健康 美容 ダイエット

毎日心と体が健康でハッピーでより良い人生を送るために役立つ情報を発信しています。

記事一覧

腎臓が損傷しても警告シグナルはほとんど出ない?手遅れにならない為にも知っておきたい腎臓を損傷する7つの習慣とは!?

健康関連
今回のテーマは腎臓です。  腎臓は、老廃物と余剰水分を濾過して、尿として排泄させる役割を果たす器官です。  その腎臓ですが、損傷しても警告のシグナルが殆どでな…

記事を読む

1日30回で下腹が引き締まる!!体のラインが変わる腹筋トレーニング!

健康関連
年を重ねるごとに、お腹回りが気になり出しますよね。何もしないとドンドンお腹が出てきて、だらしない体になっていきます。そんな体にはなりたくない!そこで、今回は下…

記事を読む

アボカドは白血病の原因であるガン幹細胞だけを攻撃する!?アボカドは森のバターどころではなかった!!

健康関連
身近な食べ物、アボカド!  私は週に3〜4回は食べています。サラダにして食べたり、お刺身のようにお醤油とわさびを付けて食べたりています。他にも食べ方はいろいろ…

記事を読む

腎臓が損傷しても警告シグナルはほとんど出ない?手遅れにならない為にも知っておきたい腎臓を損傷する7つの習慣とは!?



3670327b.jpg




今回のテーマは腎臓です。
 
 
腎臓は、老廃物と余剰水分を濾過して、尿として排泄させる役割を果たす器官です。
 
 
その腎臓ですが、損傷しても警告のシグナルが殆どでないそうで、放っておくと大変なことに、手遅れの事態になってしまうそうです。
 
 
そうならないためにも、日常の生活習慣が大変重要になります。
 
 
ということで、今回は腎臓を損傷する7つの習慣についてご紹介させていただきます。
 
 
 

 
腎臓を損傷する7つの習慣を避ける
 
 
私たちの腎臓は、食べたものをひとつひとつ残らず濾過する役割を果たしているため、過剰な負荷をかけないようにすることが重要です。
 
 
分別なく薬剤を使用することも、腎臓に非常に悪い影響をもたらします。
 
 
 
 
腎臓は、老廃物と余剰水分を濾過する重要な器官
 
 
腎臓は、老廃物と余剰水分を濾過し、それを尿を介して排泄させる役割がある重要な器官です。
 
 
これは、全身的に健康であるために腎臓が非常に重要であることを意味しているものの、多くの人が腎機能に悪い影響を及ぼす悪習慣を続けています。
 
 
腎機能が20%働いてさえいれば、比較的普通の生活を送ることができます。
 
 
腎臓が徐々に劣化していることに気づかないうちは、自分は十分健康であると考えることができてしまいます。
 
 
 
 
腎臓が損傷しても警告シグナルは、ほとんど出ない
 
 
多くの場合、腎臓が損傷しても、それを警告するようなシグナルはほとんど現れず、手遅れの事態になってはじめて発見されます。
 
 
ただ、幸いにも、健康的な生活習慣を継続し、いくつかの悪い習慣を避けるようにすれば、腎損傷のリスクを抑えることができます。
 
 
腎臓が健常であることは、全身が健康状態にあることを意味しています。
 
 
これが、専門家たちが腎臓に損傷をもたらす習慣を7つに絞り込むとともに、いっそう健康な生活を送るためにその習慣を避ける方法を見つけ出してきた理由です。
 
 
 
 
ソフトドリンクとソーダ類の摂取
 
 
日本の大阪大学による研究では、1日にソフトドリンクを2本以上飲むと腎臓病のリスクが高くなることがわかっています。
 
 
腎臓病とは、腎臓が障害を蒙り、正常に機能しなくなる疾患を言います。
 
 
この研究は、ソフトドリンクを大量に飲んだ12000人を対象としたものであり、対象者らの間では、尿中にある種の蛋白が存在するいわゆる蛋白尿である割合の高いことが明らかにされました。
 
 
蛋白尿とは、尿中に蛋白が過剰に存在する状態のことを指します。
 
 
蛋白尿は、腎臓が損傷していることを示す初期症状ですが、この段階ではまだ回復が可能です。
 
 
このほか、ソーダ類やソフトドリンクには、腎臓結石が生じるリスクが高くなることと関係のあることがわかっています。
 
 
腎臓結石とは、腎臓内に生じる結石のことを言い原因としては、食事や気候などの環境、腎や尿路の異常などが挙げられます。
 
 
男性の方が罹患率が高くなっています。
 
 
この習慣はどのように避ければよいのでしょうか。
 
 
缶ソーダを避け、ソーダファウンテンを使わないようにし、飲料水はもちろんのこと、もっと新鮮なジュースや野菜ジュースを飲むよう心がけましょう。
 
 
 
 
ナトリウムの過剰摂取
 
 
腎臓が果たす多数の役割のうちのひとつが、食べ物と一緒に摂取したナトリウムを代謝することです。
 
 
食事に含まれている食塩はナトリウムの主な発生源であり、本来そのほとんどが排出されるのが理想的です。
 
 
ナトリウムを過剰に摂取すると、腎臓の負担が2倍になり、これが長期的に健康に影響をもたらすのです。
 
 
この習慣はどのように避ければよいのでしょうか。
 
 
食塩は、食料品店で購入する製品であれば実際どの製品にも含まれている材料ですので、摂取量をできるだけ抑えるように購入するとよいでしょう。
 
 
ご自身で調理するときは、食塩を加える代わりに、オレガノ、コリアンダー、ターメリック、コショウや生姜などのスパイス類を使用しましょう。
 
 
 
 
カフェインの摂取
 
 
適度にコーヒーを摂取するのであれば、健康面にリスクを惹き起こすことはありませんが、実は飲み過ぎると腎損傷を招くことがあります。
 
 
カフェインが血圧を上げ、これが腎臓に大きな圧力をかけることになります。
 
 
この習慣はどのように避ければよいのでしょうか。
 
 
コーヒーや紅茶などのカフェイン入りの飲み物は適量を飲み、市販のエネルギー飲料を避けるということを覚えておくだけでよいでしょう。
 
 
エネルギーを高めるためには、むしろ、エネルギー源が詰まったスムージーや果物を数種類取り入れるようにしましょう。
 
 
 
 
鎮痛薬の乱用
 
 
多数の鎮痛薬が市販されているという事実があるために、ほとんどの人が痛みの管理には鎮痛薬が最適の選択であると考えています。
 
 
日本では、バイエルアスピリン、バファリン、エキセドリンA錠をはじめ、さまざまな鎮痛薬が販売されています。
 
 
しかし、残念ながら、鎮痛薬の過剰な使用が腎損傷などの深刻な副作用を招くことが明らかになってきました。
 
 
この習慣はどのように避ければよいのでしょうか。
 
 
主治医に、痛みを管理する代替の治療法がないか尋ねましょう。
 
 
ほかにも、鎮痛効果のある自然療法をいくつか選択することもできます。
 
 
なお、自然療法とは、薬を使わず、水、熱、マッサージなどにより治療する方法のことを言います。
 
 
 
 
蛋白質の多い食べ物
 
 
蛋白質は、妥当な量であるかぎり、身体がしかるべく機能するのに欠かせないものです。
 
 
しかし、赤身の肉や魚、卵、多量に摂取すれば腎臓を本来よりも働かせることになります。
 
 
もちろん、蛋白質に富む食べ物が食事のバランスを取るために役割を果たすものではあるものの、それは適度に摂取した場合に限られます。
 
 
このほか、この代替えとして、植物性蛋白質を選ぶことが可能であり、動物性よりも消化されやすく、健康的であることに変わりありません。
 
 
 
 
過剰な飲酒
 
 
アルコールの過剰摂取は、短時間のうちに腎損傷を惹き起こす可能性のある悪い習慣です。
 
 
アルコールには、腎臓にも肝臓にも非常に悪い影響をおよぼす毒素と化学物質が含まれています。
 
 
この習慣はどのように避ければよいのでしょうか。
 
 
アルコールを飲んでいる時に注意を怠らないようにし、暴飲を避けるようにしましょう。アルコールをもう1杯注文するのではなく、ソーダ水、ジュースや紅茶などを注文しましょう。
 
 
 
 
尿意を我慢する
 
 
尿意からトイレに行く必要があるときには、できるだけ早く用を足すことが重要です。
 
 
尿意を我慢していると、長期的には腎不全や失禁を招くこともあるため、得策ではありません。
 
 

 
 
 
 

1日30回で下腹が引き締まる!!体のラインが変わる腹筋トレーニング!



maxresdefault.jpg




年を重ねるごとに、お腹回りが気になり出しますよね。


何もしないとドンドンお腹が出てきて、だらしない体になっていきます。そんな体にはなりたくない!


そこで、今回は下腹を引き締める女性向けの腹筋トレーニングについて実践されている『ダイエット専門トレーニング』さんの動画をご紹介します。


お腹回りが気になる方は、ぜひ試してみてください。





1日30回で体を引き締める腹筋シリーズ



下腹の引き締め


お腹の前の筋肉、特に下腹を中心に引き締めていきます。呼吸も一緒にしっかりすることで、お腹の全体の引き締めにも役立ちますので呼吸もしっかりしていきましょう。(鼻から吸って口からしっかり細く履いて呼吸します。)



@膝の後ろに手を添えてゆっくりと仰向けになります。


A両手を体の横に置きます。


B両足を90度くらいに曲げて足首をクロスします。


Cここからお尻を持ち上げて行きますけども、足の反動を使わないようにお腹の筋肉を使ってお尻を持ち上げます。


D口から息を強く吐き、インナーマッスルを使いながらお腹の力でお尻を持ち上げます。


E手でマットを押さないようにお腹を意識して使い続けます。


F強度を上げたい人は肩甲骨の下の部分までカラダを持ち上げます。



動作は常にゆっくりと行います。


続けることで、お腹の特に下の部分の引き締めに役立ちます。





出典動画:ダイエット専門トレーニング

「1日30回でカラダが変わる!下腹を引き締める女性向け腹筋トレーニング」






アボカドは白血病の原因であるガン幹細胞だけを攻撃する!?アボカドは森のバターどころではなかった!!



20151126151437.jpg




身近な食べ物、アボカド!
 
 
私は週に3〜4回は食べています。サラダにして食べたり、お刺身のようにお醤油とわさびを付けて食べたりています。他にも食べ方はいろいろあると思いますが、本当にアボガドは何にでも合い、美味しいです。
 
 
そんなアボカドが「がん幹細胞」だけを攻撃することがわかったというのです。これは驚くべき話です。
 
 
ということで、今回はアボカドに含まれている驚くべき成分について、ご紹介させていただきます。
 
 
 

 
「森のバター」どころじゃない!
 
 
 
アボカドから白血病の新薬が誕生か!?
 
 
“森のバター”と呼ばれ脂肪分やビタミンEなど豊富な栄養価を含む果実アボカド。
 
 
独特のクリーミーな味わいにはファンも多く、マグロと和えたり、ディップにしたり、あるいはサラダに加えたりと家庭の食卓でもさまざまな用途で活躍してくれる食材。
 
 
 
 
身近な食べ物から驚くべき治療法を発見!
 
 
身近な食べ物から驚くべき治療法が発見された。
 
 
アボカドに含まれる脂質が、白血病の原因と考えられている「がん幹細胞」だけを攻撃することがわかった。
 
 
平均余命をのばし、生活の質を向上させる可能性があるとして、臨床試験が始まっている。
 
 
 
 
アボカドに含まれている成分に驚くべき効果あり
 
 
このほど発表された新たな研究では、アボカドに含まれている成分に驚くべき効果があることが発表され、注目を集めている。
 
 
カナダ・ウォータールー大学のポール・ スパーニューオロ教授によると、アボカドの脂質が急性骨髄性白血病の発症・再発の原因とされる『がん幹細胞』と戦うことが分かったという。
 
 
 
 
白血病の原因と考えられる『がん幹細胞』だけを攻撃
 
 
治療が難しく、65歳以上の高齢の患者さんにとって高い確率で致命的な病気となってしまう急性骨髄性白血病。
 
 
スパーニューオロ教授によると、がん幹細胞はこの病気を進行させ、多くの人が白血病を再発する原因だという。
 
 
 
 
アボカドから得た新薬は正常な細胞には害をなさない
 
 
抗がん剤の治療の効果があっても、この幹細胞が残っていると再びがん細胞をつくり出してしまうというわけだ。
 
 
がん幹細胞をターゲットにした薬は、現在までにほとんど見つかっておらず、治療法の開発やメカニズムの研究が世界中で進められている。
 
 
研究チームは、アボカドから得た新薬が分子レベルでどのように働くかを測定するために数多くのラウンドにわたるテストを実施。
 
 
すると、がん幹細胞を選択的に目標にし、正常な細胞には害をなさないことを確認したということだ。
 
 
 
 
すでに臨床試験がスタート
 
 
今回の研究は、がんなど腫瘍に関する医学専門誌『Cancer Research』誌に掲載。
 
 
あわせて、再生医療の商業化を促進、援助する組織 Centre for Commercialization of Regenerative Medicine(CCRM)とのパートナーショップの下、”avocatin B"と名付けられた化合物の特許が出願されている。
 
 
スパーニューオロ教授はすでに臨床試験の”phase I"、すなわち健康なボランティアに対する投与量決定試験を開始。
 
 
治療現場での使用する承認を得るにはまだ時間がかかるようだが、薬を待ちわびている患者さんに届けるための最初のステップは踏み出されているのだ。
 
 
 
 
アボカド由来の成分『avocatin B』が白血病治療に効果
 
 
カナダのウォータールー大学、ポール・ スパーニューオロ教授が、大学HP内とジャーナル『Cancer Research』でアボカド由来の成分が白血病治療に有効だと発表した。
 
 
リッチでクリーミー、栄養価が高く、森のバターとして女性に人気のアボカドが癌との戦いで有効な成分を持っていることが分かった。
 
 
白血病幹細胞、疾患の経路を標的とする事により急性骨髄性白血病(AML)と戦う成分をアボカド中の脂質で発見した。
 
 
世界的に白血病幹細胞を標的とした利用可能な薬物治療法はいくつかある。
 
 
AMLは破壊的な疾患であり、65歳以上の高齢者では5年以内の致死率は90%となっているが、スパーニューオロ教授が見つけた成分由来の薬剤で、平均寿命や生活の質を向上させる事が出来たそうだ。
 
 
 
 
再発を予防する可能性
 
 
彼が特定した成分は『Avocatin B』と呼ばれ、白血病幹細胞を正確に標的にし、細胞に対し末梢性損傷を引き起こす事が無い。
 
 
スパーニューオロ教授は「白血病幹細胞は病気発症の主な原因で、白血病患者が再発する原因です。我々は、この新薬がどの様に分子レベルで働くかについて決定する為に、テストを多く行って、それが選択的に幹細胞を目標とすることを確認した。そして、健康な細胞は無傷のままだった。」と述べた。
 
 

 
 
 
 
Copyright © 健康シェア広場 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます