
 
大腸の役割は、水分の吸収を行い、便を作ることである。大腸は、盲腸、結腸、直腸に分けられる。
 
 
大腸がんは、大腸の粘膜の細胞が何らかの原因でがん細胞となり、次第に大腸の壁に深く広がって進行していく病気である。
 
 
その進行は比較的ゆっくりだが、進行するにつれてリンパ節や肝臓などの別の臓器に移転していく。早期発見がとても重要。
 
 
 
 
大腸がんの初期症状
 
 
おならの回数が増えて、刺激臭、腐敗臭がする。腸内環境の良し悪しでお腹の調子も変わってしまう。
 
 
おならは腸のバロメーターである。刺激臭がある悪いおならはアンモニアや硫化水素が含まれていて、たんぱく質が主にウエルシュ菌等の悪玉菌によって分解されるから出る。
 
 
またおならの回数は食事の時に早食いの方は特に空気を一緒に飲み込んでいるからである。
 
 
飲み物では炭酸が入っているものをたくさん飲むとそれでもおならは増える。ストレスや消化の悪いものを食べたときなど、胃腸の調子がおかしくなる。
 
 
 
 
便通状態が良くない。(下痢気味)
 
 
下痢でお腹を壊した時には、腸が活発に動いているので、腹部を温めながら安静に休む。
 
 
食事は2〜3回ぐらいはおかゆや、うどん、スープなどのお腹にやさしいものを口に入れるようにしたほうが良い。
 
 
便に血液やドロッとしたものが含まれている状態が続いたり、便の色がいつもと比べて赤や黒、緑色など明らかに違う時は早めの受診が必要。
 
 
また、脱水症状を予防して、水分補給を忘れないように。
 
 
トイレに入っている時間が長くて、なかなか出れない。便が硬いので、出が悪くて時間がかかる。しかし、便秘が治るわけではない。排便時すっきりせず、残便感がある。便意があるのに出せないストレスで悩まされる。
 
 
時々下腹部がチクチクと痛む。大腸がんの初期症状として、時々お腹がチクチクするような痛みがしたり、何か変な違和感を感じることがある。
 
 
大腸内部でポリープが炎症を起こしていたり、がん化している時。よほど注意していないと、気がつかないと思うが、本人しかわからないいつもと違う感覚。
 
 
この初期の段階で発見することができれば、早期の治療で完全に治すことができる。
 
 
 
 
すぐに、身体が疲れてしまう
 
 
大腸がんの中でも、上行結腸に発症した場合は、腸の奥の方で出血していても気がつかない。しかし、出血が大腸内部で頻繁に起これば貧血状態になるので、非常に疲れやすくなる。
 
 
 
 
食欲がなくなる
 
 
お腹の違和感とか下痢が続いたりとかしているのが普通になってくると、徐々に食べる量も減少していく。
 
 
大腸がんの症状が少しづつ進行していくと排便が普通にできていたのも詰まってきたりして下痢や下血が生じてくるので食べたくなくなる。
 
 
さらに進行した大腸がんの症状には、次のようなものがある。
 
 
 
 
進行大腸がんの症状
 
 
腰痛
 
便が細くなる
 
腸閉塞
 
貧血
 
呼吸困難
 
食欲不振
 
体重の減少
 
嘔吐

 
大腸がんは症状が非常にでにくいがんで有名である。大腸がんは特徴的な症状に乏しく、早期の段階で本人が異常に気付くことが難しいケースが多い。
 
 
 
 
間違いやすい病気
 
 
痔(血便、下血)、虚血性大腸炎(下痢、腹痛)、過敏性腸症候群(下痢と便秘が繰り返す、便秘)、クローン病(腹痛、下痢、貧血、だるさなど)、大腸憩室症(発熱、血便、お腹の痛み)など。
 
 
 
 
大腸がんの原因
 
 
食生活の欧米化
 
日本では、米や野菜中心の食生活だったが、近年の食生活では急速に欧米化しており、肉や油などたんぱく質や脂肪分の多い食事に変化している。
 
 
たんぱく質やカロリーの高い食事を食事を摂ると、便が大腸にとどまる時間が長くなり、便に含まれる発がん性物質も長い時間とどまる。そのため、がんが発生しやすくなる。
 
 
 
たばこ
 
たばこは大腸だけでなく、肺や胃などの消化器系の臓器へ影響を与えやすいといわれている。
 
 
大腸にたばこの煙が直接ふれることはないが、発がん性物質を身体に取り込むため、吸わない人に比べると約7倍大腸がんになりやすいといわれている。
 
 
 
過度の飲酒
 
たくさんのお酒を摂取することは明らかなリスク要因としてわかっている。
 
 
欧米人に比べて日本人のほうがアルコールの影響を受けて、がんになりやすいと報告されており、男女ともに適度な飲酒にとどめることが必要。
 
 
日本国内では大腸がんの症状と死亡者が多く見られる県は沖縄県で、次に青森県、秋田県、山形県、岩手県と続いている。これはアルコール消費量が多いのが一番の原因と考えられる。
 
 
 
運動不足
 
運動が大腸がんのリスクを軽減することは、米国国立がん研究所から報告されている。
 
 
特にデスクワークの多い人が大腸がんになりやすいともいわれている。意識して身体を動かすことが有効である。
 
 
 
肥満
 
特に男性において肥満が関係するといわれている。BMI27以上で、大腸がんになる可能性の確実な上昇がみられると報告されている。
 
 
 
遺伝
 
大腸にポリープができやすい体質の人がおり、遺伝的要因のひとつとして考えられている。
 
 
 
 
大腸癌を予防するために
 
 
最も効果の高い確実なことは定期的に内視鏡をおこない、ポリープのうちに切除することである。
 
 
 
大腸癌をもっとも強力に予防する効果があるのは野菜
 
 
野菜の大腸癌予防の理由は二つあると考えられている。食物繊維と抗酸化作用のあるビタミン(色素)。
 
 
食事面での大腸がんの予防法としては、野菜類、豆類、果物、穀類、海草類、キノコ類、ビタミンC・Eは大腸がんの危険度を下げる効果があるといわれている。
 
 
 
アルコールや加工肉の摂取量を少なくするのと禁煙
 
 
大腸がんを予防するためには、アルコールや加工肉の摂取量を少なくする、禁煙、野菜不足にならないようバランスのとれた食事に注意して肥満にならないよう心がける。
 
 
 
運動・休養
 
 
運動は、大腸がん予防に非常に効果が高いことがわかっている。全身運動(水泳・ジョギング・ダンスなど)がおすすめ。
 
 
定期的に運動を行って運動不足を解消することやしっかりと休養をとることも大事。
 
 
 
コーヒー
 
 
米ハーバード大学の研究によれば、コーヒーを1日4杯以上飲んでいる大腸がん患者は、ほとんど飲まなかった患者に比べて、大腸がんを再発するリスクや死亡するリスクが低くなるという結果がある。
 
 
 
いかがでしたか?
 
大腸がんは、見つけるのが早ければ早いほど、完全に治る可能性が高くなります。また、家族に大腸がんになった人がいる場合や大腸ポリ−プがある人などは特に注意が必要です。
 
 
そして、自分の排便の状態を常にチェックしておくことも大切です。急に便秘の症状が現れていないか、血便はないかなど便の状態や排便習慣を小まめにチェックするようにしましょう。
 
 
定期的に健診を受けて自分の状態をチェックすることも大切です。大腸がんは早期に発見できれば予後はよいため、何か異常があればすぐに検査を受けることが大切です。
 
 

 
  
出典動画:オホホch
  
「【衝撃】大腸がんの可能性がある人に表れる症状がコチラ!どれかしらの症状が発症したら要注意!大腸がんの予防法とは・・・」
  

 
 
 
 
Copyright © 健康シェア広場 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます